通勤電車でOLの脚を見てたら我慢できなくなって
画像はイメージです
4月中旬の朝の駅のホーム。
寝ぼけまなこでホームを見渡すと、薄い黒パンストと黒のタイトスカート穿いた通勤OLがいっぱい。
中にはパンティラインがわかるくらいピチピチのスカートを穿いたOLや、ハイヒールのつま先から、パンストのつま先サポート部の少し濃くなった部分が露出。
俺はそれを見た途端、妄想が湧き、ズボンの前が膨らみ始めたので急いでカバンで隠した。

もうこうなったら会社になんか行けない。

行きつけのイメクラへ行き先変更。
イメクラの最寄りの駅でお金をおろし、いざお店へ。

店に着くと、馴染みの店員が応対。
お気に入りの嬢も、ちょうど来たところだとか。
すぐに指名し、80分コース2.8Kを支払い、オプションの黒パンストとパンティを追加。
待ち番号札とコスチュームアルバムを渡され、待合室へ。

俺は迷わずOL制服を選択。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

アンケート用紙に書き込み、店員を呼ぶ。
待ってる間、爪を切ったり漫画を読んだり。
10分くらい経った頃、店員が来て部屋まで案内。

部屋に入り早速シャワーを浴び、歯ブラシとイソジンでうがい。
洗い終わると、ベッドの脇に置いてあるバスタオルで、身体を拭いて腰に巻いた。

さぁ、準備は整った。

俺は呼び鈴を押し、嬢を待った。

コンコンとノック音がし、ドアが開くとそこにはピチピチの制服を着た嬢が。
黒いタイトスカートに、薄い黒パンストと、黒のハイヒール。
上は、黒のベストに白のブラウス姿。

嬢を部屋の中に入れ、まずは軽くトーク。
もう何回も指名し、遊んでいるので俺のフェチを理解している。
駅のホームで立って電車を待ってるOLを犯したい旨を説明し、嬢も理解してくれて、遊び開始。

まずは前から抱き締め、ディープキスから。
そして俺はそのまましゃがみこみ、ヒールのつま先から少し見えているつま先サポート部の三日月にキス。
土下座状態で足の甲から足首、ふくらはぎと徐々に上へと舐めたりキスしたり、唇でパンストを摘んだり。
膝まできたところで立ち上がり、後ろに回り抱きつきペニスを尻に押し付ける。

ベストのボタンを外し、ブラウスだけに。
ブラウスのボタンを半分くらい外し、ブラジャーの上から乳房を揉む。
スカートを捲り上げ、脚の間にペニスを差し込み、立ちバックの状態でパンストの上から膣口に亀頭を突き上げる。

次は前にまわり、ブラジャーのカップの上から吸う。
ペニスは、嬢のへその下あたりに押し付けながら、我慢汁を付ける。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

今度は、太股のパンストの切返しの部分をナメナメチュパチュパ。
そして、センターシームに沿って舐め舐め。
恥骨の下腹から性器へのカーブの部分を口いっぱいに頬張る。
下の歯が、ちょうどクリトリスの部分を刺激する。

俺はふと、電車の中で対面に座っていたリクスーOLの脚が開き、もう少しでスカートの中のセンターシームが見えそうだったのを思い出し、嬢をベッドに座らせ、少し脚を開かせた。
俺は我慢出来なくなり、スカートの中に頭を突っ込み、センターシームを舐めあげる。
嬢はそのままM字開脚をし、舐めやすくしてくれた。
センターシームや切返しの部分を舐めて噛んで、ハグしたりした。

俺はまた嬢を立たせ、ブラジャーのカップを下げて乳房を出し、ブラウスを元に戻し、ブラウスの上から乳首を吸った。
チュパチュパ吸いながら、ペニスを脚の間に入れ、膣口付近を突き上げた。
そして嬢に、パンストの片方の脚だけ脱いでもらい、ベッドに寝てもらった。

正常位の体位で、パンティの上から亀頭を膣口に押し付ける。
乳首を吸いながらズンズン中へと押し込む。
しばらく突いた後、体を起こし亀頭に目をやると、パンティごと膣内に埋まっている。
俺は興奮し、脚を抱え、片脚に穿いているパンストの感触を肌で堪能しながらペニスを突き刺す。

もう我慢出来なくなり、嬢に交渉開始。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

5KでOKとのこと。
そしてピルを飲んでいるから中に出してOKとのこと。
交渉成立。

パンティの股布をずらし、さっきまでパンティごとペニスが入った膣内に生挿入。
奥へ奥へとピストン挿入した。

亀頭のカリ首の後ろ部分が膣壁に擦れ、すごく気持ちいい。

すると膣全体がペニスを締め付け、絞りあげてくる。
背中に電気が走り、射精感が襲う。
限界が近づき、膣奥深くに差し込んだところで射精。
それと同時に膣がキュッと締め付け、尿道に残った精子一匹たりとも残さず、膣内に送り込もうとした。
繋がったまま、そんな状態が5分くらい続いた。
再びペニスが硬くなり、そして射精した。

ペニスをゆっくり抜き、膣口から精子が漏れ出す前に、股布を元に戻した。
しばらくすると精子が染み出てきた。
それを見たらまた勃起し、またパンティごとペニスを突っ込んだ。
グイグイ押し込み、そして射精した。
ペニスを抜くとパンティが膣から精子ごと押し出されてきた。

俺は、心身ともすっきりし、店を後にした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 通勤電車でOLの脚を見てたら我慢できなくなって

親族の前で全裸
画像はイメージです
中学2年生のときの話。



私の家はお正月はいつも祖父・祖母の家で親族一同集まって宴会をするのが決まり。



その年も当然の様に集まりました。



自分の両親はもちろん両親の兄弟も集まるので親戚の数としては結構な数です。



私は子供の中では一番お姉さんだったのでいとこの遊び相手でクタクタになってました。



私は中2だったのですが、背は150cmなく胸もAカップだったので小学生高学年の子の方がお兄ちゃんに見えるくらい。



さすがに朝から夕方までの相手は大変でした。



夕方から宴会がはじまり、ある程度落ち着くと子供はお風呂に。

当然小さい子と一緒に入ります。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


もう、お風呂で騒ぐ騒ぐ。



小さい子3人と4人で入ったのですが体や頭を洗うのはもちろん、一人一人しっかりつからせるだけでも大変。



朝からの疲れや、結果1時間以上もお風呂に入ってた事もあり完全にのぼせてしまった私。



あれっと目の前が真っ暗になった途端訳が分からなくなりました。



ふっと気が付いて目を開けると私は居間で寝ていて、親族が周りを囲むようにして



声をかけてくれたり、うちわで扇いでくれたりしてくれてました。



のぼせて倒れてた事を聞かされて



もう大丈夫だよと、体を起こそうと思ったとき気づきました。



何と私は素っ裸。



下にタオルがひかれてるのですがその周りを親族が囲んでる状態です。



親族の男の人達も全員、私を見ながら大丈夫?など声をかけてました。



確かに私の体はまだ幼いですが、もう中2ですから羞恥心もあります。



私は一瞬えっ!っと思いましたが、恥ずかしがったらもっと恥ずかしい事になると思い特に気にしてないそぶりをして、「ありがとう、もう大丈夫だから着替えてくるね!」と作り笑いをしてその場を後にしました。



恥ずかしさで少し足がふるえてました。



気が付いてから2〜3分くらいだったと思いますが、気を失ってた時間いったいどれだけ裸を見られたのか。



親族の男性陣が女として見てなかった事を願います。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 親族の前で全裸

プール後の彼女の密かな楽しみ
画像はイメージです
僕がまだ高校生で童貞だった頃の話。

そこそこ可愛くてそれなりに人気あったおとなしめの女の子がいて、プールの授業の後は必ず教壇の段になっている所に腰掛けて、友人と休憩時間中ずっとしゃべっていた。
それだけなら別段何ともない事なんだけど、ある時ぼーっとしつつ、そんな彼女の方を何気なく見ていると、時折立膝気味に座った足をゆっくり開いたり閉じたりしてるのに気付いた。

「お、ラッキー、パンツ見えるかも」などと思いつつも周囲に気付かれない様に薄暗いスカートの奥にそっと目をやった。
「おお黒かよ、大人しいフリして過激だなあ」と思ったのもつかの間、黒のパンツにしてはなんだか色が変な気がして、バレるのを恐れながらもちょっとじっくり観察したらノーパンだった。

しかし僕の他にはその事に気付いた者はいないらしく、僕も誰かに教える気にはならなかった。

それからというもの、いけない事とは思いながらも性欲には勝てずプールの授業が終わるたびにドキドキしつつ彼女のそれを覗き見たが、足を開いたり閉じたりするのはパンツをはいていない時だけらしかった。
そして僕は、それをネタに何度も何度も彼女をゆすって性交を強要するという行為を繰り返す妄想に取り付かれたが、そんな事を現実に実行するほど愚かでもなければ、勇気もなかった。

ある日、プールの授業が終わった後の休憩時間にいつものように彼女のそれを気付かれないように覗いていたら、不運にも彼女がこっちを向いた。
そして彼女と目が合った時、僕は覗き見を楽しんでいた事を激しく後悔したが、彼女は僕を見つめてにやっと笑い、いつもより少し大きめに足を開いてみせた。
今ならそういう女と出会ったらとりあえず誘ってやっちゃうけど、当時はそれで女が怖くなってそんな事出来なかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


勿体無い事をした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか プール後の彼女の密かな楽しみ

女性二人をセミダブルのベッドに寝かせ
画像はイメージです
昔あった女性2人との経験。
とあるクラブでAとBとエロ話で盛り上がった。

Aはクラブのママ。
Bは美容関係のお仕事。
AとBは幼馴染らしい。

Bがローションを使った手コキに自信があるということで、後日自宅で試してみるという話に。
服は脱がないよ~って約束で。
さすがに女性二人の前で脱ぐのは恥ずかしい(笑)けど、こうゆう経験はしておかないと!って主義なので、とりあえず脱ぐ。


メチャデカいってほどじゃなく、ほどほどに大きい自分のモノもさすがに萎縮ぎみ。

みんな照れながら、Bの手コキがスタート。
Aもガン見している。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


両手とモノがローションだらけになり、普通に触るだけでも勃起するくらいの感触・・。
自信があるだけあって、片手で優しくシゴきながら、カリをこねくりまわす。
ときには玉を触ったり、両手でシゴいてみたり、ローション以外の汁も溢れ出てくる。

「俺も触ってもいい??」とBに聞いてみると、「ダメって約束でしょ」という返答だったが、まんざらでもない様子。

そっと胸に手をあてると、声が漏れだす。
やっぱり興奮するんだなって。
抵抗のないまま、下半身にも手を伸ばす。

「ダメだって」

幼馴染の前ということもあってか、拒否するものの嫌がっていないのがよくわかる。
スカートの下から手を入れてみると、下着の上からでもビショビショになっているのがわかる。

「Bも脱いでみない?」

手がローションだらけなので、優しく脱がしてあげる。
その間も俺の下半身を触り続ける。
スレンダーなBの小ぶりな胸も可愛い。

乳首を舐めてみると、かなり敏感になっているのがよくわかる。
俺もローションを手にとり、対面座位の体勢でお互いの下半身を触れあう。

声を殺そうとしているBのあえぎ声が漏れはじめる。
そこでAを見てみると、顔が紅潮している。


「Aも脱ぎなよ。一人だけズルいよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「そうだよ」と同調するB。

やはり女性は強い。
笑Aが下着姿になると、ライドグリーンの下着が濡れて変色している。
Aの下半身に触ると、すぐにスイッチが入りあえぎ声が漏れ出す。

Bと対面座位の形で、Aの下半身を攻めたてる。

部屋じゅうにピチャピチャした音が響き渡る。
とんでもなくエロの雰囲気。
どちらともなく気づけばBにフェラされているし、Aはしなだりかかってくるし。

Bはねっとりとして舌をまとわりつかせてくるようで、ローションもあって最高に気持ちいいが、さすがにこの状態でフィニッシュしては申し訳ない。

手を綺麗にして、女性二人をセミダブルのベッドに寝かせ、まずはBに挿入。
いつからか、お互いのことを気にしないで喘いでいるAとB。
Bに挿入しながら、Aの下半身を優しく触る。

不思議とAとBが手を繋いでいるのが、印象的。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「Bのおっぱいを触ってあげなよ」

素直にBのおっぱいを女性ならではのやさしい触りかたで責めだす。
Bの声がさらに大きくなり、絶頂を迎える。
あまりイカないって言ってたのに。

戦線離脱したBか抜き、Aに挿入。
すでにアソコはグチョグチョ。
Aを上に乗せると、激しく前後に腰をふり、Aも絶叫に近い声を出している。

正常位に戻してAも絶頂に導き、俺も我慢できずに発射。
Bのお腹にかけちゃいました。
そのあと、3人で感想を。

まさか幼馴染同士でこんなことになると思ってなかったらしい。
そりゃそうでしょ。
笑俺のモノが中で気持ちいい部分にあたるらしい。

モノは長めで、太いらしい。
H自体は、触り方がやさしいなど、他の男のHを知らない俺からすると面白い情報を色々と教えてくれた。

ちょっとゆっくりしてから一緒に帰りました。
女性が開放すると、とんでもないことになるんだなと。
そして、襲われる3Pとは違う3Pの異常な体力の消費に驚く。

しかし、明るいエッチも良いもんだと。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 女性二人をセミダブルのベッドに寝かせ

ワンピースはするりと足元に落ちた
画像はイメージです
「総理、ここのお料理は本当においしいんですね!」

丸い目を一層丸くして、恵は並べられた懐石料理に舌鼓を打っている。
もう別れてしまったが、IT長者との結婚生活で、贅沢はたくさん味わってきた。
その恵でも、こんなに美味しい料理を食べる機会はほとんどなかった。
いや、食べていたのかもしれないが、ほとんど家で一人で味わう高価なだけの料理が、味気ない毎日と同じで無駄なものだったのだろう。

「恵さん、箸が進むね。ほら、日本酒もどんどん飲んでくれよ」


目の前には、一国の宰相がいる。
顔を少し赤らめながら、徳利を傾けてくる。

「恵さんにはいつも息子が世話になっているみたいだし、今日は楽しんでくれよ」

恵は恐縮していた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「そんな・・・私の方がお世話になりっぱなしで。総理もお酒を・・・」

「いや、私はいいんだよ。この後も囲みがあるからね、油断はできないんだ」

どうしよう、私ばっかりこんなに飲んで・・・恵はいつものペースで飲んでしまったことに、少しだけ後悔の念が浮かんだ。

それにしても、この人の物腰の柔らかさといい笑顔といい、とても総理に思えない。
恵は飲みすぎたせいかぼんやりと焦点が定まらないまま、目の前の紳士を眺めていた。

「ちょっと飲ませすぎたかな・・・普段そんなに飲まないのかな?」

総理はばつが悪そうに、ボリュームのある白髪に手をやった。

「いえ、でもいつもはビールばっかりなので。やっぱり日本酒は酔いますね」

恵は少し潤んだ瞳で、にっこり微笑んだ。
総理はそんな恵に、未だ消えていない男の炎がちろちろと燻るのを感じていた。

「楽にしていいよ」

そう声をかけると、遠慮がちだった恵が横を向き、足を伸ばした。
黒いワンピースの裾から、白いひざが頭をのぞかせている。
綺麗な足だな、と総理は思った。

総理は立ち上がると、恵の目の前に歩み寄り、しゃがみこんだ。
恵は急なことでどきどきする胸を押さえて、はにかんだ。

「どうされたんですか?総理」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そう笑顔で訊ねる恵に、総理はそっと顔を寄せ、愛くるしい唇にキスをした。
ゆっくり、吸い付くようなキスだった。
恵はその紳士的なキスを全身で感じながら、薄目を開けて総理を見ていた。
まるで渋い映画俳優のような雰囲気だった。
恵は、伸ばした白い足をよじらせている。
股間がうずき、濡れているのが分かった。
離れがたいような名残惜しさを感じさせ、ゆっくりと総理はキスを止めた。

「突然のことで驚かれたかな?」

総理は白い髪に手をやり、恥ずかしそうに微笑んだ。
いや、驚いたのはその総理の紳士的で素敵な態度に対してだ、と恵はぼんやり考えていた。
事務所の社長に今日の会食をセッティングされたときには、正直気分が落ち込んでいた。
芸能界に入ってから、大物政治家やプロデューサーと関係を持ったことも、なくはない。
これも自分の処世術だと割り切ってきた。
だが、それに嫌気がさして、結婚という決断をした。
それでも仕事から遠ざかり、平凡すぎる毎日を過ごす自分に違和感を感じたりもした。

夫となった男に、仕事復帰をしたいと強く言ったのも、自分を取り戻すためだった。
彼は、恵の仕事の表も裏も知っていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

それでも構わない、と結婚したのだ。
ただ、結婚後に枕営業のようなことだけは絶対して欲しくない、と泣いて懇願されたのだ。
恵もその彼の気持ちは痛いほどよく分かっていた。
だがその女の幸せをすべて実現した結婚生活に、自分は幸せを見出せなかった。
ただそれだけだった。

恵は誰もがうらやむ結婚生活を捨て、この芸能界に戻ってきたのだ。
そのとき事務所の社長には、どんな裏の仕事でも受けてもらうと言い渡されていた。
それが突然、このような形で総理との会食で命じられた。
国を動かす政治家の相手をしたこともあったが、今回はわけが違う。
どんな身勝手なことも受けざるを得ないと覚悟してきた恵は、正直戸惑っていた。
これだけ恵のペースを重んじてくれ、紳士的に接してくれるなどとは思っていなかった。
この人にだったら、もっと私を感じて欲しい・・・。
恵は短いこの会食の場で、総理に最高の癒しの時間をあげたい、そう思うようになっていた。

「総理、そこに立っていただけますか?」

潤んだ瞳をした恵は、総理にそう言うと、座り直した。
正座した恵の前に、仁王立ちした総理はちょっと恥ずかしそうにしていた。
恵は構わず総理のズボンのファスナーに手をかけ、ゆっくりとおろした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「恵さん、無理はしなくていいからね。今日、私は充分楽しんだのだから」

総理は申し訳なさそうにしながらも、恵の手が自分のものを取り出すのを止めなかった。
ファスナーの間からぽろんと出されたそれは、完全に固くはなっていなかった。
手を添えないと下を向いてしまう、若い男よりたくましく長いものを、恵は咥えた。

咥えた瞬間、その先の丸い部分にぐいっと血が通うのを、恵は口の中で実感した。
口の中でじわじわと大きく固くなっていく総理を、可愛いな、と恵は思った。
大きな瞳で見上げると、総理は優しい視線で見下ろしていた。

