【人妻体験談】夫が単身赴任中に義父とエッチして、義父の女になった人妻

【人妻体験談】夫が単身赴任中に義父とエッチして、義父の女になった人妻
私は35歳。

公務員の夫が地方の県庁に出向してから2年。

古くて大きな木造住宅に子供一人と義父とで住んでいます。

子供は2階の子供部屋、私は茶の間から見て一番手前の10畳の部屋に寝て、

義父は一番奥の8畳の間が寝室です。

あれはPTAのバザーがあった日です。

私も疲れて、その上最後にビールが少しでてほろ酔いでした。

帰宅したのは夜の9時半でした。

義父はずいぶん早く寝て、その代わり朝は4時半頃には起きています。

その夜はどうだったでしょう。

私は帰ってくるとすぐにシャワーを浴びました。

浴室のドア越しに義父の大きな声が

「帰ってきたのか」

と言い、

私は

「ええ」

とだけ言って、

誰もいないリビングでバスタオル一枚でジュースを飲んだのは覚えています。

ブラジャーとショーツをつけたのはいつものことです。

そのまま夏掛け一枚で寝室で眠ってしまったようです。

主婦なんて夢は見ないんです。

いつも忙しく疲れていますから。

その日に限って全身がけだるく、甘美な夢を見たのです。

やんわりと男の裸身が被さってきていて、乳房が吸われ、

股間を優しい手のひらが這い回って、

熱く恥ずかしいものが溢れているのを感じたのです。

こんな夢を見るなんて恥ずかしい、そう思って寝返りを打とうと思っても

なぜか自由が利かないのです。

こんなに脚を広げて・・

と思って閉じようとするけど、かえって広がりが増すのです。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】夫が単身赴任中に義父とエッチして、義父の女になった人妻