放課後の学校で我慢できなくなった志乃
画像はイメージです
中学校の3年で、もう部活を引退した後のことです。

放課後の委員会活動で遅くまで学校に私は残っていました。
他の委員会の人たちは自分の仕事が終わったので帰ってしまい、遊んでいた私は取り残されてしまいました。

急いで終わらせて先に帰った友達に追いつこうと廊下を走って職員室まで提出しに行きました。
提出して教室まで戻る途中で、陸上部にまだ出ていた志乃と会いました。
志乃は陸上で走るときの服装をしていていました。
その服は袖がなく、袖の開きが広い服で、結構エロく見えました。

「委員会?」と聞かれたので、「そう、遊んでて置いてかれちった(笑)」と返しました。

「そうなんだ(笑)」といいクラスは違うけど教室まで一緒に行きました。

教室には誰もいなくて、かなり暗かったです。
電気をつけるともっとしっかりと見えて興奮しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


荷物を持って帰ろうと志乃に挨拶しようとすると「待って」と言われました。

「どうしたの?」と聞くと、「いや・・・なんでもない」と言われました。

「わかった、じゃあね」と言って教室から出ようとしたら、腕をつかまれて、「やっぱり待って」と言われました。

黙って何も言わずにいると・・・。

「その・・・やらない?我慢が、できなくなっちゃって・・・」

「本気なの?」と半信半疑で聞くと、黙って頷きました。

カーテンは閉まってるし、誰も来ない、来たとしても音で気付くし、隠れる場所もある。
そう思ってゆっくり袖口から手を入れて胸を揉みました。
ブラは着けてるけどとっても柔らかい。

「外してもいい?」と許可を得て、陸上の服を着たままブラを恐る恐る外しました。

志乃の胸は大きいとは言えませんが、不満があるほどではありませんでした。
最初はどうしたらいいかわからず乳首を少し弄ったり、強く揉んだりしてましたが、「下もいいよ」と言われたので、下に片手を入れました。
パンツの上からすじを確かめて揉んでみました。

志乃は恥ずかしそうに下を向いて声を出さないように頑張っていました。

「直接いい?」と、また許可をとり直接触りました。

毛は自分と比べる限りでは全然少なくて、たいして生え揃っていませんでした。
最初は人差し指を入れてみて、大丈夫そうなので3本指を入れてみました。
少しずつ奥に入れていくと、同じくらい少しずつ汁が出てきて一回抜くと指はぬるぬるでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


今度は4本入れてみました。
今度は志乃は耐え切れず少し声を出しました。
また抜くとさっきよりも濡れていました。
10分くらい胸を揉んだり、指を入れたりしていると志乃は立っていられなくなりました。

床に座ってまた数分続きをしているとはぁはぁと息を切らしながら「もう挿れてもいいよ」と言って四つん這いになりました。

下のズボンも短いので人が来たときのことを考えて、すその間から挿れました。
思ったよりきつくなくて、ぬるぬるした感触がしながらゆっくり奥まで挿し込みました。
先が軽く何かに当たる感じがしました。
志乃の顔を見ながらゆっくり前後に腰を動かすと、志乃は「ん・・・もう少し、速く」とつぶやきました。
言われたとおり少し速く動かすと、同時にもっと激しく動かしたいと思って、思いっきり速く動かし、突きました。

「あ!!うく・・・奥に・・・」と、一旦細い腰を反らすと、手で口を急いで押さえて、また声を出さないように我慢していました。

何分かの間教室には志乃を突く「パン!!パン!!」の音しか聞こえませんでした。

さらに強く突くと志乃は「あ、あ、あ・・・イっちゃう!!まっ・・・」と言うと、体の力が抜けていきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

志乃は床に倒れて「はぁはぁはぁはぁ」と息を漏らしていました。
まだ俺は物足りませんでしたが、こんなんじゃもう無理だなと着替えようとすると、いきなり起き上がって「待って!!もう少し・・・お願いだから」とお願いしてきました。

「うん」と返すと、今度は仰向けに寝て足を開き、自分でマンコを開きました。

最初っからさっきと同じスピードで突きはじめました。
もう汁が垂れ落ちて、下にたまっていました。

その体勢でもイかせると、「じゃあ、仰向けに寝て」と言われ、俺が仰向けに寝ました。

すると志乃は顔を真っ赤にて上から自分で乗って挿れていきました。
顔を真っ赤にして恥ずかしがり、それと下からはっきり見える志乃の細くてきれいな体と割れめを見て俺はさらに勃ちました。

志乃は「これが一番気持ちイイかも・・・気持ち・・・いいよぉ。イクイクイク、もうイっちゃう!!ぁぁあああ!!」と言い、思い切り後ろに反ってイきました。

まだ俺は足りないので志乃に壁によりかかってもらって最後の力でひたすら突きました。

「中にいい?」と聞くと、「いいよ、中に出せるだけ出して!!志乃もイ!!・・・ぁぁぁああああぅぅ!!」と叫んで、二人同時にイきました。

抜くと志乃のマンコから精液が流れ出てきました。
そして志乃は10分くらいはぁはぁと倒れていました。

「よかったの?中に出して」と聞くと、「大丈夫、生理きたことまだないから」と言いながら、自分のマンコから手で精液をとると飲み始めました。

さらに私のをしゃぶり、もう一回私をイかせて、精液を飲んでいました。
志乃のズボンは愛液と精液でぬるぬるになり、上の服は志乃のよだれでびちゃびちゃでした。

手についた精液を舐めながら「ありがとう・・・」と俺に言い、そこで裸になって着替えて二人とも帰りました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 放課後の学校で我慢できなくなった志乃