「気持ちいいよ、あたたかいね」

総理は恵の髪を優しくなでながら、そう言った。
恵はゆっくりと顔を前後に動かしながら、総理の竿を刺激している。
既にその口の中のものは、大きくなっていた。
まるで天を指差すような、その年齢からは想像できないような立派な勃起だった。

「恵さん、服を脱いでもらえるかな?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

総理は興奮した下半身とは裏腹に、いつも通りの雰囲気で恵に声をかけた。
恵は咥えたまま頷くと、黒いワンピースの前のボタンを外していった。
全てのボタンを外したその手で、まだ咥えたままの格好でするりと脱いだ。
白くて小さな肩が露わになり、薄いピンク色のブラジャー姿になった。

総理はそれを眺め、満足そうに軽く頷いた。
好感が持てる下着だ・・・総理は心の中で評価した。
恵はまだ咥えたまま、総理を見つめ、そのブラジャーも自らの手で外した。

小ぶりな乳房が、はらりと落ちたブラジャーからこぼれた。
恵の柔肌の、いちばんきめの細かい、すべすべとした部分を目にして、総理はたまらず手を伸ばした。
恵のつんと立った乳首に、総理の少しごつごつした手の、指先が触れた。
触れた瞬間、恵の吐息が総理の股間にかかり、総理はさらに気持ちを昂ぶらせた。
総理はずっと咥えてくれている恵の頭を優しく左手で撫でながら、右手を強引に伸ばして乳房の重みを確かめるように、たぷたぷと手のひらで弄んだ。

頬を紅潮させた恵は、舌先をちろちろと動かしながら、総理の長いものを何度も往復した。
総理はそんな献身的な恵を、もっと味わいたいと強く思った。

「恵さん、今度は私の番だ。立ってくれるかな?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「はい・・・」

唇をとがらせて、総理の固くなったものの先にちゅっとキスをしてから、恵は立ち上がった。
立った瞬間、その黒いワンピースはするりと足元に落ちた。
小さなピンクのパンティを、恵は命じられる前に素早く脱いだ。
ほっそりした、それでいて美しい曲線を持った恵の裸体が、柔らかい照明に照らされている。
総理はその全裸の美しさに感動しながら、恵の腰にゆっくり手を回した。

裸の恵を抱き締める総理のその手は、優しく、力強かった。
恵もその優しい紳士に包まれる快感に身を委ねるように、抱きついていた。
しばらくそのまま抱き合っていたが、総理がそっと体を離した。

「それじゃあ、このテーブルに腰掛けてみてくれ」

ちょっと照れくさそうに言う総理の言いなりに、恵は高価なテーブルに座った。
恥ずかしそうに足を閉じている恵の太ももを、総理の両手がこじあけた。
黒い茂みから女性のえもいわれぬ香りが漂ってくる。

ファスナーからいちもつを出したままの格好で、総理は恵の股間に顔をうずめた。
いきなりとがらせた舌先で、恵のクリトリスは直撃を受けた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

びくんと上半身をそらすように、恵は素直に反応していた。
先ほどからの紳士的な態度とは正反対の、まるで若い男が初めて女体を目の前にしたかのように、総理は鼻息を荒くし、恵の股間を舐め回した。
恵は自分の股の間で興奮している少年のような男の白髪を、可愛いな、と思いながら撫でた。
総理はひとしきりクンニリングスをすると、満足したように顔を上げて微笑んだ。

テーブルの上で股を大きく開いたままの恵の前に立ち上がり、総理はズボンを自ら下げた。
先ほどから少しも衰えることのない勃起を、誇らしげに掲げ、総理は一歩前に歩み寄った。
恵はそれを再び咥え、唾液でたっぷりと潤した。

総理は恵の口をはずさせると、白い肩をゆっくり押してテーブルに横たえた。
白い太ももに割って入るように、体を重ねた。
恵は総理の大きなものがゆっくり押し付けられた瞬間、体を硬直させた。
その緊張を解きほぐすように、総理は優しくキスをした。

恵はそのキスで完全に身を委ね、下半身でもその力強いものを受け入れた。
総理は本当に若々しく、颯爽と腰を振り、恵の中でさらに大きさを増していくようだった。
恵はとろけそうな感覚に陥りながら、総理の固いものを下腹部で感じていた。
こんなに大きくて、力強くて、熱い男を味わったのは何年ぶりだろう・・・。

かつて通り過ぎていった男たちの性器を思い浮かべながら、今自分の中にあるものを感じた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

今までのどれよりも、素晴らしいこの感触は、やはり国を治める者の真の実力なのだろうか。
そんな考えをめぐらせながら、意識が遠のくような快感が押し寄せてきた。

「あ・・・イク・・・」

恵はそう呟くと、急激に強く押し込まれた総理の意図的な挿入に、一瞬で絶頂に達した。
膣の痙攣がしばらく続き、総理はそれを楽しむように、ぐいっと一番奥まで挿したまま、ぴったりと体を密着させている。
固く目を閉じた恵を見つめながら、総理は満足そうな表情を浮かべた。

「恵さん、嬉しいよ。それじゃあ私もいかせてもらうよ」

肩で息をしながら、とろけるような表情で見つめる恵の体の中で、総理は動きを早めた。

「さあいくぞ!いくぞ!恵さんの中でいくぞ!」

総理は語気を強めながら、ピストンの速度も上げていった。
恵は先ほど感じた絶頂以上の、はっきりとした快感を、自分自身驚きながらも楽しんでいた。
もっと、もっと・・・恵は総理の首に手を回し、しっかり見つめながらもう一度達した。
その膣の痙攣を感じながら、総理は恵の膣の深いところで一気に放出した。
まるで別の生き物のような脈動を、恵は体の奥深くで感じていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

精液が流れ込み、さらにそれを押し出すようにびくんびくんと押し出す動きを感じながら、恵は膣をぎゅうっと締め付け、総理をもっと味わうように刺激した。

膣の圧力に応えるようにしばらく動いていた総理も、ようやく動きを止めた。
息が上がってしまった総理は、薄っすらと汗ばんだ顔を近づけ、繋がったままキスをした。
ゆっくり体を持ち上げ、総理は恵からものを抜き取った。
精液と、恵の中の液体でぬめぬめと光る竿を、恵はしっかりと見つめていた。
総理はばつが悪そうな苦笑いをしながら、それを拭くものを探すように部屋を見回した。
恵はそれに気付くと、体を起こし、総理を再び咥え込んだ。
ゆっくり、搾り取るように動かしながら、根元から先まで舐め取った。

行為が終わった後、照れくささでお互い顔を見合わせて笑った。
そして服を着ると、まるで計ったように秘書がふすまを開け、総理に声をかけた。

「そろそろお時間ですので、記者たちも帰れないとのことですのでお願いいたします」

総理はそうかと言いながら、まだ頬を染めた恵の前に立った。

「今日はどうもありがとう。服装を見てくれるかな?」

恵は、その変わり身の早さに少し呆れていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

やはりこの人は普通じゃない、すごい。

「大丈夫です!私のほうこそ、ありがとうございました。本当によかったです」

恵はそう言うと、立ち上がり総理の頬に軽くキスをした。
総理は少年のように照れ笑いをすると、恵の頭をぽんぽんと軽く撫でた。

「さて、行こうか」

颯爽と歩いて店を出る総理に、恵はいそいそとついて行った。
その後自分まで記者に囲まれることになるとは、全く思わずに・・・。

おしまい。
これはフィクションであり、特定の国家・人物とは全く関係ありません!
どこの国の総理のことでもありませんのでご了承ください。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか ワンピースはするりと足元に落ちた

泥酔した先輩の彼女をお持ち帰り
画像はイメージです
数年前、大学時代の思い出を書きます。

バイトでお盆休み前の飲み会やった帰り道、ちょっぴりいい気分で一人家路を歩いていると、向こうの方で金網と格闘している女発見。
真夏の夜中の0:00頃。

よく分からんが、がっしゃーんと金網を何度も蹴ったかと思うと、今度はもたれかかったり、また両手でがしゃがしゃと揺すったりしている。

「け~」とか「ぅえい!」「ばかぁ~」とか何か奇声に近い声まであげてらっしゃる。

関わらん方がいいなと思いつつ、通り道だし、怖いもの見たさもあるし、知らーん顔して近づいていく。
予想通り酔っ払っている模様。
チラチラと横目で見つつ、すれ違おうとした時、急に、「うっ」とか言ってその女、その場にしゃがみ込んだ。

(おいおい、吐くのか?)

つい、「大丈夫ですか?」と声を掛けてしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

するとその女、「はぁ~?」とか言いながら、焦点の合ってない目で睨んでくる。
怖っ!

(・・・あれ?この女・・・知ってる人だ)

大学のサークルのOG。
俺より2つ上の。
どうやら向こうも俺に気付いたらしい。

「おおっ、お前は~」

呂律の回ってない口調でいきなりお前呼ばわりされたが、別にそこまで仲が良かったわけではない。
ただこの女、当時から酒癖悪いってのは評判だった。

「奇遇ですね。だいぶ酒入ってますね」

俺がどう取り扱っていいか困っていると、急に「助けてくれ~」と言いながら、もたれかかるように俺にしがみついてきた。
しかもなぜか笑いながら。

「うわ。吐かないで下さいよ」

「ああ?吐かね~よ」

ああ、タチ悪い。
それに酒クサッ!

よく見るとこの女、靴履いてない。
辺り見渡しても無い。
荷物らしいものも無い。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ちょっと・・・大丈夫ですか?帰れますか?」

「う~ん、ど~でしょ~」

とか言いつつ、俺に抱きついたまま離してくれない。
それだけならまだしも、何でか俺を金網にぐいぐいと押し付ける。
寄り切りかよ。

「あははは~」

「あの・・・苦しいんですけど・・・」

とか言いつつ、おっぱい柔らけー。
そして白いシャツから透けて見えるブラの色は黒。
白い服に黒かよ。
おいおい、エロいぞ。

「おい、◯◯!送ってけ!」

「えぇぇぇ~」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「先輩の言うこと聞けないのか~。こうしてくれる」

横っ腹の辺りを拳でガシガシ殴ってくる。
マジで痛い。
仕方ねえなあ。

「分かりましたよ。で、家どこですか?」

「さあ~、どこでしょ~」

何なんだ。

結局、おぶって俺のアパートに連行しました。
だって、置いてくって言うと怒るし、家どこか教えてくれないし。
電車ももう出てないだろうし。
仕方ないね。

おぶって歩いている時も、背中でなんやかんやうるさい。
人の頭コツコツ小突いてきたり、首絞めてきたり。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

背中で暴れるなっつーの。
周りの人の目、気になります。

でも彼女が動く度にオッパイの感触が気持ちいい。
結構むにゅむにゅしてる。
何カップくらいあるんだろうか。
ああ、俺の肩甲骨が手のひらだったらとどれだけ思ったことか。
途中で静かになった。
寝てしまったようだ。

俺の部屋に到着。
結構重かったぞ。

玄関でよっこらしょと彼女を下ろすと、そのまま彼女は後ろに倒れてゴツンとすごい音を立てて頭を床にぶつけた。

(うわっ)

でも目を覚ましません。
それどころか口元に意味不明の笑みを浮かべてます。
女、足の裏が汚い。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

裸足だったからね。
玄関に寝かせたまま濡れタオル足の裏を拭いてあげました。

「む~ん・・・」

くすぐったいのか体を捩じらせてます。
パンツ見ちゃえ。
やはり黒い。
上下お揃いだ。

「んん~・・・まこと~」

うわ、ゴメンなさい。
・・・寝言のようだ。

まこと?まこと。
ああマコト先輩な。
大学ん時からこの女と付き合ってたっけ。
まだ付き合ってるんだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

とりあえず布団を敷いて彼女をそこまで引きずって、寝かしときました。
俺も部屋着に着替え。

しかしこの先輩。
よくよく見るとエロいな。
身長は裸足でも俺とどっこいどっこいだったから165cm以上170cm未満ってとこか。
スリムなんだが胸はデカい。
一人暮らしの男の部屋で酔い潰れて体を横たえる女。
シチュエーションがエロい。
たまらん。
妙に興奮してきました。
しかも俺は窮屈なジーンズからだぶっとした短パンに穿き替えていたので、股間が解放され、ちんちん大きくなっちゃったー。

ふと彼女の手に目がいきます。
背高いけど手は小さい。
女の人の手だなあ。

その手を、つい勃起したちんちんへ。
短パンの上からだけど、その力の入っていない女の手を俺のチンチンに擦りつけます。
短パンの上からでも気持ちいい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

気付くと俺はいつの間にか下半身裸に。
と言うか、生で触らせたくて自分で脱ぎました。
寝てるから当然、握ってくれない。
手首の辺りをもって操作します。

なかなか思うようにならんな。
しかしそれもまたよし。
女の手を勝手に使ってオナニー。
たまらん。

さて、ますます興奮してまいりました。
ふと彼女の和風の顔にちんちん押し付けたい衝動が。
えいやっと、ほっぺに押し付けてみました。
ぐいぐいぐいっとな。
彼女、無反応。
あ、ヤベ、ほっぺに我慢汁ついちゃった。

じゃあ次は唇に。
いや俺、体勢苦しいな。
反応あり。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

何か唇ひくひく小さく動かしてます。
おお、気持ちいい、つーか微妙にくすぐったい。
さすがに咥えてはくれないか。
まあ、噛み付かれても嫌だし。

では鼻に。
おりゃ。
風呂入ってないから臭かろう。
どうだどうだ、それそれ。
俺を困らせた罰じゃ。
しばらく鼻に押し付けてると、急に眉をひそめて、顔をぶるんと横に振りました。
ビックリした。
起きるなよ。

つーか、俺は何をやっているんだ。
人に見せられんな。
俺って変態だ。
今、悟った。

しかし俺の気分はますます昂揚してまいりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


脱がす。
決めた。

下から脱がした方がエロそう。
俺は彼女をスカートを脱がしにかかります。
しかし彼女、睡眠中につき全く体の力が抜けきっている為、脱がすの一苦労。
苦労してスカート脱がし終えての感想。
上はシャツ、下は黒パン生足。
思った通りエロい。

次は上を脱がしてみましょー。
シャツのボタンを一つ一つ外します。
うわ、俺、手震えてるよ。
はぁはぁ。
ボタン全部外したはいいけど、脱がせられない。
寝てる人の世話って大変だ。
シャツは脱がすの断念。
前を思いっきり肌蹴させただけ。
ますますエロくなってまいりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


でもこれじゃあブラが外せん。
ということで、ブラは上に持ち上げました。
おう、エロい。
乳デカ!
でも寝てるから潰れてら。
乳首乳輪は思ったより小さい。
色はピンクとは言えないけどね。

もう、起きたらどうしよう?とか考えてません。
俺の頭の中は変態暴走中。
後先どーでもいい。
適当に誤魔化せるだろ。
な、そーだろ、みんな。

おっぱいモミモミ、心ゆくまで。
そして顔を乳に押し付けてみました。
天国だ。
では次に乳首を軽く噛み、舌でコリコリさせてみましょう。
立った立った乳首が立った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ちゅーちゅーちゅー。

「んふ~」

む・・・ヤバい、起きるか?
俺はおっぱい吸った体勢のまま上目遣いで彼女の動向を窺います。
起きません。
このスリルたまらん。

黒パンの中にはすでに俺の手が進入済み。
おお、もっさもっさした毛の感触が。
毛を掻き分け掻き分け、割れ目を中指で軽く擦ります。
丹念に。
するとどうでしょう。
溶けてきます。

にゅる。

おお、指入った。
寝てても感じるんだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しばらくクチュクチュ指で弄びます。

「ぁふ~」

うへ、色っぽい吐息。
しばらくして指を一旦抜き、黒パンを脱がしにかかります。

ここでびっくりアクシデント。

「う~」と言って彼女は寝返り。
横向きになってしまいました。
びっくりした。

ま、いいやとそのまま黒パン脱がせ作業を続行。
なかなか手間取りましたが、なんとか黒パン脱がせ終了。
う~ん、お尻もキレイないい形してまんなー。
ぺちぺち軽く叩いてあげました。

そこでゆっくりゆっくりまた仰向けに戻す。
んで、ちょっと股を開いてやり、もいっぺん指を挿入。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

お、今度はすんなり入った。
濡れとる濡れとる。
一本、二本、おお、三本入った。

その三本の指を出し入れすると彼女、「んふーんふー」と妙な鼻息。

くっくっく。
寝ながらも感じてらっしゃるのかな。
たまらーん。
もう我慢できん。

「入れますよ~」

一応確認を取って、俺は女に覆い被さり、すでに暴発寸前のちんちん挿入。
せいやっ!ずぶぶ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


温かい。
き・・・気持ちいい!