あまり濡れない隣の家の美人妻
画像はイメージです
私は26才サラリーマンです。
結婚したばかりですが、最近隣の家の奥さんとデキてしまいました。

彼女は38才で、170センチの大柄。

目鼻立ちのハッキリした美人で前からやりたいなと思いながらも、なかなか機会がなく、電車の中などで会った時など、きわどい話しをしては下地作りをしてました。

かなりエッチな話しをしても嫌がることもなかったので、そのうちに・・・と思っていたら、旦那が海外に長期出張になり、この機会を逃してはと、早速帰りに新宿の駅で待ち伏せ、偶然会ったふりをして飲みに行きました。
少し酔ったので歩こうと云って、わざとラブホテルのある方に行き、ホテルの前に来たとき腕をとって引っ張り込みました。

「いやだわ」なんて云ってましたが、「何にもしないから少し酔いを醒まそう」なんて云って入ってしまいました。

風呂にも入らずベッドに押し倒し、キスをして胸を揉んでからパンツをはぎ取り、オマンコに指をつっこみました。
オマンコは濡れてなく、これは嫌なのかなと思っていたらそうでもなく、「ちょっと待って」と云って自分で自分の唾をオマンコになすりつけてました。
今までにやった女は皆、オマンコがグチョグチョになっているのに、中にはあまり濡れない女もいるのだなと思いました。
(濡れない女の経験がある方は教えて下さい。)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


自分もチンボに唾をつけ、彼女のオマンコにあてがってグイとはめてやりましたが、濡れが足りないためスッとは入らず、きしみながら入っていく感じでした。
彼女はこの感じがとても良いらしく、大きな声を出しました。

一度入ってしまったら後はスムースに出し入れが出来、こちらは念願の女と出来たので興奮してしまい、すぐに行ってしまいました。
何せ風呂に入ってないので部屋中に隠微な臭いが立ちこめ、またすぐにやりたくなり、早速二回目に取りかかりました。

今度はすぐにはめることが出来、1時間くらい突きまくってやりました。
その間、彼女は4回くらい気持ちよくなったようで「ああイクイク」とか云ってしがみついて来ました。
彼女はあまり声を出さないので、「もっと声を出せ」と言ったのですが、「亭主の両親と同居してるのでよがり声を出さない習慣が付いてしまった」と云ってました。

それでも腰の使い方は抜群で、こちらが突くと彼女も突いてきて、それもリズミカルなので今までにない気持ちよさでした。

その夜は家に帰って家内ともやりましたが、腰も使わずドテッと寝てるだけなので嫌になってしまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか あまり濡れない隣の家の美人妻

顔はひどいが体はエロい爆乳ブス女2人組
画像はイメージです
このブスな雌豚とはバイト仲間で、2人とも19歳高校の時から親友らしく、ずっと一緒にバイトしている。
ブスはブス同志でつるむ事が多い。
まあブスとは言っても努力はしてるらしく、体型は素晴らしい。
というか、かなりエロいブスwww

しかし、顔はホントにひどいもんだ。

以前から2人がブスという事もあり、バイト中も平気でエロ話を俺を含め3人でしていた。
だが今回、ブスAが話の流れで3P話を持ちかけてきたのだ。
流石にブスBもこれは初耳だったらしく、びっくりはしていたが拒否はしていなかった。
俺は冗談だと思ったが、どうやら本気らしい。

俺はごくごく平凡な男で、当然ハーレムプレイなんかしたことないからかなり興奮した。
しかし、相手はブス2人組だ。
俺はバイト仲間という事と、ブス2人組だという事からやるべきではないと思ったが、彼女もいないし、ずいぶん溜まっていたので2人とやる事にした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ブスAは三浦春馬に似た顔をしている。
男ならかっこいいのだが・・・。
つまり見方によってはいけるかも。
ブスBはかなりの出っ歯だが、それを治せば可愛いかも。

とまあ、2人揃って顔はイマイチだが、身体は凄い。
服のボタンが外れそうな位の超爆乳で、しかもいつも谷間を見せつけてくる。
視点を顔から逸らす作戦だろうか。

そしてその日の帰りに、3人でブスAの家に行った。
家の中に入ってみると、なんとも言えない刺激臭がした。
布団はぐしゃっとしており、恐らく触ると湿っているのだろう。
トイレを借りてみると、これも汚い。
茶色いモノがこびりつき、陰毛であろう縮れ毛が大量に散乱していた。
刺激臭の原因はこれだと思った。
ブスという欠点だけじゃなく、不潔なのだ。

さすがに帰ろうと思ったが、性欲だけは収まらず、溜まっていたものは出してから帰ることにした。
とは言え『さぁ!やりましょう!』ともなかなか言えず、汚いコップで出された薄味の麦茶のようなぬるい飲み物を飲んでいたら、ブスAが「うんこしてくる」と行ってトイレに行った。
同じタイミングでブスBはシャワーを浴びに行った。

(いよいよかっ!)と待っていると、トイレからブスAが全裸で出てきた。

そしていきなり覆い被さってきた。

(シャワー浴びないのかよ!しかもうんこしたてで!)

と思ったが、雰囲気的に言えないほどブスAには勢いがあった。
ブスAは俺の服を器用に脱がし、パンツの上からチンコを力任せに触ってきた。
すでに硬くなってしまっていた俺はとても複雑な気分だった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


その時、ブスBがシャワーから出てきて、(いよいよ3Pだぜ!)と思ったが、こいつも「うんこしてくる!」なんて言い放った。
一体なぜこのタイミングなのだろうか。
まぁいい、と思っていたら、ブスAが俺のパンツを脱がし、いきなりしゃぶってきた。
これがまた上手くて、尿道の中までベロを入れてくる。
恥ずかしながら1分と保たずブスAの口の中へ発射してしまった。
ブスBはまだうんこ中だというのに・・・。

ブスAは発射した俺の精液を口から出し、そしてその精液で俺のチンコをしごきだした。
初めての経験だったのだが、これがエロくて気持ちいい!
ローション以上のヌルヌル感。

その時、ブスBがうんこから帰ってきた。
俺とブスAの行為を見たブスBは状況を察し、精液まみれのチンコをベロっと舐めてきた。
そして一言。

「濃い~ね!」と言った。

きっとこいつらは、いつもこんな事をしているのだろう。
3P乱交プレイに慣れすぎている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ブス2人組なのに。

ブスBはそのまましゃぶり始め、その間ブスAは自分の手に付いた俺の精液をベロベロ舐めながら微笑んでいた。
この時、このブスたちに完全に負けたと思った。

ブスBは精液まみれの俺のチンコをキレイにしてくれた。
ブスBはそのまま俺の上に乗り、生で挿入てしまった。
その中はとても締まりが良く、とてもヌルヌルしていて温かかった。
ブスBは激しく上下に動いている。
俺はまたもや1分と持たず発射しそうになり、さすがに中出しはまずいとチンコを引き抜いた。
チンコを引き抜くと、待ってましたとばかりにブスAとブスBがチンコにしゃぶりつきダブルフェラ。
俺は2度目にも関わらず大量発射してしまい、ブス2人組の顔中は、俺の精液まみれになってしまった。
元々顔はブスなのに、2人ともなんだかエロいというか、顔の器量とは別の魅力を感じる顔になっていた。
ブス2人組はお互いの顔に掛かった精液を舐め合い、最後に俺のチンコを綺麗に舐め回してくれた。

この日はこれで限界だったため家に帰ったが、女の真の魅力を感じた瞬間だった。
ちなみに帰り際2万円請求され、後日支払う事となった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 顔はひどいが体はエロい爆乳ブス女2人組

どこに出しても恥ずかしくない変態女
画像はイメージです
これは社会人1年目か2年目の事。

興味本位で始めてみた出会い系で、『K代』という女が引っかかった。
最初は割り切りでやったが、具合がよかったので、「次も頼むわ」と言うと、2回目には格安価格でハメる事ができた。

色んな体位でハメ倒してやったのがよかったのか、3回目には「お金はいらない」という事になった。

このK代、大阪の出身で高校中退、その後工場、スナック、キャバクラ、デリヘルとお決まりのコースを辿ったものの、どれも長続きせず、弟のアパートに転がり込んで家庭内ヒモみたいな生活をしている女だった。
見た目は長身で派手目な顔立ちで、胸はCくらいだった。

そのうち「付き合って欲しい」と言い出してきた。
まともに付き合う気もなかったが、都合のいい女として暫くキープしていた。
だから、思いっきり俺の趣味に付き合わせていた。
いや、元々誰に仕込まれたのか、既に変態であった。

手始めに、会う時にはノーパンで来る事にさせたのだが、もう会う前からドロドロに濡れていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

会う回数にして6回目くらいだったろうか。
これでは本末転倒と、ホテルに入ってもすぐには何もせず、スポンジは使わず体で俺の体を洗う事を命じた。

(どこまで命じれば拒否するんだろう?)という興味しか俺にはなかった。

やらせてみると、俺の背中を胸で洗いつつ乳首がすれる感触を楽しみ、股で腕を洗わせればクリを擦る女だった。
だから足の指を洗う前に、舌で綺麗にさせてみたが、これも嬉々としてやっていた。
そんな変態女なので、どこまでも行ってやろうと思った。

「小便は飲めるか?」

「少しなら飲んだ事ある」

「いや、全部飲んで。俺と一緒の時にはそうしろよ」

そう言って、口を開けさせ、口の中に放出を開始。
一気に出したのでは零れるから少しずつ出してやった。
最初はごくごくと飲んでいたが、半分くらいからは結構キツそうだったが、これも飲みきった。
シャワーから出て、オナニーさせていると、「私もおしっこしたい」と言う。

「なら、そこのコップに出して自分で飲め」

「あなたの飲まされて、私のも飲むの?」

そう言いながらも、コップに手を伸ばしてそこに出し始めた。
最初はコントロールがきかず、床にこぼしていたが、なみなみと出し終えると口元へコップを運んでいった。
こうすんなりいくとどうも面白くないと思いながらも、ご褒美に2発ほどハメてやった。

その次に会った時には、野外を決行した。
郊外の結構大きな公園。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

地方都市のため、夜は本当に誰も来ない。
とりあえず小便したかったので、駐車場で飲ませてやった。
その時もきちんと受けきれず、Tシャツにこぼしていた。
そこでローターを仕込んで、ノーブラ・Tシャツで公園の中へ入っていく。

「ローター入れて、小便くさいTシャツ着て、ほんとどこまで変態かだよな」

「あなたのおしっこやろ?でもこういうの凄い興奮する。誰か見てくれないかな?」

「やっぱり見られたい?」

「やった事ないけど、想像したらゾクゾクする感じが堪らへん」

もう頭沸いているとしか思えない。

ベンチがあるところまで来て、ローターを取り出して見ると、太ももの半分くらいまで垂れていて、しかもこれまでで一番酷く濡れていた。
そこでチンコを出して、ローターでオナりながらしゃぶらせていた。
そうすると、ランニング中の50歳前後の男性が通りかかった。
当然驚いた表情だったが、次第にフェラシーンを食い入るように見ていた。
そこで俺はベンチに腰掛け、跨れとK代に言った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「うう、本当に見られながらするの?」