実は久しぶりのセックス。
かくかく腰を動かします。
しかしまあなんですね、寝てる人って扱いづらいですね。
力抜けてるから、足とか持ち上がんないし、なかなか都合のいい体勢にできません。
体はだら~んとして基本的にはマグロです。
でもそれも良し。
もどかしさもまた良し。
トロだな、大トロ。

俺がピストン叩きつける度に、彼女の豊満な乳がゆっさゆっさと上下する。
良い良いよー。
俺の歴代彼女どれも貧乳だったから、この乳の揺れは素晴らしい。

「う~ん、ふ~くふ~、ふ~」

彼女は呻き声とも、吐息ともとれぬのを口から発しております。
夢ん中でマコト先輩に抱かれてるんやろか。

アカン。
もうだめ。
スマン。
最初っから妙な興奮状態だったため、挿入時すでに発射寸前エネルギー充填70%くらい。
ちょっと腰振っただけで、あっという間に俺は絶頂迎えてしまいましたとさ。

「うっ」

一応、腹の上に。
すんげー出た。
が、出すぎ。
彼女の腹の上の精液が垂れてきて彼女のシャツに付きそうに!
俺は慌てて垂れかけてる精液を手で止めて、ティッシュを手繰り寄せ、拭きました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

バタバタしちゃって余韻に浸れませんでした。

それにイッちゃうとね、あちゃー何て事してしまったんだと。
これってレイプに近いじゃん・・・。
罪悪感が・・・。
まあいいや、知らん。
彼女すやすや寝てるし。

ちょっとビクビクしながら、とりあえずバレないように服着せとくかと思い、起こさないように起こさないようにと、そーっと。
しかし黒パンからして、穿かせづらい。
脱がした時と違い、俺の中で盛り上がりは去ってしまってるし、いかんせん動かん人間って服着せづらい。
介護の大変さが身に沁みます。

もう面倒なので、片足のところに適当に引っ掛けときました。
黒ブラはずりずりと下ろしておっぱいを収納させて、彼女には適当にタオルケット掛けときました。
ま、寝てるうちに自分で脱いだって事にしとけ。

どれくらい経ったか、急に後ろから、「ねえ」と彼女の声。
ドキっとして恐る恐る振り返ると、上半身起こした彼女が眠そうな目を擦りながらこっち見てます。
シャツの前全開、黒ブラ露出で。
いやらしいぜよ。

「ここ・・・どこ?あれ・・・あんた・・・たしか◯◯だよね?・・・何で?」

状況が掴めてないみたい、というか金網んとこから全く記憶がない模様。

「もしかして、全然覚えてません?」

「うん」と彼女は俺と喋りつつ、パンツ脱げてるのに気付いたらしく、タオルケットの中でもぞもぞと穿いてました。

俺が見てるとか特に気にする様子なく。
俺は説明を続けます。

「いやあ、ヨシノさん、酔っ払って暴れてたんですよ。たまたま通りかかった俺が介抱したんですよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

これはホント。

「で、帰るの面倒だから俺んち連れてけって言うから運んできました」

これは半分ホント半分ウソ。

「ふ~ん」

彼女は別段疑ってない様子。

「そうなんだ、ありがと。あ、ちょっとトイレ借りるね」

淫らな格好のまま、のしのしとトイレへ。
ちょっとは恥じらえ。
しばらくしてトイレから出てきた彼女は、俺の横にどかっと胡座をかきました。
じーっと俺の顔を凝視して・・・。

「ねえ・・・、もしかして、した?」

「え?」

嫌な汗が額を流れます。
彼女は俺の肩にポンっと手を置き、じっと無言で顔を見つめてきます。
バレるわな、そりゃ。
お腹の辺り、精子拭いた跡がパリパリになってるし。
臭うし。

しかしそこの言い訳はすでに考え済み。
でも彼女の目は見れません。
焦るな。
冷静を装え。

「あわわわ、だって、ヨシノさん、きゅきゅきゅ急に脱ぎ出して、誘うんだもん・・・。そんな格好でせま迫られたら、男なら、おーとこならー断れませんよ」

俺、動揺丸出し。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかし彼女、わさわさと髪の毛を掻き毟りながら・・・。

「あちゃー。またやっちゃったかー」

しまったーと言った表情。
また、って・・・。
確かにサークルで酒絡みの色んな噂残した人だけど。
酔っ払って男と寝た記憶なかった事、今までにも何度かあったんでしょうか。

「あのさ、このこと人に言わないでね」

「やっぱマコトさんにバレるとまずいですかね?」

心に余裕の出来た俺はちょっと意地悪を言ってみた。

「あれ、マコト知ってるの?あ、そうか、同じサークルだったもんね」

俺の股間は淫らな格好の彼女が横にいるだけで、すでに再び興奮状態。

「あー、じゃあ口止め料としてもう一回やらせてもらおうかな。俺のちんこで口封じちゃうぞ。なんつって」

つーか、彼女の口封じてどうする・・・。

「バカか。ちょーしに乗るな」

一喝され、バシッと頭を叩かれてしまいました。

彼女は布団に戻り、タオルケットで下半身を隠し、「あ~頭痛い」と言って頭を抱えてます。
結局そのまま朝まで昔話などをポツポツと。
実はそこまで親しいわけじゃなかったから、共通の話題が少なく、微妙に会話が噛み合いませんでしたが。
その間、彼女はずっとシャツの前全開、黒ブラは露出させたまま。
下半身だけタオルケットに包まった状態。
俺は目のやり場に困るっつーか、困らないけど、大きくなった股間のやり場には困った。
恥じらいは無いのか。
恥じらわんならもう一回ちゃんとやらせて。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


始発の時間頃、彼女は帰ると言って、服のボタンをとめスカートを穿きます。
しかも俺の事を気にせずに。
大胆やのう。
俺は見てないふりして、ちらちら見てました。

「荷物と靴は?」と尋ねると、「どっかに忘れてきたんでしょ」ケロっとしてます。

いいのか、それで?
仕方ないので少々の小銭と俺のサンダル貸しました。

「ありがとね。じゃ」

ポンポンと俺の肩を二度叩き、彼女は帰っていきました。
なんつーか豪快な姉御でしたわ。
あれから何度かあの場所を通ったけど、金網と格闘している女と出会う事はありませんでした。

サンダル返せ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 泥酔した先輩の彼女をお持ち帰り

小雪先輩の唾液でヌルヌルに
画像はイメージです
綺麗で大人しくて優しくて芸能人で言うと小雪みたいな感じ。
仮に小雪さんとするけど、で、その小雪先輩は俺を可愛がってくれている男のA先輩と付き合ってた。

で、ある時3人でA先輩の家で飲んだ事があり。
小雪さんは飲み屋で飲む時なんかはあんまり飲まないんだけどその日は結構ハイピッチで最後には飲みすぎた小雪先輩がぐてーっと突っ伏して挙句床に寝そべっちゃって小雪先輩のそういう乱れた姿を見た事が無かった俺はドキドキしてた。


A先輩は「しょうがねえなあ」って言いながらもまあ冗談交じりで膝枕みたいにして寝せながら俺と会話を続けてた。

暫くそんな感じで喋ったり黙って飲んでたりした後、30分位してから、急に小雪さんがもそもそ動いてんーー。
とか言ったと思ったらジャージはいてた先輩のズボン下ろした。

A先輩が笑いながら「おいおいおい」とか言っても聞かず、「んーうー」とか甘えた声出しながら遂には引っ張り出してフェラ。

いきなり咥えたみたいで凄く丁寧に首振り始める小雪先輩。
横から咥えてるから俺のほうからはほっぺた凹ませてめちゃめちゃエロ顔が見える感じ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


先輩も豪快な人だったが、笑って俺の顔見ながら「悪い」と一言。

俺は「は、はあ」とかにやけながら壮絶に勃起。

3分後、「ちゅぽん」という感じで口から離して「んーー」とか甘えた声出した瞬間。

俺は人生で初めて人が本気で青褪める姿を見た。
おもっきり小雪先輩の体がビクン、と動いて下向きながらなんだけど「え?」ていう顔。
あれ?おかしいぞ。
みたいな。
因みに先輩のは思いっきり剥けててでかかった。
それが小雪先輩の唾液でヌルヌルになってる。

「え?あれ?え?」とか言いながら上半身持ち上げて俺、A先輩、俺の順に顔を見た後小雪先輩の顔が漫画みたいに喉から紅くなった。

完全に固まってる小雪先輩にA先輩が笑いながら「もう俺、お婿に行けないよ・・・汚されちゃったよ・・・」

俺が「・・・ちわっす」

小雪先輩が「え・・・えええ?え、なに?え、えええええ?」
(本気で絶望した声)

「え、な、なんで?A君、え?寝てる私に・・・」
(酔っ払いぎみに激怒風)

「違う違う。
お前からしてきたんだって。な。◯(俺)」

「は、はあ。まあ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ちなみに小雪先輩の口元には唾液が着いてる感じでかつ髪の毛がちょっと乱れてて壮絶にエロ顔。

「嘘、え、嘘」

「つかお前今自分でで引っ張り出しただろ」

A先輩が言った瞬間に思い出したようで、小雪先輩が両手で顔隠して床に突っ伏す。

「嘘ー。なんで、止めてよーーー◯君いるじゃん!」

「いやー止めれなかったよ(ニヤニヤ)」

「A君のが欲しいの、とか小雪先輩言ってましたよ(ニヤニヤ)」

「言ってない!(激怒)」

その後丹念に小雪先輩からは口止めされた。
ほほえましい一コマだったが、その後暫くはズリネタに困らなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 小雪先輩の唾液でヌルヌルに

今はすごくカチカチになっている
画像はイメージです
俺の名はケン、自分で言うのもなんだが、小さい頃から可愛いと言われ、結構モテる。
小学生5年の頃、ハーフの女の子が同級生にいた(名前はベッキーとしておく)。
ベッキーも俺のことが好きで、誘われてベッキーの家に遊びに行ったことがある。

ベッキーには中学生の姉がおり(名前は、スザンヌとしておく)その日は、彼女も一緒に遊んだ。
どういう流れか忘れたが三人で解剖ごっこをすることになり、スザンヌがお医者さんで、俺が解剖されることになった。
俺はまだ裸になることに抵抗がない年頃だったので、素直に裸になりベッキーのベッドに横たわった。


「ではこれから、ペニスの検査を始めます」

スザンヌはそう言って、俺のペニスを掴んだ。
スザンヌの手は冷たかった。

「まず、ペニスの皮を剥いて中身を調べます」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

スザンヌは、そう言って俺のペニスの皮を剥いた。

「なかなか綺麗なペニスですね。
ペニスの大きさは標準でしょう。
一応長さを測っておきます」

スザンヌ定規を俺のペニスに当て長さを測った。
定規が冷たかった。

「はい、平常時8cmです。ベッキー、ちゃんと記録しておいてね」

俺は幼稚園の頃から親にペニスの皮を剥かされていたので、小学生の頃は簡単に皮が剥けるようになっていた。
スザンヌはベッキーにも俺のペニスの皮を剥かせた。
ベッキーは躊躇いながらも俺のペニスを握り皮を下へ押し下げた。
ベッキーの手はスザンヌより暖かく少し汗ばんでいるようだった。

「このペニスの先端の皮を被っていた部分を亀頭といいます。ベッキー、亀の頭みたいでしょ。ケンの亀さんはなかなか獰猛そうね」

次にスザンヌは右手の人差し指に唾を付けて濡らし俺のペニスの鈴口から裏筋の辺りをこすった。
あまりの快感に俺のペニスは勃起した。

「ベッキー、これがペニスが勃起した状態よ。ほら、亀さんが獰猛そうな顔をしてきたでしょ。男の子はチンコが立つとも言うわ」

勃起した俺のペニスをスザンヌはベッキーに握らせた。

「すごい、さっきはプヨプヨしていたのに今はすごくカチカチになっている」

そう言ってベッキーは俺のペニスをぎゅっと握った。

「ベッキー、勃起した時の長さも測ってちょうだい」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ベッキーは俺の勃起したペニスに定規を当てた。

「ええっと、13cmです」

「ケンったら、私の彼より長いわ」とスザンヌが言った。

それから、スザンヌは濡れティッシュを取り出して、俺の亀頭の周りを綺麗に拭き、口をつけて舐めだした。
指で触られる以上の快感に思わず俺は腰を持ち上げた。
スザンヌは唇で俺のペニスを締め付け舌先でチロチロと俺の裏筋を刺激する。
その頃、俺はもうオナニーを覚えていたので、射精する感覚はわかっていた。

「スザンヌ!出ちゃうよ」

俺がそう言うとスザンヌは、ペニスから口を離し、今度は手で俺のペニスをしごきだした。
間もなく、俺は我慢できずに射精した。
精液が俺の裸の首の辺りまで飛んできた。

「すごく飛んだでしょベッキー、これが射精よ。男の子は気持ちがよくなるとこうして射精するのよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ケンは私の友達よ。スザンヌが先にするなんてずるいよ」

そう言って今度はベッキーが俺のペニスを咥え、舌を絡めてきた。
スザンヌほどうまくはないが、それでも十分気持ちがいい。
射精したばかりなのに、また出そうになってきた。

「ベッキー、また出そう」

ベッキーはスザンヌのように口を離さず、咥え続けた。

「出ちゃうよ。いいの」

俺がそう言うと、ベッキーはこっくり頷いた。
俺はさっきと同じくらいの量を射精した。
ベッキーは俺の精液を全部飲み込んだが、顔をしかめ「苦い!」と言った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 今はすごくカチカチになっている

彼の部屋にそっと忍び込んで・・・
画像はイメージです
夏の終わりの涼しさが肌寒くも感じる明け方。

彼の部屋の扉から寝ている彼を見た。
部屋のなかは窓からの光が入り青く明るかった。
彼は熟睡していた。
そっと忍び込んで横に寝てキスをした。

ぷくっと柔らかい唇を私の唇で挟むみたいにやさしくキスして・・・。

しばらくして彼は気がついて
「んんん・・どうしたの?びっくりした・・・」
拒否されるのが怖かったので少し安心した。

「したい・・して・・・いや?」耳元で甘く囁くように聞いた。
「ううん・・」またやさしくキスをしはじめた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そっと舌を入れてみたら彼も舌を出してきた。
私が、肘で上半身を起こすように上に被さりながら彼の頬を両手で挟んでキスをした。
彼は寝起きでボーッとした感じで無防備だった。
Tシャツを上にまくって胸を露わにして、乳首を愛撫した。
指先でいじってキス、それから感じるように舌でいやらしく舐めた。

「あッ・・!」

彼の感じる声がたまらずもっと感じさせたい!両方の乳首を指と舌で攻めた。
そして下の方に移動していき、パンツの上から彼のものをまさぐる。
勃起してる。
感じてるんだってうれしくなった。

パンツを下ろそうとすると彼は腰をすこし上げた。
彼のものを手で軽く包み込むように握りやさしくしごく。
手の中でピクンピクンと反応する。
やがて強く握ってしごく。
たまらず口に含んでやさしく激しくフェラした。

「あぁぁぁぁ・・だ、だめだよ・・・」

私がフェラするとイキそうになっていつも途中でやめさせようとする。
でもいじめたい気持ちでぎりぎりまでいやらしくフェラを続ける。

「もう、だめ・・・」

ついに耐えかねたのか私の口からするっと抜いた。
気持ちよさそうに耐える彼の顔にたまらなくなり、キスしてまた舌を絡める。

「したかったの・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


また耳元で囁いた。
首筋や耳に舌と唇を這わせて愛撫する。
彼はノースリーブのワンピースの寝間着をすそからたくしあげてふとももやお尻をやさしくさわった。
そして濡れていた部分も・・・私は彼の上に跨り上半身を起こして服を脱ぎ、騎乗位に。
腰を浮かせて彼のものを自分のなかへ・・・私っていやらしいかなってちょっと恥ずかしかった。
ずっと交わってなかった感動と彼の堅いものが入ってくる気持ちよさでつい声が漏れる。

(ねぇ私を感じて。私で気持ちよくなってよ・・・)

彼のものを感じながら彼の顔を見てまたジュンとなる。
下で合体しながら覆い被さるようにキスして舌をたくさん絡める。
彼も突然火がついたように、胸を愛撫しながら腰を動かして突いてくる。
ああああ・・こうしたかったの!いっぱい彼を感じたいの・・・!!私もいっぱい腰を動かす。

彼が起きあがり抱っこスタイルでまたキスをしたままずんずん突く。
彼の肩から腕を回してしがみつくように上下に動く。
今度は私を下に寝かせて正常位。
私の足をいっぱい開かせ、奥の奥まで彼のものが入ってくる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あっあっ」

小さく漏れる声としかめた顔がまたたまらない・・切ない顔でうるうるの目で彼を見ると上半身を倒してキスしてきた。

(いっぱい感じて・・・)

彼のおしりをギュッとつかんで私のなかでいちばん当たる部分に導く。

「いい・・イク・・いっちゃう!」
「いって・・・いっていいよ・・」

何回も何回もその波がきた。
いっぱい感じていた。
彼のものが私のなかに・・そう思うだけですごく感じるのだった。
彼にももっと気持ちよくなってほしくて閉めたり思い切り腰を動かす。

「ああっ!いっちゃうよ?」

下から手を回して玉やアナル付近をさわさわする。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「イクよ?」

寸前で抜いて私のお腹の上で小さく声を漏らしながらしごいた。

終わった後、やさしく腕枕してくれた。
愛おしくて軽くチュッチュッってキスをした。
そのままくっついて一緒に眠った。
昔はいつもこうしてくれたのにな・・・。
でも急に恥ずかしくなって結局自分のとこに戻って寝た。

1年くらい前の出来事を書いてみました。
元ダンナとはセックスレス状態で別々の部屋に寝ていました。
どうしても抱いてほしくて自分から・・・でした。
今でもこのことは忘れられず、思い出して切なくなります。
それでもいいから彼としたいな。

離婚してから誰ともしてないです。
彼以外誰も愛せなくて・・忘れたと言い聞かせてもどこか未練残ってるの。

バカですねw

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 彼の部屋にそっと忍び込んで・・・

福岡ヤンキー娘の恩返し
画像はイメージです
営業で福岡に出張したときの出来事です。
九州での出張二日目、ホテルは博多駅近くに取ってたんですが、その日は思ったほど契約がとれず、結局福岡に戻ったのは夜の11時半過ぎ。
赤信号で止まっていると、見知らぬ女が助手席の窓をコンコン。

見ると、20歳前ぐらいのいわばヤンキー系。
窓を半分まで下ろすと・・・。

「おじさん天神方面?」
「いや、博多駅だけど」

「途中まで、乗っけてくんない?」
「えっ、別にいいけど」

「ほんとに、わー良かった。乗っけてくれるって」

そう言ったかと思うと、どこから現れたのか別の女の子3人が後部座席に、声を掛けてきた女は助手席に乗り込んできました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ルームミラーで後部座席を見ると3人ともヤンキー系のケバケバ女。
一瞬、恐喝でもされるのかと思うような雰囲気。

でも、後ろの女たちはキャッキャッとおしゃべりを始めた。
どうやら今から天神でコンパをするらしい。
最初からお泊りコースのコンパみたいで、「本気で酔ってしまったらいけない」とか、「コンドーム何個もってきた?」とか、「サイズを後で報告し合おう」とか、凄い内容の話が聞こえてきました。

しばらくして、助手席に乗り込んできた女が話し掛けてきた。

「おじさん、福岡じゃないよね」
「えっ、なんでわかるの?」

「だって、車のナンバー『わ』が頭に付いてるからレンタカーだし、しゃべりのアクセントも違うから」
「するどいね、大阪から来たんだよ」

「へ~、いつまで福岡にいるの?」
「明日まで。明日の夕方の新幹線で戻るんだ」

「仕事って、大変?」
「そうだね、でもお金稼ぐには色々あるよ」

そんな他愛もない話をしていると博多駅近くになった。

「ねえ、おじさん、道教えるから天神まで送ってくんない」

「そんなぁ、途中までってことで乗せたんだよ」

「お願い」

結局、天神まで送ってあげました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

車から降り際に・・・。

「おじさん、携帯持ってる」

「ああ」

「ちょっと、貸して」

携帯を取り上げられるのかと思ったら、自分の携帯に掛けて・・・。

「履歴に残ってるのが、私の携帯番号。『ありさ』って言うんだ。今日のお礼はいつか必ずするから」

そう言って4人ともきちんと挨拶をして、天神の街中に消えていきました。

ホテルに戻り、なんとも奇妙な出来事だったな~とベッドに横たわり、そのまま寝込んでしまいました。
ところが夜中の3時頃、急に携帯が鳴って、番号を見ると先ほどのありさちゃんから。

「もしもし、寝てた?」

「ウン」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「今、博多駅にいるんだけど、おじさんのホテルどこ?」

ホテル名を告げると・・・。

「今から行っていい?」
「えっ、なんで?」

「友達はみんなどこかに即席彼氏としけ込んじゃった、ありさは、おじさんにお礼がしたくて」
「えっ、いいよ」

「でも、この時間じゃ、家に帰れないし・・・」
「来てもいいけど、フロント通過できないんじゃないかな」

「そこのホテル、カードキーで夜間通用口から入れるから」
「詳しいね」

「ホテルの近くまで来たら、もう一回電話するから迎えに来て!」

しばらくすると再度電話があり、結局迎えに行き、自分の部屋まで連れてきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「おじさん、やさしいね」
「ベッド狭いし、来たはいいけど、寝るとこないよ」

「いいじゃん、おじさんの横に寝るもん・・・おじさん、シャワー浴びた?」
「いや、ありさちゃんから電話があるまでそのまま寝込んでしまってたから」

「じゃ、一緒にシャワー浴びない?」
「えっ」

「今日のお礼に、体洗ってあげる」

ありさちゃんは先にバスルームに入り、しばらくして・・・。

「おじさん、いいよ」

俺も俺で、ノコノコと前を隠しバスルームへ。
さすがにピチピチの若い女性のスッポンポンを見ると、俺のニョイボウがみるみる元気になっちゃいました。
彼女は「わ~、おじさんのおちんちん元気だね」って言うと、手を追い払われ、いきなりニョイボウを握られシャワーを当てられた。
そして器用に片手でボディシャンプーを手に取り、俺のニョイボウを優しく洗ってくれた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

あまりにも優しく洗ってくれるもんだから、めちゃ気持ちよくて、いつ爆発してもおかしくない状態になってしまった。

ありさちゃんは、そんな俺の表情をチラチラ見ながら小悪魔みたいに微笑んだ。
洗い流し終わるとシャワーを止め、いきなり今度はありさちゃんが俺のニョイボウを口に含んでくれた。
次に、上下に動かし始めてくれた。

俺は思わず・・・。

「うっ、あ~、きもちいい~~~」

すると、ありさちゃんが一回ニョイボウから口を外し・・・。

「口の中に出して」

そう言うと、ジュッポジュッポと、いわゆるバキュームフェラを凄い勢いでしてくれた。
狭いバスルームにその卑猥な音が響き渡り、フェラをしながら見上げるように俺の目を見つめる彼女にさらに興奮した。

このまましばらく快感を味わい続けたいと思ったが、バキュームフェラに加えて片手で竿をしごかれ、さらにもう片方の手でタマタマをニギニギされて、ついに、「あ~~イク、イク」と呟いてありさちゃんの口の中にスペルマを放った。
ありさちゃんは口に放たれたスペルマを一旦手のひらに垂れ落とした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「いっぱい、出たね」

俺は頷くしか出来なかった。

その後、体を自分で洗い、ベッドに戻ると、「今度は、私を可愛がって」って可愛い声で、おねだり。

優しくキスから始め、優しくクンニをしてあげた。
下腹部のみヘアを残し、後は自分でアンダーヘアの処理をしているみたいでパイパンに近い状態だったので舐めやすかったし、細部まで観察できた。

中指を少し入れてみると、若いだけあって凄い愛液量でヌルヌル状態だった。
中指一本でGスポットを刺激してあげると・・・。

「あっ、そこ、そこがいい!」

乳首を甘咬みしながら、今度は中指と薬指を重ねて入れてみると、すんなりと受け入れてくれた。
潮を噴かせる要領で、中指と薬指でありさちゃんのマンコを弄ってあげると、「あっ、ダメ、ダメ」と言うと、凄い勢いで潮を噴いた。
おかげでベッドはビチャビチャ。
そうこうしているうちに俺のニョイボウは復活。
ありさちゃんが持参してたコンドームを付けてもらって結局、朝の5時まで。

おかげで、朝寝坊。
次の日の営業はキャンセル。
10時のチェックアウトも延長して、別れ際にキスをしてそのままバイバイ。
福岡って最高!!
次の福岡出張が楽しみ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 福岡ヤンキー娘の恩返し

するとお姉さんが「ちょっとごめんね」といって私のパンツに手をかけて一気にずり下げられました。
画像はイメージです
私は今、大学に通っています。昔から人前に出るのが好きで、将来はモデルとか女優とかテレビに出られる仕事をしようと思っていました。



運良く一流と呼ばれる大学に入学することが出来たので、テレビ局のアナウンサーという道も選択肢にありました。



でも私立の学校だったので、授業料が高く、実家もさほど裕福ではなかったのでアルバイトをしないと厳しい生活でした。



最初はコンビニとか普通のバイトをしていましたが、新しく知り合った友達の話によると、家庭教師とか割の良いバイトに変えたほうがいいよといわれました。



たしかに、家庭教師は毎週決まった時間で短時間で高収入だったのでコンビニをやめ家庭教師を始めました。



それからしばらく家庭教師をしていましたが、あまりにも短時間高収入で、時間があまってきました。



さきほどの友達に話すと、「空いた土日で、イベコンのバイトとかしたら?」といわれました。



私は「えー?イベコンって大学生でも出来るの?」と聞くと「うん。よく募集してるよ。学生可って書いてあるよ」と教えてくれました。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

さらに、「アンタだったら面接でも簡単に受かるでしょ」と付け足してくれました。



私はスタイルも普通だし、見た目も悪いほうではないのは自覚していましたが、友達に言われるとやっぱりかうれしくて顔がにやけてしまいました。



私は将来人前に出る仕事に就きたかったので、その練習も兼ねてそういうバイトも経験したほうが就職活動で有利になるかなと思い、バイトに応募しました。



そして面接の日、都内の事務所に赴きました。とりあえずこの面接のために購入したちょい胸見せ系の、派手な服を着ていきました。



こういう服は着たことがなかったのですごく恥ずかしかったです。超ミニスカートだったので階段を上がるときや風がすごく気になるし、胸の谷間もずっと見せている状態でした。



やはり男の人の目線がすごく突き刺さります。「淫乱な女だなー」とか思われてるのかもしれません・・・・。



そんな恥ずかしい思いをしながらやっと事務所に着きました。こぎれいな事務所はスタッフの人が何人か電話をしていました。すこし怖い雰囲気がありました私は小さな面会室に通されました。綺麗なお姉さんが「こんにちわー」と部屋に入ってきて、用紙を渡され、「これに記入してくださいね」と、言われました。



プロフィールシートとかかれた紙とエントリーシートとかかれた紙がありました。内容は住所氏名、この仕事を選んだ理由や、生理の周期、スリーサイズまでいっぱいありました。



私はとりあえず全部埋めました。スリーサイズとか測ったことがなかったのでかなり適当でした。



しばらくするとさっきのお姉さんと若い男性が入ってきて、面接が始まりました。



開口一番「ほお、将来は人前に出る仕事につきたいんですか?」と聞いてきました。エントリーシートのこの仕事を選んだ理由に目が止まったようでした。



わたしは元気に「はい」と答えました。「そうか、俺はいっぱいそっち関係の知り合いがいるからどんどん紹介してあげるよ。プロダクションの社長とかいっぱい知ってるからどこでも入れるよ。入って仕事が取れるかどうかは気味次第だけど・・・、君なら売れそうだね?演技とかは?」



「え、演技とかやったことありませんけど、がんばりますので宜しくお願いします。」私はとてもうれしくてもう、女優か何かになった気分でした。



すでに顔はとことんにやけていて、勝手にテレビに映っている未来の自分姿を想像してわくわくしてきました。



その後もいろいろ聞かれ、私はこの人に着いていけば将来の夢はかないそうだと思いました。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その後の話の内容で私はその場で採用が決まり、いつからどの仕事をやってもらうかの打ち合わせになりました。



そして仕事の日時が決まって、打ち合わせが終わりかけた時、「じゃあ、後はこっちで準備しておくね。服とかはこちらで用意するけど、サイズに間違いないよね。現場で服が合わないとかあると、大変だから」



私はこれは正直に言ったほうがいいなと思い「あ、あの、実はちゃんと測ったことがなくて、すみません」とあやまると、「ああ、いや、だいじょうぶだよ。ちょっとじゃあ、ココで測ろうか」



「あ、すみません、お願いします」というと、お姉さんが部屋から消えて、メジャーを持ってきてくれました。



私は席から立ち上がりました。お姉さんが目の前に来てメジャーを胸に当てました。そのとき「あーだめだめ、服脱いで測らないと」と面接の担当の人が言いました。



するとお姉さんが「そうですね。」と言い、私の上着をめくりました。私はキャミソールとブラジャーだけだったので上着をめくられブラジャーを丸出しにされてしまいました。



そしてそのまま上着を脱がされました。二人が早くブラを取りなさいよと言ってるような無言の空気が流れました。



私が躊躇しているとお姉さんが、「ごめんなさいね、時間がないから」といって、私の背中に手を回し、ブラのホックをはずされてしまいました。



私は男性経験が豊富ではなかったので、人前で胸をさらすなんて考えられませんでした。でも今なぜか脱がされていました。



腕で胸を隠していたのですが、お姉さんがメジャーを背中に持ってきて回してくれているので、両手を横に広げるしかありませんでした。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

胸が丸見えになってしまいました。もう恥ずかしくてずっと下を向いていました。



面接担当の人がじっと見つめているようでした。



「バスト83センチ、ウエストは、うーん59センチね」と言いながら、通津次に私の身体のサイズを測ってくれました。



さらに続けてお姉さんが「じゃ、スカートも脱いでくれる?」とさも当然なことのようにいいました。



上半身裸にスカートだけ身に付けていたのですが、スカートまで脱げと言うのです。わたしは小さく「はい」と言ってスカートを脱ぎ、パンツ一枚になりました。



恥ずかしさを通り越して惨めな気持ちでした。こんなところでこんな姿にされるなんて思ってもいませんでした。



「ヒップは85ね」と言われ、今度は後ろを向くように指示されました。言われるがまま後ろを向くと、背中のねじれやほくろ染みなどがあるか見ているようでした。



私はもしかしてパンツまで脱がされるのかと思って少し緊張していたのですが、さすがにそこまでされなかったので、少しほっとしていました。



するとお姉さんが「ちょっとごめんね」といって私のパンツに手をかけて一気にずり下げられました。



えーと心の中で叫びました。頭はパニック状態で、見るなら見て、そして早く隠したい・・。そんな思いが頭の中を駆け巡っていました。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

お尻を丸出しにされて二人にじろじろ見られているようでした。さすがに抵抗して手で隠したのですが、お姉さんに手を押さえられ、またじろじろと見られました。



しばらくそのままの体勢にさせられていたので、恥ずかしくて気を紛らわそうと前のほうを見た瞬間、血の気が引きました。



監視カメラが目に入ってきたのです。あわてて腕で胸を隠しましたが、もしかして丸々とられていたのかと思うと、ゾーッとしてきました。



するとお姉さんが「はい、お疲れ様、服を着てもいいですよ」と言ってくれ、私はすぐに服をきました。



人前でブラをつけたりパンツを穿いたりって言うのは、すごく恥ずかしくてしかも、服を着ている最中にも、「肌きれいですね」とか「スタイルいいですよね」とか言われたりして「は、はい。ありがとうございます。」と照れながら答えるのがやっとでした。



面接はそれで終わり、そのまま家庭教師のバイトの家に向いました。勉強を教えながらさっきの恥ずかしいことを思い出しました。



さっきまで見知らぬ二人の前で素っ裸になっていたなんて、この子が知ったらどう思うだろうと悲しくなりました。



それからは家庭教師とイベコンのバイトの掛け持ちになりました。結果的には大成功でした。



最初は恥ずかしかったけど、その事務所からいろいろお仕事をもらえて、いまでは大学生なのにサラリーマン以上にお給料をいただいています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか するとお姉さんが「ちょっとごめんね」といって私のパンツに手をかけて一気にずり下げられました。

「寝取ってください」に応募、ムッチリM女とデートSEX
画像はイメージです
男、女、俺で3Pしてきた、疲れた。



3Pやるようになったきっかけはネットでエロ動画探してる時に「妻を寝とってください」っていう募集を発見





んで性欲全開のテンションで募集→マジで返信が来てびびる



→3Pに参加って感じ。





ちなみに今回が三回目で、今回はカップルさん、一番最初とその次は夫婦





いつもは旦那なり彼氏と一緒に3Pなんだが、今回は「寝とり」を重視しようってことで



俺と女性が二人きりで待ち合わせした午前中から普通にデート相手が20代後半、俺が20代前半で、わりと普通のカップルに見えてたと思う

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}




彼女さんは身長150くらいの普通体型尻と足がむっちりしてかなりそそった





顔も井上和香みたいなエロっぽい感じ相手は年の差カップルで、彼氏さんは40後半から50歳くらいだと思う





性欲落ちてきちゃった自分が彼女を満足させられなくて、若い男に寝とられるシチュエーションがツボらしい





とりあえず飯を食べたあと、近くのショッピングモールみたいなとこまで移動した





車のなかでエロトークして気分を盛り上げる





彼女さんもかなりMらしくて、若い男に好き放題されるのはたまらんらしい





普通に恋人繋ぎでデートしたあと、



トイレでフェラしてもらうことに





正直手繋いでる時点でかなり勃起してたんだが、服屋の中で





俺「○○さんに口でしてほしいです」←尻揉みながら



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女「しょうがないなぁ」←顔真っ赤にしてハアハアしながら





この時点でフル勃起





野外でするのははじめてだったから興奮マックスだし、元々性欲かなり強いのに、一週間くらいためてたから、これにはやられた





とりあえず上着まくりあげて胸をいじる。





正直物足りないサイズだったけど色はきれいだし感度よかったんで問題なし





声おさえてる顔がエロすぎたwww





我慢汁出すぎてズボンに染みできそうだったのでこっちも脱がしてもらう



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺のちんこ見た瞬間に彼女さんが明らかにテンションあげてたとりあえずフェラはあんまうまくなかった





ただ痴女かお前は、ってくらいがっついてきたので、それはそれで興奮





頭抑えて根元まで突っ込んでも怒るどころか嬉しそうにしてたあたりMなのはガチだと思う





大きくて息できない、とか言われて興奮するあたり俺も単純なんだろうけどやばかった





遅漏なんでかなりの時間しゃぶらせてたけど、やっと射精、

ちゃんと飲んでくださいねーとか言いながら



口のなかに出してやった





めっちゃ出すぎてびびったが、エロすぎる光景にもう一回突っ込みそうになるも我慢

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}




彼女さんのスカートまくったらお漏らしかってくらい濡れてた



写メっていいか聞いたけどNgでたので断念





余韻を堪能して後始末してトイレから出ました



んで一旦車にもどる





「ドキドキしてるよ」とか「スゴかったよ」



とか言われてまたフル勃起





そのままラブホにGO



流れとしてはこのまま俺が彼女さんを一通り犯す→

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼氏さんと他人にやられた彼女さん対面→また俺と彼氏さんで犯す





車の中でブラだけ外させてノーブラ状態で部屋に移動



なかなかの乳首ビンビン丸でござった





お互いいちゃいちゃしながら服を脱がせあい、一緒に風呂へ



俺のちんこどうでした? とかしょうもないことを聞きつつ



ボディソープ使いまくってぬるぬるいちゃいちゃしてたよ





お尻と足にちんここすりつけまくって楽しむ



スタイルは普通だけど肌はすべすべで最高でした



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


んでさっぱりしたら愛撫開始





感度いい上めっちゃ興奮してくれてたみたいで



俺の下手なクンニでもあえぐあえぐ





もう入れていい?に恥ずかしそうにうなづいたときは出しそうになった





多分「寝とられてる自分」によってるんだと思う





こっちからなんにも言わなくても



「こっちの方が大きい、△△さんごめんなさい、



許してください」とか連呼する





正常位で一回したあと、バックの最中に彼氏さんに電話かけた



聞かれちゃってるよーとか言うと締まる締まる



ちょっと感動した

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 「寝取ってください」に応募、ムッチリM女とデートSEX

ねぇねぇー僕ちゃん、CLUB初めてきたの? ココ暗いから何やっても平気だよ うちと朝まで生パコキメちゃわない~?暗闇でいきなり逆ナン中出しトランスファック 美谷朱里

ねぇねぇー僕ちゃん、CLUB初めてきたの? ココ暗いから何やっても平気だよ うちと朝まで生パコキメちゃわない~?暗闇でいきなり逆ナン中出しトランスファック 美谷朱里

「キミ、クラブにはじめてきたの?」初めてドキドキでクラブにいったら…イケイケお姉さんに喰べられた!!「ここだったら、何してもバレないよ」密着逆ナンされて、慣れた手つきでチンポを取り出し弄り回され、痴女られる!「私、ナマ派 […]

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ ねぇねぇー僕ちゃん、CLUB初めてきたの? ココ暗いから何やっても平気だよ うちと朝まで生パコキメちゃわない~?暗闇でいきなり逆ナン中出しトランスファック 美谷朱里

【画像】最近やたら出てくるこのAV女優wwwwwwwwwwwwwww

【画像】最近やたら出てくるこのAV女優wwwwwwwwwwwwwww

1: それでも動く名無し 2022/11/24(木) 14:50:29.48 ID:241oDyfw0 エロすぎて抜ける 素行不良でウチに預けられたナマイキなデカ尻姪っ子がミニスカパンチラでからかってくるので大人の巨根ピ […]

元スレ:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1669269029/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 【画像】最近やたら出てくるこのAV女優wwwwwwwwwwwwwww

尻フェチが選ぶAV女優

尻フェチが選ぶAV女優

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/11/25(金) 03:09:48.441 ID:XhSlJ7K/0 だれ? 2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/11/25(金) 03 […]

元スレ:https://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1669313388/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 尻フェチが選ぶAV女優

家庭教師の先生と
画像はイメージです
高校3年の時、近所の大学生のTさんという方に家庭教師に来てもらっていました。
有名国立大生で昔から柔道を続けていて体格のいい人で少し無骨な感じの真面目さからうちの母もとても信頼していました。
私は当時、彼氏と初体験したばかりの頃でした。

それで週に一度、そのTさんに家に来てもらう度に実際にHしようとまでは思わなくてもTさんとだったらどんな感じだろう・・・と想像して意識することは時々ありました。

そんなある日、親戚に不幸があり両親が地方の親戚に家に泊まることになりました。
最初は、わたしも一緒にと言われたのですが、大事な試験を控えていることもあり家に残ることになりました。
そしてその時に丁度家庭教師の日と重なったのですが試験前に質問したい箇所もあるので、予定通り来てもらうよう母にお願いしました。