「お前がしたいって言うたんやろ?」

「やっぱ恥ずかしいわ」

「今さら何を?ゾクゾクしてるんやろ?」

「でもやっぱり・・・」

この時には、その男性は自分で扱いていた。

「ここでやめたら申し訳ないと思わんか?見てもらいながらイカしたるから」

そう言って手を引っ張り、ミニスカを捲り上げて腰を掴んで深々と沈めた。

「あひっぃ!もう入った瞬間から頭がチカチカする・・・」

「何だかんだ、今までで一番気持ちいいって顔してるで?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「も、もう、あうぁっ」

言葉にならない声を発して、そのままK代は自分で腰を振ってイッてしまった。

「何?もうイッたんか?お前ばっか気持ちよくなってもアレやからな。あのお父さんの、お前が手伝ったれ」

そうい言うと、急に表情が強張ったのが分かったが、中ではギュッと締め付けてくる。

「そんな知らない人のって・・・あんまりやわ」

「お父さん、こっちへどうぞ」

そう俺が言うと、男性は脇へ近づいてきた。
K代の腕を持って、手の平が彼のチンコに触れるよう誘導してやった。
顔は強張ったままだが、躊躇と諦めと興味が入り混じっている。

「K代、扱いたれ。唾をローション代わりにするんや」

手に唾を吐き、恐る恐る扱き出すK代。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「おっぱいも見せたれ」

乾きだして小便くさいシャツを捲り、おっぱいも露出してやると、興奮が高まってきたらしく、はぁはぁ言っている。
この間もK代は俺に跨ったまま。
俺が突き上げるリズムと手コキのリズムが合ってきた時、お父さんが「うぅうう、出そうです」と言った。

そこで一旦手を止めさせ・・・。

「どこに出します?」

「え、あの、太ももに・・・」

「太ももだって。かけてもらえ。どうぞ」

そこでまた開始させた。

「あ、ああ、もう出ます。出します」

そう言って、K代の太ももに発射した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

男性は、その後そそくさと「ありがとう」とだけ言い残して去っていった。

「ティッシュないから、掬って処理しろよ」

「知らない人のを?それは勘弁して」

「お前が出させたんやろ?お前の太ももやろ?お前がどうにかしろよ」

「そんな・・・酷すぎるわ・・・」

やはりそうは言うものの、まだ唾が乾ききっていない手で精子を掬い、飲んでいる。
そろそろ俺も出したくなり、バックをしようとK代を立たせたところ、大学生くらいの若いのがまたジョギングで通りかかった。
彼もまじまじと見ている。

「お、またお客さんや。どうする?今度は舐めたるか?」

「またそんな・・・私も変態やけど、あんたもたいがいや」

彼の股間は、ジャージのため既に勃起しているのが分かる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ええよ、おっぱい吸うか?」

そう言ってやるともじもししている。
そりゃまあそうだろう。

「溜まってるもんな出したほうがえぇ。おっぱい吸って、すっきりしてけや」

「じ、じゃあ・・・」

彼はK代を立たせたまま、おっぱいを吸い始めた。

「あふっ、ぁあぁ、あなたに見られて、知らない人に・・・」

根っからの変態のため、もう感じ始めていた。
彼はおっぱい好きだったらしく、10分くらいは吸って揉んでいただろうか。
1回はK代もイッたようなので・・・。

「そろそろどうにかしたれ」

「どうしたらいいの?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「どうしたらって、彼に聞いてみ?」

「あの、どうすれば・・・」

「え、え、その、舐めてもらえますか?」

そう言うとかれ彼はジャージをずり下げ、チンコを出した。
K代はむしゃぶりついた。
ズポズポと音を立てて吸っている。
彼も恍惚の表情。

「下の方も使ってもらうか?」

しゃがんでフェラをしていたK代だが、もう諦めたのか何も言わなくなった。
K代をベンチに手を付かせ、彼に向かって尻を上げさせ、俺が穴を開いて彼に見せながら・・・。

「こっちの方がええって。入れたって」

彼も無言で、おずおずと入れようとするが、上手く入らない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

もしかすると初めてなのかもしれない。

「K代、手伝ったれ」

K代は後ろ手に彼のチンコを引き寄せ、ずぶりと挿入した。

「あぁ・・・とうとう知らない人に入れられるように・・・」

1分もしないうち、彼のピストンが急に早くなり、「ああああ、もう、イきそうっす、イきそうっす」と言い、そのまま中に出してしまった。
元々ピルを飲んでおり妊娠の心配はなかったが、彼は急に現実に引き戻され、「すいません、すいません、も、もう気持ちよくって、出しちゃいました」と慌てていた。
心配ないから大丈夫と言ってあげたが、まだよく分かっていないらしく、ダッシュで帰っていった。

「あー、ようけ出してったな。地面に垂れてるやんけ・・・俺のも出すからな」

彼の精子とマン汁で汚れた穴に、俺も突き刺してやった。
3P経験はあったが、中出し後の穴に入れるのは俺も初めてだった。
何か、滑り具合というか、違った感触だった。
俺も中に放出してやり、出したものを手に受けさせて飲ませ、お掃除もさせてやった。
いいように扱われ、汚れていくK代はとても綺麗に思えた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

小便くさいTシャツだが、どうせこんな事もあろうかと、シマ◯ラの安いTシャツを着させており、値段的に捨ててもいいものだった。
だからTシャツで股ぐらを拭いてやり、ベトベトになったTシャツはこれはもう着れないなとゴミ箱に捨ててやった。
K代はミニスカしか穿いておらず、羽織るものもない。
その格好で駐車場に向かったが、その途中で20代前半くらいのカップルにすれ違った。
男は驚きながらも好奇の目線を、女は驚きと、軽蔑の眼差しを向けてくる。