母もTさんを信頼していたので、むしろ夜少し来てもらうと安心と考え簡単な夕飯も用意するので、家庭教師のついでに少し様子をみてやって欲しいと直接Tさんに電話でお願いして、安心して出掛けていきました。
当日の夕方過ぎにTさんは、いつも通り家にやって来ました。
いつもは勉強の後、お茶をして帰ってもらっていたのですがせっかくだから、ゆっくり夕飯を食べてから勉強をすることになりました。
普段と違って両親も留守ということもあり食事をしながら少しくだけた感じで話がはずみました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そんな中、真面目な感じのTさんをからかって「彼女の話しないけど、Tさんは彼女いたことあるの~?」とからかうと、「そりゃあるよ、今ちょっといないだけだ」と真面目なTさんは「高校生がえらそうなこと言うな」と話をそらそうとしました。

わたしは「えらそうじゃないよ、もう経験済みだもんね~」とついつい調子に乗って言ってしまいました。

その瞬間、えっという感じでTさんは真っ赤になり黙り込んでしまいました。
わたしも、あ、しまった、という気持ちで慌ててしまい何を言っていいのかとっさに言葉が出ずお互い黙り込んだまま、気まずい雰囲気になりました。

わたしは、まずいと思い「さ、そろそろ片付けて勉強しないと。試験で聞きたいことろもあるし。お茶いれるので部屋に行っててね」と慌てて立ち上がって、空気を変えようとしました。

Tさんも「そ、そうだよな」と笑顔で誤魔化すように部屋に移動しました。

お茶を入れて、わたしの部屋でいつも通りに勉強を始めました。
でも、なんかお互い意識してしまって空気がいつもと違っていました。

「じゃぁ、この問題といて」

いつものように問題を解いている間の黙り込む時間がとても長く感じました。

「・・・あの」

そのとき、Tさんが、言いにくそうに「Nちゃんの胸を触っちゃだめかな」と言って来ました。

「え・・・」

あまりにも突然の言葉に本当にびっくりしました。

「服の上からそっとだけ、その、Nちゃんの胸の形きれいだなと前から思ってて。それ以上何もしないから。あ、いや、だめだよね。ごめん、ちょっと俺どうかしてるな」

Tさんは真っ赤な顔で、首をふって「忘れて、ごめん、ホントごめん」と首をふりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

わたしは少しだまりこんだ後「服の上からだけ・・・だよね」と言いました。

Tさんは驚いた顔で、「え、ホントに?」と聞いてきました。

「服の上から・・・だけだよね」

「うん」

「じゃぁ、いいよ。そのかわり恥ずかしいから後ろからね」

わたしはいすをくるりと後ろに向けました。
心臓はドキドキしていました。
ゴクリとのどを鳴らす音が本当に聞こえてわたしの両脇からTさんの手が入り込みブラウスの上からガッチリとした手のひらで包み込みました。

手で感触を確かめるように、ギュっギュっと押さえ込む感じで何度も柔らかく胸を手のひら全体でもんできました。
そのまま10分はそうしていたように思います。
二人は黙り込んだままでした。
Tさんの息が少し荒くなっているのがわかりました。
わたしもその時点でドキドキしながら少し感じていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「・・・直接、触っちゃだめかな」

先生は背後から耳元に小さな声で話し掛けてきました。

「あの、それ以上はないから、大丈夫だから。だから、その少しだけだから・・・」

真面目なTさんの声はうわずっていました。
わたしはなんか可愛く感じてしまいました。

「・・・本当に少しだけだよ」と頷くとくるりと前を向きブラウスの前のボタンをゆっくりと外し、自分でブラのホックを外しました。

今度は向かい合ったTさんの手のひらがブラウスの間から入りこみブラの下から、もちあげるように胸の全体を包み込みました。
そしてそのまま先ほどのように手の平でゆっくりと胸を優しくもみました。
わたしは恥ずかしくて、目を瞑ったまま横を向いていました。
Tさんはしばらくそうやって手の平を優しくもんでいましたが徐々に手の平をずらして指で乳首をさりげなく押して刺激してきました。
わたしが顔を赤くしてそのまま抵抗せずにいるとわたしの反応を確認しながら乳首を摘んだり押したりゆっくりと刺激してそっと顔を近づけると、舌で乳首を舐め始めました。

「ンッ」

思わず横を向いたまま声を出してしまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

Tさんは徐々に激しく胸をもみ、チュパチュパと音を立てながら乳首をせめてきました。
わたしは乳首が性感帯ということもあり、この時点であそこが濡れているのを自分でわかるくらい感じてしまっていました。
Tさんの手が下着にのびてきました。

わたしは濡れているのが恥ずかしくて「そこはだめ」と足をギュッとしめて抵抗しました。

「大丈夫、下着の上から少し触るだけだよ」

Tさんが両手がももを開くと、力が強くてすぐに足の力が抜けてしまいすっと手の平が足の間に入り込みました。
Tさんの指が、下着のアソコの部分を撫でてきました。
ビショビショなことに気がついたTさんの手が一瞬止まりました。
そして確認するように、また何度も下着の線を指で押し撫で回しました。
押されるたびに液体が出てくるのが自分でのわかるくらい感じてしまっていました。
Tさんはますます胸を激しくせめながら下着の隙間から指をスッといれて、太い中指をアソコに挿入してきました。

「いやっ」

わたしは声を出して少し仰け反ってしまいました。
でもTさんはわたしの体にのしかかるようにして指を深く入れるとクイクイっと指をまげて、中を刺激してきました。
同時に別の指でクリトリスをギュッと押していました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

わたしはもう、頭の中がどうなってしまうかわからないくらい気持ちよくて、とけそうでした。
Tさんは、はぁはぁと息を荒げながらクチュクチュとわたしの中に奥まで指を挿入しましたもうわたしはいすの上で自分の体をささえれない状態でした。
Tさんは立ち上がるとわたしを抱きかかえてベッドに移動させて仰向けに寝かせました。
同時にズボンとパンツを脱ぐと、わたしの足を広げアソコにTさんのものを押し付けてきました。
Tさんのものは彼氏のものよりずっと大きくてわたしは恥ずかしながら、それだけでもう早く入れて欲しくてアソコがジンジンしていました。

「Tさん、コンドームだけはして・・・」

わたしは一番上の引き出しを指差すと「あ、うん」と手早く引き出しをあけ、あわてながらコンドームをつけてくれました。

ちょっと間をおいたことで向かい合うとTさんは覆いかぶさるようにわたしにキスをして激しく舌をいれてきました。
息ができないくらいガッシリとした重たい体と太い腕で押さえ込まれ抵抗ができませんでした。
胸を今まで以上に激しくもまれました。
そしてTさんは体をおこすと、わたしの中にググっとゆっくりと大きなものを挿入してきました。
彼氏のものとは全然違い太くて長く奥までグッと届いた瞬間に感じたことのないあまりの気持ちよさに大きな声を上げてしまいました。

「気持ちいい?」

Tさんは奥まで挿入したものをグッと強く押し付けたまま顔をのぞきこむように聞いてきました。
わたしは恥ずかしさと気持ちよさで顔を真っ赤にしながら頷きました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

するとTさんはもうこらえきれないといった感じでものすごい勢いで激しくついてきました。

わたしは、頭が真っ白になるくらい、もうどうしていいかわからないくらい気持ちよくてTさんの激しい突きにこらえても、「ンッ、ンッ、ンッ」と声が出てしまい二人同時くらいにあっという間にいってしまいました。

終わった後は二人とも呆然としてしまいました。

Tさんは、「ごめん、俺どうかしてて」と顔を真っ赤にしてこのことは二人ともなかったことにしようということになりました。
わたしも彼氏がいたしTさんも真面目な人だったので母の信頼を裏切りわたしに手を出したことを反省していたようです。

その後、しばらくは何もなかったようにお互いその話はしない関係が続いていました。
でも正直、わたしはTさんとのHが忘れられずその後、彼氏とHするときもTさんのことばかり考えていました。
それで家庭教師の日はいつもからだのラインが出る服やミニスカートをはいていました。
いかにもですよねw若かったなぁと思います。
先生はがまんしているようでした。

でも2ヶ月後、わたしが本棚の上の本をとろうと背伸びしていると突然後ろからTさんがわたしに抱きつき、胸を激しくもんできました。
そしてミニスカートを捲し上げてあっという間にパンツをおろし「もうがまんできない」と言うと後ろから激しく挿入してきました。
わたしは心のどこかでずっとTさんとしたいという気持ちがあったのであっという間にアソコが濡れてしまい、そのまま本棚に手を突きコンドームをしないまま立ちバックでHをしました。
別室の母に聞こえないようグッと声をこらえていたので余計に感じたのを覚えています。

そしてTさんの一人暮らしの部屋に通い時々Hをする関係になりました。
受験の後わたしも大学生活が始まり、Tさんも就職活動などで忙しくなり自然に疎遠になってしまいました。
あんなにドキドキしたHはありませんでした。
今でもTさんとのHを思い出すだけで、感じてしまいます。

以上です。
長い文章ですいません。
書き始めたら止まらなくなってしまいました。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 家庭教師の先生と

アナル見せつけ誘惑してくる 爆乳×でか尻×アナル舐めビッチ妻!

アナル見せつけ誘惑してくる 爆乳×でか尻×アナル舐めビッチ妻!

こんなどすけべ女に一度は出会いたい!欲求不満などすけべ妻と1泊2日でハメ倒す!出逢った側から尻アナ全開でアナル広げて男を誘って喰らうんです!夕飯のにんじんでオナニー!公衆トイレでバキュームフェラ!尻穴ぶっかけ!爆乳でか尻 […]

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ アナル見せつけ誘惑してくる 爆乳×でか尻×アナル舐めビッチ妻!

最後にキスを無理矢理して解放
画像はイメージです
この間埼玉の奥地の方に遊びに行きました。
その日は某キャンプ場に泊まることになっていました。
客は私以外に中学生くらいの団体が来ているだけでがらがらでした。

中学生は男女半々で全部で20人くらいです。
その中学生の中の一人に私は目を付けました。

黒髪ショートヘアで色白のほっそりした広末風の子です。
管理小屋のホワイトボードを見ると彼女達は昨日から来ていて明後日までいる予定みたいでした。


私は決行をその日の夜に決めて下準備を始めました。
彼女の泊まっているテントや女子トイレの位置、風呂の場所などを調べあげ、万が一の時のためバイクを入り口のそばに隠して置きました。

彼女のテントは緑色の家型テントでそのテントには他に4人女の子がいました。
4人いるのが難点でしたが各テントが離れているのが希望でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

夜10時になると、ようやく彼女らは夕食を済ませて就寝しました。
私は自分のテントの中でジリジリとしながらもじっと堪えていました。
彼女たちが熟睡するのを待っていました。
安全のために1時まで待つことにし、その間に彼女を犯す想像をしていました。

待望の1時になりました。
私は音を立てないようそっとテントから出て彼女のテントに忍び寄ります。
葉や木の枝はそんなに音を立てないのですが途中砂利道があり、多少音を出してしまいました。
起きてたりするかな、と不安でした。

なにしろ若い子はこういうときは夜更かしするもんだと思っていました。
だけど彼女らは寝ていました。
テントの裾をそっとあげて様子を見ます。

中は真っ暗で寝息が聞こえるだけです。
しばらく見ているうちに目が慣れてきました。
彼女は手前から二番目にいます。
シュラフを枕代わりにしています。

白い顔だけがぼやっと光っているようでした。
私はあらかじめ考えていた作戦を決行しました。
といっても彼女の股間部にペットボトルの水をかけてあげるだけです。

あとは外で待ち受けるだけ。
非常に簡単で安易ですが効果的です。
外のトイレの陰に隠れていると彼女は予想通り出てきました。
手に袋を持っているので、着替えようとしているのでしょう。

しばらく彼女を観察します。
私の予想ではトイレに入るか、洗面台にいくかです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女はトイレの方に向かいました。

股間のあたりが遠目から見ても張りついていて歩きづらそうです。
私は彼女の後ろからちかづくと優しそうに声をかけました。

「どうかしたの?」

驚いた彼女が振り向きました。

「あ、もしかしておねしょ?」

私は彼女に何かを言わせる前に先制しました。
そして視線を彼女の濡れた股間に向けます。
これで彼女はパニック状態です。

あとは「早く着替えちゃいなよ」とか言いつつ、女子トイレの個室に彼女を押し込み、「拭いて上げる」と言って彼女のパジャマのズボンを下ろしました。

白いパンティも陰毛を透けさせています。
彼女は私にされるがままでした。
顔を見ると赤くなって泣きそうです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

こんな所を見られて恥ずかしいのと突然夜中に知らない男の人に言い寄られて恐ろしいのが涙の訳っぽいです。

耳元で、みんなには秘密にしといてあげるから、というと泣きだしました。
どうやら私をとても怖がっているみたいです。
私は相手にしないで上着も脱がしてスポーツブラをずらしました。

細いからだに似合いの小さい可愛い胸です。
乳首に食いついてちゅうちゅう吸いました。
右手は彼女の縦て筋を弄り、左手でもう一方の胸掴みました。
トイレの中は細かい虫が飛び回っているし、ボットンで臭いのですが私は彼女の柔肌に夢中でした。

彼女の真白い肌は強く握ったり、ちょっと吸うだけで赤く痣が残ってしまうのです。
私は彼女を痣だらけにしてやろうという気になっていました。
首筋から頬に登って、肩におりて乳をしゃぶり臍まで彼女の上半身をいたぶり尽くしました。
そして段々と彼女のおまんこも濡れてきていました。

最初は全然だったのにいつの間にかパンティの上からでも分かるほどにグチグチになっていました。
よく彼女を観察しているとクリのところとかを指がなぞると微かにピクッと反応しています。
彼女は密かに感じていたのです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は、エッチなんだね、と囁きパンティの中に指を入れました。
生で触る中学生のおまんこは熱い液がぬるっとしていて指もするっと入ります。
中を思いっきり掻き回してやり、乳首も舌で潰してやると「はあぁ・・うぁ・・」とか声を出し始めました。

そのいやらしい可愛い声を聞いて私は我慢できなくなりついに彼女を犯しました。
彼女は処女ではありませんでした。
全く手応えなく私のチンポが入ってしまったのです。
焦って中途半端にしか下ろしていなかったパンティのせいでやりにくかったです。
彼女を壁に押しつけて叩きつけるようにして犯しました。

ゴムなんかつけていないので彼女の熱い肉の感触が直に伝わってきます。
私はずっと入れていたい、彼女を犯し続けたいと思いました。
が、あっという間に彼女の中に射精しました。

私が射精し終わっても彼女は目尻に涙を浮かべ、激しく息を吐きながらぐらぐら揺れていました。
私は射精が終わってもしばらく抜かないでいました。
彼女は全身を真っ赤に染め抜いて汗でまみれていました。
彼女の身体のあちこちに、犯しているときに私が力を入れて掴んだりしたので手形が残っていました。
キスマークも友達と一緒に風呂に入れないくらいについています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その後、落ち着きを取り戻した彼女を宥めつ脅しつしてフェラをさせ、色々聞き出しました。
初体験はこの前彼氏とした、今までのセックス回数は2回だと言っていました。
悔しかったので彼氏じゃない人とエッチしちゃったねええ。

しかもあんなに感じちゃってさあ。
と意地悪く言うと、ガクッとうなだれてしまいました。
年は14だそうです。
名前は意地でも言おうとしませんでした。
ちょっとこずいても言わなかったので諦めました。
最後にキスを無理矢理して解放して上げました。
(キスも凄く嫌がった)

ホントはもっと滅茶苦茶にしてやりたかったのですが、私は年のせいで一回が限度だったので諦め、暗いうちに逃げるようにしてキャンプ場を立ち去りました。
色白が美少女の一要素と考えている私には95点の獲物でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 最後にキスを無理矢理して解放

ターザン岸本ゆめの画像

ターザン岸本ゆめの画像

1: 名無し募集中。。。 2022/11/24(木) 11:31:23.94 0 本日発売「#Tarzan」#つばきファクトリー #岸本ゆめの が登場!https://t.co/igLRmlkUlr チェックお願いします […]

元スレ:https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1669257083/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ ターザン岸本ゆめの画像

俺はキスもしたことがなかった
画像はイメージです
自分の中3の時の出来事を書きます。

俺と彼女(Iさん)が出会ったのは中2の冬。
彼女は学年が1つ上で僕とは縁のなさそうなイケイケのギャルです。
そして俺は本当に普通の、顔も無難な男でした。
彼女は音楽関係の部活、俺は野球部でした。

そろそろ彼女が欲しいなと思っていた僕は、女関係が激しい友達に「誰か紹介してよ」と言ったところ、「いいよ、じゃあ1コ上のK・I紹介してやるよ。3年で一番可愛くて、しかもやりマンで男好きだからすぐやれるよ」と言ってきた。

「いや、そういうのいいから」と断った。

が、相当飢えていたので紹介してもらう事に。
そして「お前は手出してないよね?」と聞いた。

「やろうって言われたけど、大丈夫w」と友。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

当時、携帯を持っていなかった俺は、PCでメールをすることにした。

「こんにちわ。・・・から紹介してもらったHです」と送った。

ドキドキして返事を待つ。
すると10分後くらいに「初めまして!よろしくね☆」みたいなメールが返ってきた。


「先輩方のアイドルとメールしてる!」と変な優越感に浸っていた。

メールだと強気な俺は色んなことを聞いた。
趣味、好きなタイプ、下ネタwなど。
彼女はタバコを吸ってるし、髪も茶髪らしい。
うちの学校にはそんな人は結構いたので、やはり顔までは見当がつかなかった。
彼女はとにかくエロイ。
保健室、トイレでもやっていたらしい。

メールでは「やりすぎだよ。あんまやんなよ、自分の体を大切にしようぜ~」みたいなことを言っていたが、「うわぁ自分にこんなこと語ってる!!」という気持ちから、軽く興奮していた。

それから会う事もなく、というより会う勇気もなく、メールをしまくる日々が続いた。
相談も受けたし、こっちもした。
信じられないほど、絆が深まってると実感していた。
もぅ会わないで、このままでもいい。
という気持ちさえ芽生えていた。
そうしているうちに、受験シーズンも終わり、先輩の卒業式が近づいていった。

卒業式・・・。
これでIと会わずに終わるのか。
それもいいのかなと思っていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

正直顔はみときたかったなぁと思っていた最中、彼女を紹介してくれた友Rが「おい!次I来るぞ!」と慌てていた。

「何?えっ?」と僕。・・・「そうだった!卒業式は個名を一人一人よばれるんだった」と思い出し、視力を限界まで極め、凝視した。

「K・I」

「はい!」
と返事をする彼女。

顔はとても可愛かった。
黒い髪で(卒業式なので戻したらしい)、めがパッチリしてる。
芸能人でいうと、、鈴木えみの背を162cmくらいにした感じ。
僕は一目ぼれだった。
しかしお互いをかなり知っているので妙な親近感があった。
無事に卒業式が終わった。
彼女は泣いていた。
友達と抱き合いながら「ぅあ~ん」みたいな声を出して。
その姿がとても愛らしく、ギャルというイメージはふっとんだ。
かなり盛り上がっていたので、お邪魔なうちら2年は下校。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

が、そのとき、タメの女子が「H!!I先輩が探してるよ!」といってきた。
心臓が破裂しそうになっていた。

「hうgqwbc。いlr!!!」みたいなw彼女はまだ泣きながら「H~どこぉ~(;´∩`;)」と徘徊していた。

俺との距離は3mww俺の心境など知らない女子が「H先輩!!ここ!」と俺を指差し、捕まえている。

「何でH先輩があんたの事探してんのぉ?」と聞いてきたがシカト。

それどころじゃない。
そして、、「やぁっと会えたねぇ~アタシI。改めてヨロシクね」とI。

「うん・・・よろしく。とりあえず、これ使いなよ」とグチャグチャのポケットティッシュを手渡す。

「ありがど~~」と泣きながら鼻をかむI。

15分くらい友達の女子に繋いでもらった。

そして、「あたし行かなきゃ、、またメ~ルするね!あっ、最後に写真とろうよ!」とI。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あたし撮ってあげるよ!」と女子。

俺の腕にくっついて、笑顔で写真をとった。
おれはさっきから相槌しかしてないw

これは夢だったんじゃないかと思いながら家に帰り、メールの受信BOXをみると、「今日はありがと!あえて嬉しかった。
これからもよろしくね!」と入っていた。
Iからだ。
俺は今しかない!!と変な確信をし、思い切って告白した。
ダメもとで。

すると「うん・・いいよ!」となんとOK!!!俺はガッツポーズをし飛び上がった。
今度会うことになった。

俺は中3になり彼女は高1。
落ち着いてきたので会うことに。

「あたしんちでいいよw」とI。

期待で胸膨らませ公園で待ち合わせをした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女は高校の入学式の帰りで、俺とおち合うという感じ。
俺が家からでると雨が降ってきた。

「I、傘もってねぇだろうな」と思い、ビニール傘を1つ持っていった。
5分くらい待つと彼女がやってきた。

「雨でびしょびしょだよ~」とI。

「大丈夫?はい傘」と俺。

「ありがとぉ。あたし高校でいきなり髪が茶色いとか言って注意されたし!マジ・・・」などと愚痴を聞きながら彼女の家に向かった。

家に着き、彼女の部屋に入った。
めちゃくちゃ汚い。
ブラジャーやらパンツやら飛び散っていた。
これは俺を誘っているのか!?と勝手な想像をしていた。

「今日ねぇ~、いきなり課題だされたのぉ。H、頭いいんだから、一緒に手伝って♪」とI。

めんどくさいが、OKせざるおえなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

今日はとりあえず、国語をやることにした。
簡単な漢字も分からないI。
ほとんど俺がやった。
そして、とても難しい問題が出てきた。

「できねぇよコレは」といったら、「じゃあさ、これできたらチュウしてあげる」といってきた。

俺はチェリー、そしてキスもしたことがなかった。
脳をフル活用して問題に挑む。
(誰だよ俺w)

そして「できたよ」と言い、答えを確認する。
Iは「おぉ~合ってるよ!ご褒美あげなくちゃね」と笑い、目を瞑って「ん!ん~」と口をほんの少し尖らせてきた。
俺は一回ブレスケアwこんなこともあろうかと爽やか吐息をいそいで噛み砕く。
そして・・・GO!最初はフレンチな感じだった。
が、経験豊富なIは未経験な俺の口に舌を入れてきた。
俺の股間はジーパンに痛いほど反抗している。
静かな部屋にDEEPの音が響く。

「んっ、んっ・・・」ピチャピチャと、もぅめまいがするくらいエロイ音が響いている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

40秒くらいした後(終わり際が分からなかったw)に、お互い抱き合った。
そして「H、口辛いww」とI。

「爽やかだった?」と意味の分からない弁護、俺。

彼女の部屋にはロフトがある。
そこでいつも寝ているらしい。
俺はやりたくてしかたなかったので「俺、眠くなってきたから寝るね」と、普通は女の子から言う言葉を俺から言ってしまった。
情けない↓

「いいよwあたしも行く」とI。
彼女は音楽をかけた。
バレエでよく流れる、協奏曲だ。
(彼女はバレエを習っている)

もぅこれがチャンスだと思った。
そして布団に潜る俺達。

そこでまたDEEP。
抱き合ったまま、AVでみたように胸を揉む。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「あっ、はぁ」と初めて女性の声を聞いた。
服を脱がし、(俺はなぜか全裸w)

ブラジャーがとれないで苦戦していると「違うよwこうだよ」と自分でとってくれた。
目の前に鈴木えみ似の彼女の生のおっぱいがある。
左を舌で攻め、右の乳首を指で摘まみ、転がすと硬くなってるのが分かる。

「ああっ、、はぁはぁ、んんっ」と体をくねらせて喘ぐ彼女。
経験豊富な彼女が、チェリーな俺の行為で、感じてくれてると思うととても嬉しかった。
ここまでたどり着いた俺、長かったなぁ。


愛(もう本名言っちゃいます!)の顔が火照ってきた。

俺が「下もいい?」と聞くと「・・・うん・・」と答えた。
スウェットを脱がし、パンツの上から手をもぐらせてみると、とても熱く、ヌルヌルしていた。
豆くらいの、出っ張った部分がある。

そこを親指で転がし、中指でアソコに入れてみると、「ああぁ!ぃい、はぁはぁ・・・いぃよぉ・・」とブリッジ状態になっている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

人差し指も入れて、乱暴に掻き回す。

「はぁっ!んんん~~・・・いぃ・・はぁはぁ・・・」と喘いでるところにDEEP。

「んん~んん~・・・はぁはぁはぁ~・・・ああぁっ」とDEEPどころじゃないらしい。

たまらなくなり「いれるよ・・・」と聞くと「早くゥウ・・・」と愛。
パンツもビショビショ、アソコも真っ赤に腫れ上がっている。
息子をアソコにあてがると、スルッ!と呆気なく吸い込まれた。

「あああ~!ヤバイ出そう・・・超気持ちィ・・・」と俺。
するとヒクヒクとアソコを締めたり緩めたりしてくる。

「・・・今度はアタシ♪」と俺が下になり彼女が上に乗る形になる。
騎乗位だw俺は何もわからないので動かないでいると彼女は腰を振ってきた。

「あっあっあっ・・・はぁはぁはぁ。ん~」と感じている。

いきそうだったので「待って」と言い彼女を寝かせる。
そして正常位になり俺から攻める。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「あん・・・あ・・ん・・・はぁっはぁっ・・・あああああぁぁぁイイ・・・」
「ヤバイ。もういっていい?・・・」
「あっ・・あっ・・・メッチャ気持ちいぃよぉ・・・」

シカトかよ!wと思い「もぅいくよ!んんんん・・・」

無我夢中で腰を振る俺。

「いいよぉ・・・愛ん中に出して。ああああぁぁぁっ!あっ!はぁはぁ・・・んっ・・・」
「あっ。んっ、、、中に・・・出しちゃった。はぁはぁはぁ」
「ぅん、、ぅん、、・・・気持ちいい~・・」

愛はぐったりしている。
おれは自分のモノをティッシュで拭き、愛から流れ出るものも拭いた。

「あっ、ありがとw・・」と恥ずかしそうに言った。

「俺上手かった?」と聞くと、「下手くそ・・・」と愛。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「立てる?」と聞くと「無理w」とはにかんでいる顔がとてもいとしくて、キスをした。

その後、彼女はバレエがあるので駅まで送っていった。

「フラフラで踊れなかったら許さないかんねw!」と愛。

「知らないよw」と俺。

初めて体験談を書いたんで、長かったらすみません。
彼女とは今でも連絡はとっていますが、あれが最初で最後のSEXでした。
あれから2ヶ月くらいあと、俺たちは高校生、中学生で会う暇がないという理由で別れました。
読んで頂きありがとうございました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 俺はキスもしたことがなかった

【画像】人生で初めてオナホ買ったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【画像】人生で初めてオナホ買ったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/11/25(金) 02:08:58.694 ID:/dbdX9P40 どう? 2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/11/25(金) 02 […]

元スレ:https://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1669309738/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 【画像】人生で初めてオナホ買ったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

スーパー銭湯で、年下の男の子に手コキしてあげた
画像はイメージです
24時間営業の某スパ銭系のお店で働いてた頃のお話。

普段は男湯の清掃は年配のおばあちゃんが担当するんだけど、欠員が出て私(20代後半)が応援に出ることに。

田舎で平日夜中の4時前くらいだから、ほとんど人も入ってない事が多いんだけど、その日は奥の露天の方に人影があったんです。

「すいませーん、これから清掃の時間なんですー」

呼びかけると、その彼(20歳くらい?)はどうも湯船でうつらうつらしてたらしくて、「あ、ごめんなさい。今あがるんで・・・」と湯船から立ち上がりました。
まあそこそこ可愛いマスクにそこそこ締まった体、で、そこそこ立派なナニをぶらさげてまして・・・。

「眠っちゃうくらい気持ちよかった?だったらいいよ、もう少しくらい浸かってても」

「んー、じゃこんな若くて綺麗なお姉さんと居られんならもうちょっと長湯しよっかな・・・」とかなんとかぬかしやがるw

「お姉さん、いつもここの掃除しにくるの?なんか俺リピーターになっちゃうかもなー・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


・・・みたいな具合に相変わらず妙なヨイショかましてくるんで、結構会話なんかも弾んじゃって、こっちもつい調子に乗って、「ところで君さー、そのぶら下げたまま隠そうとしないナニは、もしかしてお姉さんを挑発してるわけ?」って持ってたデッキブラシの柄で、それをつっついてみたわけ(←バカ)。

そしたらそれがピクッとしてなんか反応するわけですw。
なんだか面白くなってきちゃって「うりうり」なんて責めてると、彼の方も満更ではない様子で、みるみるうちに立派になっちゃって、もう上を向いてそそり立っちゃって、もうおへそに付きそうなくらい。
いやあ、若いってのは素晴らしいなとw。

「困ったなあ・・・内風呂とか更衣室にも掃除の人いるでしょ。これじゃちょっとここから出らんないなあ・・・」

・・・と、物欲しそうな顔の彼。

「お姉さん、ちょっと小さくするの手伝ってくれない?」

「んー・・・(ちょっと考えるふり)ま、仕方ないか」

内風呂から死角になる位置に彼を招き寄せて近くでその立派なものを見ると、全然萎える様子もなくて、血管が脈打ってるのもわかりそうなくらいの勢いなんです。
色はきれいなピンクで、形よし、大きさよし。
あまり使い込まれてはいないのかも?
意外に性の方面に関しては経験不足と見た。

私がそれを軽く握ってやると、彼は「うっ」と小さくうめいてえらくご機嫌なご様子。
彼の後ろに回って右手で彼のペニスをしごき上げ、左手で袋のほうを弄びながら、わざと胸を彼の背中に押し付けるようにしながら彼を追い上げます。

「気持ちいい?」
「すごく・・・いいよ・・・お姉さん・・・っ」

「朱美でいいよ、君は?」
「・・・ミノル・・・あ・・朱美さんっ・・俺、もう・・・くっ・・・」

彼の耐える表情が結構可愛いんで、私の中のSな血がなんか騒ぎ出してしまいまして、もう最初の目的も忘れて楽しんでる私。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ミノル君を限界近くまで追い込んどきながら「え?まだまだ大丈夫だよね?まだ擦り始めたばっかだもんね」とか白々しいセリフ吐いてみたりw。
腰、尻、胸の骨格とか結構たくましいミノル君ですが、か弱い女の右手1本で完全に骨抜きに。

限界近くまで追い込んでは緩めるという緩急を交えた攻撃に息も絶え絶えです。
このミノル君は見るからにMっぽい男と違って、普通の感じのいい若いコなんだけど、そういうコが目の前で喘ぎ声を噛み殺しながら耐えるのって(考えてみたら別に耐えなくたっていいんだけどw)、個人的に萌えストライクゾーンど真ん中なんで、なんかもう私のほうまでクラクラしてきちゃって。
そんなこんなで彼のほうも、もう限界な様子。

「うっ・・・朱美さん・・・俺・・・もう限界だわ・・・ごめん・・・っ」

なにも謝るこたあないのに、もうこのコったら可愛いんだからw。

「いいよ、思いっきり出しちゃっても。ほら、ほら!」

私はもう思いっきり彼のモノを握り締め、スピ-ドを上げてしごきたてる。

「ううっ・・・んあっ・・・朱美さ・・・んっ・・・朱美さん・・・くっ・・・朱美さんっ!!」

私の名を呼ぶのと同時に彼はぎゅっと目を瞑って身をこわばらせ、一瞬遅れて彼の射精が始まった。

ドクッ・・・ドクッ・・・ドクッ・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私の右手の中の彼のペニスは今までの鬱憤を晴らすように脈打ち、その度に大量の精液が虚空に撒き散らされる。

「うっ・・・んっ・・・あぁっ・・・くっ・・・むんっ・・・うぅっ・・・」

彼もよほど気持ちがいいのか、精液を発射するたびに喘ぎが漏れるのを止めることができない。
私も右手を止めずに左手で彼の腰を支えつつ、溜まったものを全て吐き出させてやる。
永遠に続くような勢いだった彼の射精もやがて弱まり、収まった。
と同時に、二人して床にへたりこんじゃったわけ。

「いっぱい出たねー。見なよ、もうちょっとで露天風呂に届いちゃうとこだったw」
「うん・・・気持ち良過ぎて死ぬかと思ったw」

「ちゃんと掃除しとかないとね」
「俺も手伝うから」

「いいの、いいの、後は朱美お姉さんに任せてキミはちょっと休んでて」

で、私が後始末してると、ミノル君が後ろから・・・。

「朱美さんさあ、今日何時ごろからなら抜けられる?俺、ここのホテルに部屋とって待っててもいいかな?」

「んー・・・(ちょっと考えるふり)」

この後はまた別のややこしい話になるんで、またの機会に。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか スーパー銭湯で、年下の男の子に手コキしてあげた

【画像】こういう色白スレンダーえちえちグラビアアイドル

【画像】こういう色白スレンダーえちえちグラビアアイドル

1: 風吹けば名無し 2022/11/25(金) 00:12:32.65 ID:/7owDih7M いいよね 3: 風吹けば名無し 2022/11/25(金) 00:13:22.70 ID:ad+tsS2x0 スレンダー […]

元スレ:https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1669302752/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 【画像】こういう色白スレンダーえちえちグラビアアイドル

放課後の教室で彼女とエッチした思い出
画像はイメージです
学校でしたエッチ話を思い出したので書いてみっか。

相手はその時の彼女で深津絵里似。
152cm、40kgのCカップ。
髪は染めてなく肩ぐらいのちょっとマジメ入ってる感じ。


高3、11月の放課後(PM4時頃)。
彼女とは1年前に初エッチ。
彼女は俺が初めて(彼女の自己申告。事実はわからん)。
俺は彼女で3人目。
(彼女じゃなんかつまらんので「絵里」としとくか)

椅子に座る俺の上に絵里が後ろ向きで座りゃ、まずは自然と首筋にキスするわな。

「やん」なんて声聞くと余計萌えて、ブレザーの上着に手を忍ばせてシャツのボタンを2つ外して片手を入れると、「ダメ!」と絵里。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

遠くで部活の声がする中、時々廊下を人が通る声が聞こえると、2人とも静かに黙ったりしながらまた首筋から耳に舌を這わす。
シャツの中の右手はブラをずらして乳首を摘んだりして弄び、左手は太ももを撫でながら徐々にスカートの中へ。

その時、すでに絵里はハァハァ状態。
腿から奥に手を入れていくと自然と足を広げる絵里。
振り向かせながら舌を絡め合わせつつ右手は乳首を責め、左手はすでにしっとりしている下着の上から優しく縦にナデナデ。

左の中指で下着をずらし、トロトロになったクリを撫でると絵里はビクッとしてより強く舌を吸ってきた。
絵里はイキやすい体質みたいで特にクリが弱い。
たぶん小さい頃から一人エッチはしてたんだと思う。
(本人は違うと言い張っていたがw)

エッチモードにスイッチが入ると絵里は妙に色っぽくなって、いつものマジメちゃんから豹変する。
こんな絵里の一面を知っているのは俺だけだと思うと余計萌えた。

体勢を変えて膝の上で横向きにさせ、もう一つシャツのボタンを外しブラからはみ出ている乳首に吸いつく。
今度は右手の中指を中に入れ、ゆっくり優しく掻き混ぜると俺の頭にしがみつきながら、「あぁ・・・」と。
片手で口を押さえて声を出すのを必死に堪えてる絵里が可愛い。

やはり場所が場所だけに制服や下着を脱がせられない。
もしも誰か来たら、まぁイチャついてた程度に抑えたいし。
もちろん声もあくまでも静かに。
下着は脱がさず、ズラシが基本。
このシチュエーションが萌える!萌える!