カップルが行き去ってから・・・。

「あの子、凄い汚らわしい目で見てきた・・・」

「どうせ同じような体してて、やる事やってるのにな」

「どこまで晒せば気が済むの?」

「どこまでもさ。K代、こういうの好きで堪らんみたいやしな」

「彼女にここまでして、気がしれん」

そうだった、付き合っている体(てい)だった。
まあ、愛せはしないが、汚れたK代は綺麗な事は間違いない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しばらくそんなプレイを楽しんでいたが、あるとき右乳首にピアスを開けさせた。

またしばらくして海に行った。
暑い日だったが、海水浴シーズンから外れた田舎の海水浴場。
誰もいない。

暫くトップレスで泳がした後、岩場のところでK代に小便を飲ませていると、ギャル男3人組がやってきた。
俺らを見て、固まったが、目が釘付けだった。
この頃には命じるまま、どこでも誰でも股を開くよう仕込んでいた。
K代を立たせ、水着のパンツを下げて毛を見せながら・・・。

「よければどうぞ。こいつも喜びますんで」

「まじっすか?」

「おい、どうするよ?」

「じゃあ、お言葉に甘えて」

そんな感じで、ギャル男3人がK代に群がった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「中に出してもいいですよ」

「ほんまですか!?」

あとはされるがままだった。
後で聞いたら、計7、8回はやられたという。

「姉さん、どんだけエロいんすか?」

「そんなに腰振られたら、俺もたないっすよ」

・・・などとギャル男たちは言っていた。

1年くらい調教して楽しんでいたが、K代が結婚どうこうという話を出してきた。
さらさらそんな気はなく、どうしようかと思っていたら、関東への転勤辞令が下った。
それを機に連絡を絶ったのだが、あれからどうしている事か。

ただ、どこに出しても恥ずかしくない変態に仕上がった事だけは確かだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか どこに出しても恥ずかしくない変態女

宗教勧誘のオバちゃんの目の前で露出オナニー
画像はイメージです
大学時代、昼間っからAV観てオナニーしてたら“ピンポーン”って呼び鈴が鳴った。
とりあえずパンツ履いてレンズ覗いてみると、そこには化粧の濃い50過ぎのオバちゃん。
なんとなく見覚えがあって、年に何度か来る宗教勧誘のオバちゃんだった。

オナニーがイイ感じだったのを邪魔されてイラついたのと、人の話を聞かない宗教勧誘のあのノリが以前から大嫌いだったのもあって、ここはひとつ露出でもしてやろうかと思った。
とりあえず流しっぱなしだったAVの音量をやや上げ、Tシャツにトランクスという格好でドアを開けた。
案の定、宗教の勧誘で「少々お時間よろしいでしょうか」と言ってきた。

いつもなら「いや、この後用事あるんで」とか言って追い出すとこだが、「まぁいいすよ」と興味ありげな感じで返事してみた。

こうなると水を得た魚のようにオバちゃん喋り出す。

「信じているものはありますか?」だの、「◯◯◯(忘れた。たぶん宗教名)をご存知ですか?」だのと質問攻め。

俺は「まぁ」とか「はぁ」とか曖昧な返事しつつ、何気なく右手でゆっくりパンツをさすってみた。
この宗教オバちゃんの気色悪いところは、カッと目を見開いて相手の目から絶対に目線を外さないところで、視界に入っていないのか俺が右手で股間をモミモミしても気にする素振りもなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

割と聞こえるレベルで俺の後ろからAVのアヘ声が聞こえてきてるのに、説明に夢中なのか全く気にしてなかった。
調子に乗った俺はトランクスのボタンを外し、半勃ち気味だったチンコを取り出してみた。

(流石に気づくか?)と思ったけど、目線を俺の目から外しやしねえw

この状況に興奮した俺は完全にフル勃起。
チンコをゆっくりシコシコしながら上擦った声で受け答えしてた。
ゆっくりシコシコしてるだけなのにすっげー気持ち良くて、じわじわと先走りが出てきた。

「最近起きている悲惨な事件について何か気になるものはありますか?」
「やっぱその・・・性犯罪とか(ハァハァ)」

「そうですね、やはりそういった悲しい出来事を世から無くすためにも我々の(ry」

・・・みたいなやりとりをした時は流石にシュールだと思ったw
オバちゃん、目の前で起きてますよ性犯罪w

なんかもう心臓バクバク、ちんこビンビンで、今までで一番気持ちイイオナニーだったと思う。
いつまでも続くかと思ったこの至福の時間だったが、それも突然に終わりが来てしまった。

「それでですね、ぜひこのパンフレットを一度読んでいただきたいんです」と言ってオバちゃんがカバンをまさぐる時に、俺の目から視線を外したのだ。

カバンからパンフレットを取り出した瞬間に、オバちゃんの目がさらにギョッと見開いた。
もちろん視線は赤黒く勃起してるマイサンw
2、3秒固まるオバちゃん。
興奮が最高潮の俺。

「・・・お、お邪魔でしたね。失礼しますね」
「は、はぁい・・ハァハァ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

慇懃に詫びて、ゆっくりとドアを閉めてオバちゃんは居なくなった。
視線から開放された俺はチンコを激しくシゴきながら部屋に戻ってティッシュに発射。
なんかドビューっと物凄い勢いで出た。
初めて付き合った彼女と初セックスした時ですらここまでは出なかったと思う。

射精後しばらく放心してたが、落ち着いて冷静になってみるとなんか色々怖くなった。
すぐにオバちゃんがお巡りさん連れてまた来たらどないしよ・・・とか。

なんとか幸いにも通報はされなかったらしく、その上それから二度と宗教勧誘が来なくなったので俺としては良い事ずくめだったw
さすがにもう露出する気にはならんかったけどね。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 宗教勧誘のオバちゃんの目の前で露出オナニー

妻の浮気ごっこ
画像はイメージです
私達夫婦は、実際に浮気するまでは行っていない(?)と思うのですが、よく「浮気告白ごっこ」をして夜の生活を楽しんでいます。

私の妻は、内気で真面目で、浮気などするタイプではありません。
結婚して日も浅いし、私に惚れてるようですしね。
ただ、私は、「妻が他の男に抱かれるのを見たい」という願望があって、こちらの掲示板などを覗いては欲望を鬱積させているのです。

実際に浮気されたのではたまりませんが、私は言葉でその感覚を楽しんでいます。
浮気告白ゴッコというか、浮気のイメージプレイですね。
妻も、そういうエッチな話には興奮するようで、普段はイヤラシイ話はしないのに、そういう時は調子を合わせてくれます。

具体的には、セックス前の、たいてい下着の上からアソコを撫でている段階で、話を始めます。
たとえば、その日は、妻が街に出てデパートで買い物をしてきたとします。
私は、その日あったことを、パンティの上で指を動かしながら聞くのです。

「どこに行ったの?」「電車は混んでたかい?」といった普通の質問から、次第に「電車で痴漢にあわなかったかい?」「ナンパされたかい?」といった、少しエッチな内容にしていきます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

妻は最初のうちは「声なんてかけられてないわ」とか「そんな事ないわ」と、答えているのですが、だんだん息がはずんで来るのがわかります。

「ほんとは、電車で触られたんだろ?・・こんなふうに?」などと言いながら、ヒップを撫で回して後ろのほうからパンティのクロッチを触ります。

すると、下着の上からもジワッっと湿ってくるのがわかるのです。

「・・・そう・・ほんとは・・触られたのよ・・」と、あえぐ妻。

「やっぱり・・どんな男だったんだい?」
「ううん・・あの・・中年のおじさんよ」

「いい男だったの?」
「そうじゃないわ・・普通のサラリーマンの・・おじさん」

妻は多少ファザコンがあるのか、同年代の若い男より中年に弱いらしいのです。

「スカートの上から?」
「そ・・そうよ」

「ん?正直に言ってごらん?ほんとは、中も触られたんじゃないの?」
「ん・・そうなの・・スカートを捲られて・・下から・・」

「ストッキングは?」
「・・・今日は、はいてなかったわ・・」

「生足だったんだね?」
「・・そうよ・・あんっ・・」

「じかに、パンティを触られたの?」
「じかに触られたわ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「触られたくて、生足だったのかい?」
「・・・ええ・・ごめんね・・触られたかったの」

「ミニスカートだったんだろ?」
「そうよ・・あの・・赤いミニ」

「あんなに短かったら、だめじゃないか。簡単に手が入っちゃうぞ」
「そうよ・・簡単に入れられちゃうの・・好きなの」

「パンティだけかい?触られたのは?」
「・・・う・・ううん・・その中も・・」

このあたりまでくると、私はパンティの隙間から指を入れ、ヌルヌルになったアソコをクチュクチュと掻き回します。
この段階になると妻も興奮し、以後は私が話す内容を誘導しなくても、ちょっと尋ねるだけで自分からどんどんエッチなことをしゃべるのです。

「それからどうしたの?」
「ゆ・・指を・・指を入れてきたわ」

「指を・・・こんな風にかっ?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あああんっ・・そう・・いえ・・もっと深くによっ・・」

「こうかっ?」
「あっ・・そう・・そこ・・、・・そこで動かしたのよ」

「こんな風にかっ?」
「ああっ・・そうよぉっ・・、・・入れたり・出したりされたのっ」

前戯が進んで、パンティを脱がし、もうじき結合かと言う段階になると、妻はもう質問しなくとも、色々な話をあえぎながらしゃべりはじめます。
一種のトランス状態というか、淫らな女の霊が妻に乗り移ったかのようです。

「電車が揺れるの。そうすると立っていられないの」

「おじさんが後ろから抱きかかえて支えてくれたわ」

「おじさんのが、お尻に当たるのよ。すごく固いの」

「周りの人が変な目で見るけど、誰も止めてくれないの」

「(クチュクチュ)ってエッチな音がみんなに聞こえてたみたい」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


・・・といった調子です。

妻が口を閉じるのは、私のペニスを咥えている間だけで、亀頭をしゃぶりながら次の話す内容を決めているらしいんです。

「途中の駅で、おじさんに、押されて降りたの」
「パンティが下にずらされていて、スカートから出ちゃいそうだったわ」
「うまく歩けなくて、おじさんにすがりついてたのよ」
「おじさんは、駅を出て、どんどん私を引っ張っていったの」
「ホテルがあって、そのまま連れ込まれちゃったのよ」

・・・というように、お話が展開する時もあれば、痴漢にあって興奮しているところを、ナンパされてホテルに入る、という展開もあります。
デパートで買い物した時に、昔の知り合いと偶然遭って、という話もあります。

ホテルに入ってから、どんなふうにセックスしたのかというあたりになると、妻の口調はいよいよ具体的になり、時として、実際にやっているのではないか、と思うほど細かい内容に触れたりもするんです。

「シャワーの温度がうまくできなかったから、来てもらったのよ」

「私はタオルを巻いてたわ。おじさんは、もう浴衣に着替えたけど」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「おじさんのアレ、こう、右に曲がってたの」