指を2本にして絵里の弱い部分を責めると首を振って、「ダメダメっ」と苦しそうに言ったので一度休憩。
ふやけて濡れた2本の指を見せると、「ヤダッ」と言ってポケットからハンカチを出して拭いてたw

絵里が自分ばっかり気持ち良くなって悪いと言うので、フェラしてもらうことに。
立ちながらカチカチになったモノを出すと、絵里はしゃがんで恥ずかしそうに照れ笑いするとパクッと咥えた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺の部屋なんかでここ一年教えてきた絵里のフェラはなかなか上手い。
もう暗くなりつつある教室でしゃがみながら、時々上目遣いのフェラはたまんない。
そのまま口に出しても良かったんだけど、やっぱり下の口に入れたい!
さすがに断られると思ったけど聞いてみると、「いいよ・・・」と意外な答え。
学校のトイレで絵里とは前にしたことがあるけど、さすがにまだ教室は無かった。

「でも・・・誰か来たら・・・」と心配そうな絵里。

「じゃあ下着だけ脱いで」とやけに冷静な俺。

絵里は恥ずかしそうにササッと下着を脱いでスカートのポケットにしまい込んだ。
机に手をつかせてスカートを捲り、後ろからゆっくりとトロトロになってる絵里の中に入れる。

「んんっ・・」と必死に声を我慢してる姿がたまらなかった。

あまり速く動くとガタガタと机が音を立てるのでゆっくりと出し入れする。
色白の絵里のもっと白い尻を掴み、いきり立った自分のモノがヌラヌラと濡れながら出たり入ったりを見ながらするのは俺を余計に興奮させた。

いつも絵里とのエッチではフィニッシュが7対3で正常位よりもバックが多い。
もちろん俺がバックが好きなのもあるけど、口では言わないが絵里も後ろからが一番感じるらしい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

最初は手をついてた絵里も片手で声を抑えながら机にしがみつくように胸から潰れた感じになった。
するとますます絵里の好きな部分にカリが当たる体位になり、あっという間にヒクヒクと膣が痙攣してイッてしまった。

俺はそれを確認するとピストンをスピードアップして、机の音も気にしながらイク寸前に抜いて絵里の尻に出そうと思った瞬間・・・。
抜いたと同時に放出したため、俺のDNAは隣りの奥村の机の上に見事着床。
絵里はハァハァしながら立ち上がると俺にしがみついてきたので優しくキス。
・・・なんて余韻に浸ってる場合ではないので、チャックを閉め、教室の端にあった雑巾で奥村の机を拭くと、ますます広がって塗りたくってるようになったので、一度水で雑巾を流してから3回ほど拭いたら、まぁわからなくなったので良しとしたw

絵里は空気(エッチのニオイ)が気になったらしく、窓を全部開けていた。
辺りはすっかり暗くなり、部活帰りの声が遠くで聞こえてた。
絵里は「ビショビショで気持ち悪い」と言ってトイレに行き、良く拭いてから下着を穿いたと、手を繋ぎながら帰った帰り道で恥ずかしそうに教えてくれた。
そんな横顔がとても愛らしかった。

今は絵里も他の男と結婚して二児の母になったと風の噂で聞いた。
今となっては懐かしい思い出だなぁ。
そして最後に・・・。
スマン・・・奥村。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 放課後の教室で彼女とエッチした思い出

【画像】Twitter男子「女装してみました~😄」WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

【画像】Twitter男子「女装してみました~😄」WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

1: モザイク処理してください ◆OHkAckyBxBCh 2022/11/22(火) 23:27:42.170 ID:S+xWPaJ6r 3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/11/22(火) 2 […]

元スレ:https://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1669127262/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 【画像】Twitter男子「女装してみました~😄」WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

彼氏がいるSを俺が寝取るまで
画像はイメージです
もう結構前の話。
俺は工場勤務、入社7年目で結構教える側にいた。

当時ちょうど求人募集をしていたようで新人が3人入ってきた。
二人は男だがもう一人は女だった。

それぞれ一人ずつ自己紹介が行われ、男はどーでも良かったが女はしっかり聞いた。
女は大人しめの雰囲気で顔も今時珍しく白く(当時はガングロが流行っていた時期)体系も標準なキレイ目な女。
だった歳は俺よか3つ下だった。
よくこんな子がこんなとこを選んだもんだと驚いた。

そして新人一人一人に担当者が付けられる事になった。
そして偶然にも俺がその女の子に着いた。
女はSという。

その時は何の感情もなかったんでラッキー!とも思わなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

周りからはうらやましがられたが。
工場にはほとんど女子はおらず、いてもおばちゃんだったりする。
色気のない職場だ。
早速Sと仕事に入る。
仕事は単純で危険性は全くない、なんで俺はテキトーに教えながら軽く仕事外の話もした。
その方がSも気が楽になると思ったからね。

Sはノートにメモを取りながらきれいな歯を見せながら可愛く笑っていた。
初めて「可愛いな」と意識した。
まあ仕事中は作業着だったしエロさは全く感じなかったけど。
昼の食事も二人でとった。
うちの工場は個人個人昼時間が違うんだ。
だから誰の邪魔なくSをほぼ独占できた。
Sも俺になついて来てたし。
そんなこんなで一週間が過ぎようとしていた頃、Sに初めて見せる建物の見学に行った。
そこでは製品になる物の最終チェックが行われていた。
Sも興味心身で見ていた。
そこで俺はある機械が出す音のことをSに振った。
それはある過程で「クチュックチュッ」となるものだった。

「あの音エロくねぇ?」とSに聞いてみた。

Sに対して下ねたは初めてで、どんな反応が返ってくるのは楽しみだった。

Sは「えっ?はは・・・」と流した。
俺はこういう話題好きじゃないのかと思い、その日は何事もなく思った。
次の日Sについてもっと深く聞いてみた。
彼氏がいること、この仕事はお金が良いからとか。
ついでにメアドもゲットした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺はこの時点で、Sに惹かれてたんだな。
でも彼氏がいると聞いても、二人でいつ時間が長いせいか嫉妬はなかった。
むしろ彼氏がいるのに俺がSにエッチなことしたら・・・とか想像し、彼氏に対し優越感にひたっていた。
俺はSを落とすことにした。

研修期間は3週間、それを過ぎるとSは一人歩きで仕事をする。
もう半分近くまで終わったいるので俺はあせってた。
早速飯を誘った。
しかし二人だと彼氏に悪いということであっさり断られてしまった。
ちょっとショックだ。

次の日は台風の影響で大雨、いつも電車出勤だが車で出勤した。
Sに会ったとき髪が濡れていた。
その日は台風の話題で誘うどころじゃなかった仕事も速めに終了、俺は車に乗り帰ろうとした。
その時Sはどうしてるのかと思いメールしてみた。
Sは会社の玄関で立ち往生とのこと。
他のやつらもいるらしく、俺は玄関から見えない位置に車を止めSだけを呼び出した。

Sは相当困っていたらしく何の疑いもなく助手席に乗り込んだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

S「すみません!助かりました。でも他の人たちはいいんですか?」
俺「いいよ、あいつら全員乗れないしさ」

そいつらから逃げるように会社を後にした。

俺「どうせなら飯でも行こうよ、変なことしないし、俺だったら彼氏にばれないでしょ?」

Sは送ってもらうことに恩を感じたのか「じゃあ、いきます」と笑顔で答えた。
俺は心の中でガッツポーズ!
さらにエロモードスイッチON!!
話し合ってSの家よりの居酒屋に入った。

会話からSはお酒がすきと聞いていた。
案の定酒の飲めない俺(車なんで)に気を使いながらも酒を注文。
席はカウンター席だった。
始めてみるSの私服姿にコーフンしつつも冷静を装い飯を食う。
Sは3杯くらい軽く飲んだ。
顔はいろっぽく赤みが差してきた。
俺はSの体に障りたくなって仕方なかった。
腰に手を回すくらい平気だろうかなどそっちばかり考えててSとの話は上の空。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


それに気付いたのか「すみません、つまらないですか?そろそろ帰りますか」。

俺「そんなことないよ、楽しいよ」
S「そうですかぁ?さっきから相槌ばかりで・・・」
俺「そーだっけ?」
・・・と、とぼけるが、本音は早くここを出てホテルでやりたい。
こればっか。

結局、店を出ることに。

S「じゃあ私がここからは案内しますね」
俺「じゃあ頼むよ」

S「ここを出たらまず右です」

わざ直進する俺。

俺「あっ!わりぃ、間違えた!」
S「大丈夫ですよ、次ぎ曲がれば同じですから」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


心で舌打ちする俺。
しかしSの言うとうりに走っていくと次第人通りがなくなった。

俺「ほんとに合ってるの?」
S「すみません、あまり車で帰ったことないんで・・・なんか間違ったみたいです」
へこむS。

一旦道路わきに車を止めた。
Sは電柱の住所を見てくると出て行った。

一人になった俺は顔がニヤニヤだった。
自らこんなおいしい形に持っていってくれるとは!
ちなみにSの服装は上がキャミソールに半そでのカーディガン、下がすねまでのパンツだった。
Sは雨に濡れていたが俺に悪いと思ったのかなにやら必死だった。

俺「さむくない?大丈夫?」

俺は拭くものがなかったんで、後部座席にいつも置いてあるジャンバーを渡した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「S、そんな必死になって可愛いな」思わず言ってしまった。
S「はは・・・」

また可愛くわらうS。
たまらず抱きしめてしまった俺。
抱きしめながら後戻りは出来ないと覚悟を決めた。

S「ちょっ!Tさん!(俺ね)」
俺「前からこうしたかったんだ」

さらに強く抱きしめる!

S「・・・でも私には彼氏がいるんです」

抵抗はしなかったけど心の抵抗は受けた。
俺は首に吸い付いた。
体が冷えて俺の唇が温かかったせいかSは「あっ」と声を漏らした。

S「だめですっ・・・本当のだめ!イや!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

嫌がって体を引き離そうとするが体質的にサドな俺は大興奮!

俺「Sのこと好きなんだ」

さらに耳を舐める俺。

ついでに胸に手を伸ばし揉みまくる。
Sも次第に息をあらたて抵抗も少なく力が入らなくなってきた。
そして唇にキス!
まじうれしかった!!
舌をいれてみた。Sも舌で絡み返してきた。
あきらめたのか、気持ちよくなったかは知らんがその時は既に抵抗無しだった。

俺「魅力的て我慢できなかったんだ、1回で良いから。ねっ?」

パンツの上から割れ目をなぞる。

S「はぁはぁ・・・」無言。

俺はOKサインだと思いシートを倒す。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


横にしたSに再度Dキス。
わざと音を立ててやった。
Sも「んっ・・・んん」まんざら嫌でもないらしい。
そしてキャミソールを巻くりあげブラの上から揉みまくり、腹を嘗め回した。
Sは身を捩じらせながら声を押し殺しているようだった。
その気ずくとブラが外れていて、小ぶりで乳首が小さく色もきれいな張りのあるおっぱいが出ていた。
俺は数秒直視。

Sは「はずかしい・・・」と手で隠した。

俺「かわいいね、きれいだね」

Sは目を閉じて横を向いてしまった。
俺は手をどけ優しく乳首を舐めた。

S「くっ!」

感じているのか唇をかみ締めて耐えている。
俺はサゾの血が騒ぎ今度は激しくむさぼりついた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

車内は「ぶちゅっ!ちゅぱ!じゅるっ!」みたいな音で盛り上がっていた。
Sも次第に「くはっ!あぁ・・・だめぇ」と声を出すようになった。

俺はSが自分からエッチしてくださいとお願いしてくるまで、じらして責めまくろうと思った。
だからマンコはパンツの上がら刺激を与えるようにした。
ややもう熱く湿っているのがわかる。
俺は息子をSに擦りつけ耐えた。

Sは絶対俺の息子を触ろうとしなかった。
ちょっとむかついた俺はSに舐めるよう指示した。

S「それは彼氏に悪いから・・・ごめんなさい」

腹の立った俺は自分で全裸になり、それを怯えながら見ていたSの顔に、ビンビンの息子を無理やり口にあてがった。
Sは口を堅く閉ざし拒否していた。
Sのきれいな顔は俺の我慢汁で汚れてた。

さすがに悪いと思ったので
「じゃあしごいてよ」
Sは黙ってしごき始めた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


自慢じゃないが他人にしごかれてもあまりいかないタイプなんですぐに行かない自信があった。
しごかれている間、Sの胸、尻をもみまくった。
再びSの息づかいもあらあらしくなってきた。
そして再度パンツの上から割れ目をなぞると、

S「あっ!」

Sの手がとまり俺の手を押さえた。

俺「どーした?」
S「・・・ちゃんと触って・・・ください」

俺は来たー!!と思いながらも冷静に「じゃあ自分で脱いで俺の前で足広げて」と意地悪をいった。

Sはうつむきながら脱ぎだした。
下着にははっきり分かる濡れたしみがついていた。
Sは恥ずかしいのか手でマンコを隠し体育すわりをした。
それが精一杯なんだなと察した俺はSを倒し足を広げた。
マンコは濡れていて毛が乱れたいた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は指で割れ目やクリトリスをさすってSの反応をうかがった。

S「いぃ・・・あっあっ・・・」

Sはジャンバーで顔を隠しながらもだえてた。
速度を速め中指をその勢いでSの穴に挿入!激しく突く俺。

S「あぁぁー!!」

悲鳴にも似たような声をあげるS。
穴も度々ぎゅっと締まりマン汁も量を増す。

S「あぁー!どうしよう!いっちゃうぅ!!イクイクー!!」

体をビクビクさせSは逝ったらしい。
あの大人しそうなSからは想像も出来ないやらしい言葉。
俺はマン汁を刺激しないよう舐めてあげた。

S「Tさんすごく気持ちいです・・・なんだかはずかしいです」
俺「今度は俺に尽くしてよ?」
S「はい・・・」

俺はSの前にややしぼみかけた息子を出した。
Sは嫌がらず口にくわえた。

その時の満足感は忘れらんないね!
息子もすぐ反り立ったし。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 彼氏がいるSを俺が寝取るまで

【画像】小さすぎるビキニ着てポロリしちゃってる女の子

【画像】小さすぎるビキニ着てポロリしちゃってる女の子

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/11/24(木) 04:08:13.340 ID:v2NZZf2e0 エッチ 2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/11/24(木) 04 […]

元スレ:https://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1669230493/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 【画像】小さすぎるビキニ着てポロリしちゃってる女の子

わざとパンツ見せてくる妹の友達
画像はイメージです
俺には4つ年下の妹がいます。
兄の俺が言うのも変だけどわりと可愛い顔をしてて、俺とは対照的にモテるタイプ。
中学になってからギャルに変貌して、高校生の時は凄かったです。

連れてくる友達もみんなすげぇ~ギャルだし、やたら兄貴の俺に馴れ馴れしいし。
それでも女っ気の無い俺にとっては、ちょっとした天国だったんだけどもw
だってパンチラとか日常茶飯事で、俺が目の前にいるのに大股開きで座ってたりするんだよ。
色気の無い水着みたいなパンツだったけど、それでも俺にとったら新鮮なオナネタになるわけです。

そんな妹が大学1年の頃、俺は就活で結構家にいたりしてたんだよね。
だから妹の連れてくる友達とはしょっちゅう顔を合わせてる状態だった。
高校の友達でプーの友達とかよく来てて、そんな中でなぜか俺によく喋り掛けてくる子がいた。
ナミというその子はプー太郎で、週に1回はうちに顔出してたんじゃないかな。
リビングを占領してるもんだから、必然と挨拶もするし少し会話もする。

ある日、いつものようにナミが遊びに来てて、俺は自分の部屋で卒論を書いてた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ドスドス階段を登る音がしたかと思ったら、突然ノック無しで妹とナミが入ってきた。

俺「なんだよ!ノックぐらいしろよ!」

妹「イィ~じゃぁ~ん、別にぃ~~」

ズカズカと2人して中に入ってくる。

俺「何だよ?人のベッドに座るなよ」

妹「なんでそんなに怒ってんのぉ?だから彼女出来ないんだよぉ」

俺「うるせぇ~、つうか何か用か?」

妹「ちょっと出掛けてくるからナミの相手してて?」

俺「はぁ?何でだよ、一緒に行けばいいだろ」

妹「大学の友達だから行けないの!1時間ぐらいだからイイじゃん」

俺「何だよそれ、俺も忙しいんだぞ」

妹「ナミがたっぷりサービスしてくれるって」

そんな事を言って、妹は出掛けて行きました。

しばらく部屋で二人きりだったんですが、さすがに気まずいですからね。
とりあえず下に・・・という事で、リビングに下りて行きました。
普段から普通に喋り掛けてくる女の子なので、とりあえず世間話をしてました。
そしてなんの流れか忘れましたが、俺の彼女についての話になりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺「自慢じゃないけど俺は2人しか付き合った事無いよ」

ナミ「えぇ~~~マジでぇ~~?」

俺「お前たちみたいにホイホイ付き合わないんだよ、普通は」

ナミ「ホイホイってなにぃ?アタシだってそんな付き合ってないもん」

俺「そんなにって10人ぐらいだろ?」

ナミ「そんな居ないって、まだ3人だもん」

テーブルを挟んでなぜか過去の恋愛話になり、繋がりで今の話になっていった。
俺は全くのドフリーだからと言うと、ナミも最近別れたばかりだという。
原因が元彼の浮気らしく、それの愚痴を聞かされ始めた。
早く妹が帰ってこないかなぁ~と思いながらも、何気に真面目に話を聞いていました。
話によると、どうもナミの束縛が凄いらしい。

俺「束縛するからそうなるんでしょ?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ナミ「だって好きなら束縛するじゃん」

俺「加減の問題じゃね?」

ナミ「じゃ~どのくらい束縛したらイイの?」

俺「そ~だねぇ~・・・」

真面目に答えていると、思わず目があるポイントに向いてしまいました。
向かいのソファーに座ってるんだけど、お股のデルタゾーンがガラ開きなんです。
思いっきり白いパンツが見えてて、それを気にする素振りも無く話に夢中。
手で目の辺りを隠したりしながら、どうにもチラチラ見てしまいました。
ヤバいヤバいと思いつつ見ていると、やっぱりチンコも元気になるもんで、バレちゃいかん!と足を組んで股間の盛り上がりを隠していました。

ナミ「っていうか、さっきからアタシのパンツ見過ぎ!」

そう言われた瞬間、終わった・・・と思いました。

俺「ばか・・・見てねぇ~よ・・・何言ってんだよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


完全にキョドってしまった俺は、苦し紛れにウソをつきました。

ナミ「そんなにパンツって見たいもん?」

俺「ん?まぁ~そ~だな・・・そんなに見たくないけど・・・」

ナミ「でもさっきからチラチラ見てんじゃん」

俺「だから見てないって」

ナミ「ほぉ~らほら!見たい?見たい?」

なんとナミが俺をからかうように、目の前で足を広げたり閉じたりし始めたんです。
パンチラというよりモロ見えでした。

俺「ばか、やめろって。そんな事してるからフラれるんだよ」

ナミ「あはは!やっぱり見てんじゃん!どう?アタシのパンツ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「どうって何だよ」

ナミ「だからぁ~興奮する?」

俺「妹の友達に発情するわけないだろ」

ナミ「えぇ~~~ホントにぃ~~~?」

これはヤバい、ヤバ過ぎる!とかなり動揺してました。
どう考えてもからかわれてて、妹に変態呼ばわりされるに決まってる。
なんとかしのがないと・・・と脳ミソをフル回転させながら言い訳を続けていました。
そしたら突然ナミが立ち上がって、ニヤニヤ笑いながらこっちに近付いてきたんです。