「タマタマを舌に乗せて舐め上げる時にちょっと揺らすのが、気持ちいいって」

「そのまま後ろから入れようとしたけど、ベッドが柔らかすぎて合わなかったの」

こういうリアリティのある言い方だと、私が極度に興奮するので、妻も工夫して、色々考えてくれるのでしょう。
特に男のペニスの描写は、単に「大きい」とかではなく、実に具体的で、まさにそれを間近に見て、口に含み、膣に収めた、という感じです。

「真ん中は細いんだけど、すごく長いの。先がゴルフボールみたいに膨らんでて」

「頭が、赤くて大きかった。テカテカ光ってて、ツブツブがいっぱい浮いてるの」

「そんなに大きくなかったのに、へんなの。入ってから、もっと膨らんだの」

「先は(包茎で)細かったわ。でも根元が太いのよ。奥まで入ると入り口が・・」

いったい、どこでそれだけのペニスを想起できるのかと言うほど多彩な描写を、私のペニスを舐める合間に聞かせてくれるのです。
たまに言葉を切って舌を亀頭に這わせながら考え込む表情が、とてもセクシー。
単語を考えているのか、実際の情事を思い出しているのか、妖しい魅力です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


やがて私はたいてい妻が「白状した」体位をとって、彼女と結合します。
私は、できるだけゆっくり動かしながら、話させる時間を引き延ばします。
そこから先は、もう、お話と言うよりは、叫び声の連続ですが。
妻の演技(?)は、ますます盛り上がり、最後まで続きます。

「どこに、出されたんだっ?」
「ああっ・・中よ・・お腹の中に出されたのっ」

「コンドームはっ?付けなかったのか」
「・・付けなかったわ」

「どうしてだっ?」
「欲しかったの・・・そのまま入れて欲しかったのぉっ」

「それで出されたのかっ?」
「ああんっ・・そうよっ」

「奥にかっ?この、奥にかっ?」
「そう・・ああっ・・そうよっ・・お腹の、奥に出されたのよっ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「どれくらいだっ?」
「いっぱいよ・・ああ・・すごくいっぱい・・・いっぱい出されたのっ」

「この・・中に・・出されたんだなっ」
「ああんっ・・おじさん、いっぱい・・おじさんのがいっぱい」

「嬉しかったのか?」
「あぁぁ、嬉しいぃ・・いっぱい出してちょうだい・・もっといっぱいにして」

「射精、されたんだなっ!」
「そうよっ、シャセーされたのっ・・セイエキ、いっぱい入れてもらったの」

「うおおおおっ」
「アアッ、イックウ・・イクゥっ!」

・・・私たち夫婦は、子供が欲しいので、避妊はしていません。
妻の膣内に思いきり射精し、燃え尽きて、しばらくは虚脱状態です。

妻も、アソコから私の(言っておきますが私のです!)精液を垂らしながら、しばらく突っ伏しており、その間に元々の人格が戻ってくるようです。
いっとき淫乱娘になっていた妻は、いつも恥ずかしそうに身を起こし、私のペニスを軽くティッシュで拭い、それから口に含んで精液を吸い出します。
これは、自分の愛液は口にしたくないからだそうですが、精液は平気のようです。

私のをキレイにすると、向こうを向いて自分の性器をティッシュで拭い、私と添い寝の位置に戻るのです。

それで、小さな声で、「さっきのは、全部嘘だから、ね?」と恥ずかしげに、言うのです。

うーーん、なんて可愛いんだ。
もう、最高の妻ですよ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 妻の浮気ごっこ

パンツとブルマを一気に
画像はイメージです
私の中学生のときの露出体験を報告します。
私は当時露出に興味がありました。
興味と言っても少しのスリルを感じたかっただけだし、正確には全く露出ではありません。

休みの日にホットパンツをノーパンではいたり、冬に厚着をしてノーブラにしたりとかそんな程度です。
当時はばれたらどうしようとか恥ずかしい思いでなかなか大胆になれずにいました。
誰にもばれずにできる露出をしたかったのです。

そんなとき、学校でモアレ検査の連絡がありました。
みなさんご存じの、背中とおしりの半分まで見せるあの検査です。


私も小学校のとき受けたのでよく知っていました。
そこで私はモアレ検査のときに露出しようと思いました。
カーテンがかかっているから誰にもばれないし、医者には必ず見せることができるからです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は検査の日に一番可愛いブラとパンツを着ました。
いよいよ検査の時間がきて、男女別に体育館に体操服で集められました。

検査のときは女子しかいないし、ばれないと分かっててもかなりドキドキしていました。
私の名前が呼ばれて、初めのカーテンの中に入りました。
そこで体操服とブラを脱いでかごの中にブラを上にして置きました。

そこで本当ならブルマとパンツをおしりの半分まで下げるのですが、私は少し違いました。
おしり側は、おしりの割れ目がほんの少し見えるくらいまでしか下げず、前側を毛がしっかり見えるまで下げたのです。

その状態にしてしばらくして、また私の名前が呼ばれて、検査するところに入りました。
最初は医者の人は気付いてないような感じでした。

それから台に乗ると看護婦さんが、『もう少しブルマ下げてくれる?』と言いました。

完璧に私のねらい通りです。
私は自然を装い、パンツとブルマを一気に下まで下ろしました。
予定ではブルマを太ももの上の方くらいまで下げるつもりでしたが、緊張で勢いあまってひざまで下がりました。