俺「なんだ?どうした?」

ナミ「だって興奮しないんでしょ~?」

俺「だったら何だよ・・・」

ナミ「こうされても?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


横をすり抜け、後ろに回ったかと思ったら、いきなり後ろから抱き付いてきました。
抱き付くというより胸を背中に押し付ける感じです。

俺「ちょっ!!なにしてんだよ!やめろって」

ナミ「どう?興奮した?」

俺「そんな問題じゃないだろ、ちょっとやめろって」

ナミ「えへへぇ~~~」

笑いながら抱きつき、グイグイ押し付けてきます。
ナミはいつも胸の谷間が見えるような服を着ていたので、貧乳ではない事は知ってました。
押し付けられて分かったのは、思った以上にボリュームのある巨乳だって事です。
ボインボインと背中に柔らかい巨乳の感触が伝わってきました。
さすがにチンコはフル勃起です。
立ち上がって逃げようとしたら、勃起してるのがバレてしまいます。
座ったまま身をよじりながら避けようとしましたが、ガッチリ後ろから抱きつかれた状態でした。
終いには耳元に唇を寄せてきて、息を吹きかけながら囁いてきたんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ナミ「興奮した?」

(うわぁぁ・・・これはもう限界だ・・・)

そう思った俺は、つい言ってしまいました。

「うん・・・」と。

ナミ「あぁぁ~~~可愛いぃ~~~興奮しちゃったんだぁ~~」

俺「だからもうやめろって。ソファーに座れよ」

ナミ「もぉ~~分かりましたよぉ~」

やっと背中から離れたかと思ったら、ぐるりと回っていきなり俺の太ももの上に座ってきました。

ナミ「よいしょっ・・・」

俺「おい!ここじゃねぇ~よ!なに座ってんだよ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ナミ「えへへ・・・」

俺「妹帰ってくるだろ!どけってば」

もうアタフタしまくりです。
目の前の至近距離にナミの巨乳があって、ナミは俺の肩に手を回した状態で座ってるんです。
こんなに女の子と至近距離になったのも久し振りでした。
足を組んでいたんですが、座られて痛くて、仕方なく元に戻しました。
そしたらもう完全にバレバレでした。
左曲がりの俺のチンコが、思いっ切り起き上っていたんです。
ナミの膝辺りにチンコが当たり、「あれぇ~~?」とわざとらしい態度で確認されました。

ナミ「コレは何ですか?」

俺「これってなんだよ・・」

ナミ「この硬くなったモノは何ですか?」

俺「うるせぇ~なぁ・・・もうイイだろ、そっちに座れってば」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ナミ「白状しなさい!どうしてこうなったんですか?」

俺「まぁ・・あれだよ・・・こうふん・・・して・・・」

ナミ「うぅ~~可愛い~なぁ~~もぉ~~」

そう言いながらナミは俺に抱きついてきました。
目の前に巨乳がある状態で抱きついてきたもんだから、当然顔は巨乳にバッチリ挟まる状態です。
これはもうヤバいなんてもんじゃない・・・と思いながらも、柔らかい巨乳の感触を顔で味わっていました。

その時、突然玄関の方から音がしたんです。

妹「ただいまぁ~~!」

慌てた俺はナミを立ち上がらせ、また足を組んで座りました。
ナミは焦る様子もなく「おかえり~~」と玄関に向かって行きました。
妹に報告するんじゃないかとヒヤヒヤです。

妹が2階に行った隙にナミがやって来て、「言わないから大丈夫だよ」と小声で言ってきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その顔がまた可愛いというか、小悪魔みたいな表情でした。
それでも不安でしたが、どうしようもなく、部屋に戻り卒論を書き始めました。
それからしばらくして、またナミが部屋に来たんです。
軽くノックがあったので誰かと思いました。

俺「なに?どうした?」

焦りまくりの俺は、椅子を回転させながらナミに聞きました。

ナミ「もう帰るからって言おうと思って」

俺「あぁ~そうなんだ。気をつけてね」

妹には何も言ってないっぽいので、少し安心しました。
下から「行くよ~」と妹の声がして「今行くぅ~」とナミが答えました。
そういった瞬間、また俺の方に近付いてきて、今度はキスしてきたんです。
キスといってもフレンチキスでしたが、チュッとされました。

「またねぇ~~」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

笑顔で出ていくナミを、ただただ放心状態で見送りました。
ナミは何も言わなかったらしく、妹には何も言われませんでした。
それにしても何なんだよ・・・と思いながらも、ナミをオナネタにしたのは言うまでもありません。

それから1ヶ月ぐらいだったと思います。
今度はナミともう一人の友達を妹が連れてきました。
意味ありげに笑いながら俺に挨拶するもんだから、内心かなりヒヤヒヤでした。
リビングを占領されていたので、俺は部屋でマンガを読んでいました。
ベッドに横になって読んでたので、気が付かないうちに寝てたんだと思います。
人の気配がしてビックリして飛び起きてみると、なんとナミがベッドに腰掛けていました。

俺「おい!何してんだよ!超ビックリした・・・」

ナミ「もうさっきからずっとここにいるよ?」

俺「マジかよ・・・何勝手に入って来てんの?つ~か妹たちは?」

ナミ「コンビニ行ったよ」

俺「つ~かさぁ・・もうやめようよ・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ナミ「なんで?」

俺「だって妹の友達だろ?当たり前じゃん」

ナミ「友達だからダメなの?」

俺「ダメとかそんな事はないけど、変な目で見られるじゃん」

ナミ「じゃ内緒にしたらイイじゃん」

俺「そういう問題じゃないだろ・・・」

とりあえず俺の部屋にナミがいること自体変なので、部屋から出そうとしてみた。

ナミ「やだ、出て行かないよ」

俺「マジでヤバいだろ・・すぐ帰ってくるんだからさぁ・・・」

ナミ「出ていって欲しかったらチューして?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺「アホか!もうイイから早く下行きなって」

ナミ「チューしてくれないと行かないもん」

ナミはベッドにダイブして横になってしまいました。
コンビニって事はいつ帰って来てもおかしくないわけです。
なのにこの状況はさすがにまずい・・・。

俺「早く起きろって」

ナミ「いやですぅ~~」

そんな繰り返しで全く出て行こうともしないナミ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「じゃチューしたら出ていくんだな?」

ナミ「うん、はやくっ!はやくっ!」

(何なんだろ・・・この状況は・・・)

そう思いながら手を広げて待っているナミに近付き、寝ている上からチューをした。
軽くチュッとしただけなんだけど、唇が離れた瞬間ナミにグイッと抱きつかれた。
それでそのまま強引にキスをされた。

「んんんんんっ!」

一応抵抗はしたけど、ナミの舌が口に入ってきた瞬間体の力が抜けていった。
久し振りに味わうねっとりとした舌の感触。
ナミの舌は俺の舌を舐め回すように動きまくってた。
腕立て伏せのような姿勢だったけど、耐え切れず、そのまま抱きついてしまった。

そうなってくると性欲の制御も無理な話で、激しくナミと舌を絡ませ始めてしまった。
ナミはキスをしながら太ももを俺の足の間に入れてきて、勃起したチンコをグイグイ押してくる。

(やべぇ~だろぉ・・・)

分かっていたのに、貪るように舌をしゃぶってしまった。
運が良かったんだと思う。
窓を開けてたせいで、門のガチャンという音が聞こえてきた。

俺「あっ!帰って来た!やばっ!」

ナミも焦ったように立ち上がり、急いで部屋から出ていった。
間一髪だったみたいで、ナミが下に行ってから玄関の扉が開いたみたい。
もう最悪だ・・・と1人で頭を抱えてしまいました。
ナミの舌の動きと感触、ムッチリと柔らかい胸の感触、甘い女の子特有のニオイ。
ギンギンになったチンコを思わず触ってしまうほど興奮していました。
ナミと友達は21時過ぎに帰って行ったんですが、帰る間際にまた1人でやってきました。
もう俺も迷うことなく、扉の前で濃厚なキスをしてしまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

こりゃ引き返せないなと思いました。

それからしばらくの間、ナミとは会えませんでした。
うちには遊びに来ているようでしたが、俺が学校に行ったりしてて会えなかったんです。

そんなある日、とうとう一線を越える日がやってきました。
両親が法事で出掛ける日に、妹はナミを連れてきたんです。
3人で夕食を食べて、そのまま酒を飲み出しました。
初めはリビングで飲んでいたんですが、途中からゲームをやる為に俺の部屋へ移動。
完全に無防備な2人は、俺が目の前にいるのにパンツ丸見えで座っています。
妹は別にイイんです、昔から見てますから。
でもナミのパンチラは頂けません。
妹の前で勃起しちゃった日にゃ~洒落になりませんから。

それをわかっているのか、わざとらしく俺に見せてくるんです。
参ったなぁ~と思いつつ、俺もガン見してましたけどねw
そんな俺の態度を楽しんでたのかもしれません。
前から気が付いていましたが、ナミは結構Sキャラなんです。
モテない俺が興奮しながらチラ見する姿を見て、興奮してたのかもしれません。

「このままじゃ寝そう」という妹は、「ちょっとお風呂!」と言って部屋を出て行きました。

順番で次にナミ、最後は俺みたいな感じで風呂に入る事になっていたんです。
妹が下に降りていった音を聞いて、もうむしゃぶりつくようにナミとキスをしてしまいました。
床の上でナミに押し倒され、上に乗りかかられたままのキス。

ナミ「パンツ見てたでしょ~」

また小悪魔みたいな笑みで言ってきました。

俺「見せてきてたんだろ?しょうがねぇ~なぁ~」

ナミ「だって見たそうな顔してたし」

ジャレ合いながらもキスをして、ついにナミの手が勃起したチンコに触れてきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

酒が入っていたからなのか、その日の俺はちょっと大胆でしたw
スウェットの上からチンコを握ってきたナミは「すごぉ~~い」と触りまくり。
初めて俺は下からナミの巨乳を揉みました。
重力も手伝ってかかなり揉み応えのある巨乳です。
揉むとチンコを握る力も強くなっていきます。
お互いに触り合いながら、キスをしていました。

我慢できなくなってきた俺は体勢を入れ替えて、ナミの上に乗りました。
妹から借りたスウェット姿だったので、キスをしながらスウェットを捲り上げました。
下には何も着ていなくて、花柄のブラが姿を現しました。
こんなにデカいの?と思ったほど谷間があり、たぶん俺の予想だとEカップ。
ブラの上から揉みまくり、ついにホックを外して生乳を拝んでしまいました。
薄ら広がる大きめの乳輪と、コリッと堅くなった乳首。
もう無我夢中で乳首にしゃぶりつきました。
ナミは声を出さないよう我慢し、口を手で押さえています。

乳首を吸ったり舌で転がすと、思わず「んぁぁっ」という声が聞こえました。
そのまま、またキスをしてスウェットパンツの中に手を入れてみました。
ナミも俺のスウェットの中に手を入れてきて、いきなり直でチンコを握ってきました。
ナミのアソコはというと、もう信じられないほど濡れています。
グッチョグチョになったアソコを、久し振りだったので記憶を辿りながら愛撫しました。
コリコリに堅くなったクリトリスはスグに分かり、指先でクルクルと撫で回しました。
さすがに声が出てしまうらしく、その都度俺にキスをしてきて声を押し殺しています。

シコシコと動かす手コキの中、ゆっくりとアソコに指を入れてみました。
遊んでそうだからガバガバだったりして・・・と思っていましたが、指1本でも窮屈なぐらい締まっていました。
Gスポットをクイクイと刺激すると、グチョグチョと音が聞こえるほど濡れまくり。
膣内が空洞になるような感じになってきて、ナミの手コキも早くなっていきました。

ナミ「んんっっ・・・イッちゃいそう・・・!だめっんっ・・・イッちゃうからっ・・・まってっ・・・」

初めて優位に立てた気がしたので、お返しだ!って気持ちで指の動きを止めませんでした。

ナミ「だめっんっ・・!イッちゃうっっ・・・!んんんっっ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

唇を押し付けてきましたが、すぐにそのまま昇天したみたいです。
指が痛くなるほど締め付けてきて、腰がガクッガクッと痙攣してました。
指を抜いてみるとグチョグチョになっていて、それを見せたらかなり恥ずかしそうにしていました。

もうこのままヤッちゃうか!と思ったんですが、運悪く妹が風呂から出てきました。
また扉の音が下で鳴ったので、焦ってゲームに熱中した振りをしました。
妹が戻ってからはナミが風呂へ行き、最後に俺が入りました。
風呂を出てからもゲームをしながら酒を飲み、あまり飲めない妹が当然のように眠りに落ちました。
妹を抱えて部屋に行きベッドに寝かせて部屋に戻ると、待っていたナミとその場で抱き合いながらキスをしました。

すぐにそのままベッドに押し倒され、「さっきのお返し」と小悪魔笑顔でスウェットを捲くられました。
乳首舐めを始めたナミはしっかり下半身の攻撃も忘れてません。
もう直にシコシコし始めている状態でしたので、俺はもう成すがままでした。

「ほいっ!」とスウェットパンツを擦り下げられ、いきなり勃起したチンコをパクリ。
いきなり激しくしゃぶり出したかと思ったら、今度は亀頭全体を丁寧に舐め始める。

ナミ「気持ちイイ?」

俺を上目遣いで見ながら裏スジを舐めたり、ジュルジュルとしゃぶったりしてくれました。
もうフェラなんて数年ぶりだったので、それだけで放心状態ですw
隣で寝ている妹を気にして、お互い小声で喋っていました。

俺「舐めてる音、聞こえちゃうだろ」

ナミ「だって鳴っちゃうんだもん」

妹にバレないようにって考えると、発狂しそうな程興奮してしまいました。
ナミがフェラをやめないので強引に体を入れ替え、シックスナインでクンニしました。
あまり毛深くないみたいで、割れ目が丸見えのオマンコです。
両手で左右に広げると、透明な汁が溢れまくりでした。
お互いにお互いの股間を舐め合い、ナミはクリを吸われると簡単にイッちゃうみたいです。
俺みたいな下手でも、軽く何度も痙攣してました。
イッたかどうかは分かりませんが。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

我慢できなくなった俺は、元カノとのエッチの為に持っていたゴムをつけ、ナミと合体しました。
ゆっくり楽しみたいのとベッドの軋む音が気になって、ゆっくり出し入れをしました。
ナミの顔は紅潮していて、やっぱり可愛い年下の女の子でした。
でも騎乗位になった時は打って変わったように腰を振りまくるエロ女になってましたが。
アソコの具合も揺れる美巨乳も最高で、途中から出し入れすることさえできなくなりました。
激しく出し入れしたらすぐに撃沈しそうだったんです。
だから元カノが好きだった、亀頭で子宮をグリグリする動かし方に切り替えました。
騎乗位好きのナミには最高に気持ちイイらしく、手で口を塞ぎながら猛烈に喘ぎまくりでした。
ちょうど亀頭がグリングリンと子宮を転がせたんです。

「だめっ!だめっ!ヤバすぎっ!超イイっ!やばいっ!」と連呼しながら、潤んだ目で俺を睨んできました。

「気持ちイイ?」と聞くと、「うんうん」と激しく頭を振るんです。

だから調子に乗った俺は、腰をガッチリ持って腰をグラインドさせました。

「んんんんっっっ!!!!」

唸りながら、突然ガクッンッ!と痙攣してビクつき始めました。

「はぁっはぁっんぁぁっ!!!」

変な息遣いになりながら、思いっ切り昇天したようでした。
その姿を見た俺は一気に激しく腰を振り、すぐに射精してしまいました。
中にドクドクと精子を放出している最中、ナミは腰をヒクつかせていたのを覚えています。
こんなに感じてくれるとは・・・と、超嬉しかったもんでw

その後、朝方にまたヤッてしまいました。
妹が爆睡しているのを確認してからでしたが、起きてきたらどうしようって気持ちがまた興奮するんです。
狂いそうなイキっぷりをナミはまた見せてくれて、なぜかエッチ前とは違って甘えモードになっていました。

この日以来ナミが家に来ると、隙をみてキスをしたり乳首を舐めたりしてました。
エッチする機会が無かったので、こっそり外で会ってホテルに行っちゃったりもして。
初めてエッチした時以来、ナミは亀頭で子宮を刺激されるのがクセになったと言ってました。
あれほど気持ちがいいエッチは今までしたことないと。

だからなのか、素直で従順な女の子に変貌してしまい、完全なるセフレになってしまったんです。
遊びに来た時に、隙を見てフェラさせたりもしてました。
階段の奥でチンコを露出すると、喜んで舐めてきたりね。

半年以上セフレ関係が続いて、ナミに彼氏ができて少し会わなくなりました。
でも1ヶ月しないうちに連絡があり、すぐにまたセフレの関係が始まりました。
未だに妹にバレるんじゃないかとヒヤヒヤしてますが、モテない俺にとっては最高の性処理係ですからね。
これからも慎重に隠し通したいと思います。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか わざとパンツ見せてくる妹の友達

青119ちゃん

青119ちゃん

前作ご好評を頂きましたイタズラ撮影会を 再度開催しました。 援交無理めの子を狙うので 今回も真面目な黒髪美少女の動画です。 やってきたNちゃんは、 前回の子に負けず劣らずスーパーかわいくて清純! そして脚がめっちゃ細くて […]

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 青119ちゃん

【熟女体験談】スナックのママと酔った勢いでエッチした結果・・・
ちょっと変わった身の上話です。

ある木曜日、僕は休暇で昼間からシャワーを浴びてビールを飲んでほろ酔いでした。

夕方になりなんとなく飲み足りない気がしたので、コンビニへ買い出しに出ました。

途中に週末時々行くスナックがあり、ママが看板を出そうとしていました。

ママはビルのオーナーの娘で、三十路前の美人ですが、ちょっとお堅い感じでした。

つい目が合ってしまって、なんとなく入ることになり、お客のいないソファーでママと飲んでいました。

近くで見ると意外と胸も張り出して、くびれた腰が妙に色っぽく見えてきました。

間近で見る横顔も意外と可愛いし結構いける感じ、その時僕は既に酔っていたんでしょう。

「ママ胸大きいね!ちょっと触らせて」

普段言わない言葉が次々と出てきて、既に胸を触っていました。

「ダメよ、お客さんが来るから」

と言葉では拒んでも本気で抵抗はしてきません。

更に悪乗りした僕は、ブラジャーの中に手を入れて乳首を指で転がすように触り続けました。

次第にママの息が荒くなり、いやいやと喘ぎながら言葉を繰り返すように甘えた顔を見せて、僕の股間をまさぐり始めました。

当然硬く勃起しているので、ズボンの上からでもハッキリ分かります。

僕は、ママの内股へ手を滑らせて、付け根のふくらみを指でなぞり続けました。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】スナックのママと酔った勢いでエッチした結果・・・