おしりも前も、もう完全に丸出しで、ほとんど全裸です。

医者と看護婦さんの顔をちらっと見ると、2人ともかなり驚いていましたが、何も言いませんでした。
そのまま検査は終わり、私はブルマを直さずに正面を向いて、ありがとうございましたと言い、検査の部屋を出ました。
ブラを手にとって改めて自分を見るとすべてをさらけだしていて、前も濡れていました。

恥ずかしさが込み上げてきましたが、それよりドキドキと興奮の方が大きかったです。
この体験が私の露出を大胆にしていったきっかけになりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか パンツとブルマを一気に

彼女の浮気相手が送りつけてきたハメ撮り動画
画像はイメージです
当時俺は大学二年生、大学で知り合った同学年の彼女『ユカ』がいました。
ユカはかなり可愛くて、高校の時は学校案内のモデルを頼まれたり、大学に入ってからは二度ほど雑誌に載ったりと自慢の彼女でした。


二年生の春からユカは居酒屋でバイトを始め、気が利く性格も併せてお客さんからも人気者だったそうです。
ただバイト終わるとクタクタでメールが返ってこなかったり、バイトが終わってから深夜営業の店で飲み会があったりと、少し心配な事もありましたが、ユカとの仲は変わらず順調に過ごしていました。

二年生の学年末試験期間中の雨降りの日の事です。
その日は選択科目の試験で俺だけ大学に来ていました。
テストは昼過ぎまでだったので、夕方からユカの家で一緒に勉強する約束をしていたのですが、試験後に携帯をチェックすると・・・。

『ごめん風邪ひいた。移したらダメだから、今日はゴメンだけどキャンセルさせて。俺くんもあったかくして風邪ひかないでね。ユカはこれから一日寝るです』とメールが。

風邪なら仕方がないと思い、フルーツでも持って見舞いに行くかと雨の中彼女の家に向かいました。
途中のスーパーでリンゴと苺を買い、彼女の家の近くに来た頃にはだいぶ雨足も強まり、本格的な大雨になっていました。
ですがここまで来て引き返すわけにも行かず、ブーツを濡らしながらやっと彼女が一人暮らしをしているマンションに到着。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

雷雲がゴロゴロと鳴る中、ユカの部屋がある4階まで階段を昇ります。
彼女の部屋に前に立ちドアホンを押そうとしたその時・・・。

ゴロゴロ・・・ガシャーン!!

突然雷鳴が鳴り響き、空が光りました。

(怖えぇ~・・・)

驚きながらドアホンを押しました。

ピンポーン♪

・・・。

返事はありません。
さらに何度か鳴らしますが反応なし。
どうしようかと考える間にもう一発、ゴロゴロゴロゴロ・・・ガシャーン!と雷が落ちました。

(寝てるのか、薬でも買いに行ったか・・・?)

一度携帯に掛けようかと思いましたが、寝てるのを起こしても悪いのでとりあえずメール。
結局返信がないので、ドアノブに買物袋を下げて、もう一度メールを送ってその日は帰りました。

その後、期末試験が終わって春休み。
ユカと一泊二日で旅行に行きました。
久しぶりにゆっくりユカと一緒に過ごす一日は楽しく、相変わらずユカは可愛くて幸せな時間を過ごせました。
旅行から帰った次の日、ポストを調べるとピザや風俗のチラシと一緒に茶封筒が。
宛名も無く、ポストを間違えたのかなと思いましたが、とりあえず部屋に持ち帰り中を確認すると、中にはDVD-Rが一枚入っていました。
しかもその表面には『◯◯ユカ』と、ユカの名前がフルネームで手書きされていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


(????)

状況が把握できないまま、とりあえずデッキに入れます。
青一色の画面から切り替わり映し出されたのは、付き合い始めてから何度も通ったユカの部屋。

(ローアングルで、こんな感じにクローゼットが見えるって事は・・・枕元から撮ってるのか?)

そんな事を考えながら見ているとユカがフレームインしてきました。
ガーリーなワンピと、首には俺が誕生日にプレゼントしたアナスイのネックレス。
大きめな紫の石をあしらったネックレスをユカは気に入ってくれていました。

このままユカがビデオメッセージを録画して終わってくれたらどんなに良かったか。
しかし望みは裏切られ、信じたくない物が映し出されました。

カメラの位置が変わり、そこに映ったのは剥き出しのペニスと、靴下だけの男の両脚。
下半身裸でベッドに腰掛けて、片手でカメラを構えた状態の画です。
頭の芯がカーッと熱くなり、掌に汗が滲んでくるのがわかりました。
画面の中のユカは、カメラを構えた男の命令に従い服を脱いでいる途中。
靴下を脱ぎ、ホックを外してワンピースを脱ぎ、薔薇の刺繍がされた白いブラジャーを外し、カメラの前に白い胸を晒しています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ユカが最後にパンツを脱ぎ、全裸になると男のペニスの前に跪きました。
裸にネックレスだけの姿でカメラに向かって少し困ったような顔を向け、男の太股に舌を這わせていきます。
時折、カメラを構えている男の反応を窺いながら。
そのまま亀頭に舌を絡め刺激すると、思わず男が「ん・・・」と声を上げ画面が揺れました。
それを見逃さずユカがペニスの敏感なポイントを舌先で舐め続けています。
しつこく、丁寧に。

(この男を気持ちよくさせようと心を込めている)

それを理解した瞬間、吐き気がしました。

そのままユカは男のペニスを咥えて顔を前後に動かしています。
ペニスに歯が当たらないようにバカみたいに口を広げて。
そのまま10分ほどペニスを咥えたり舐めたりしている映像が続きました。
しばらくすると男が、「イクよ、飲んで」と冷たく言い、それに対しユカはペニスを咥えながら、「・・・ふぁい」と頷いています。
男が出したモノを飲むのが当たり前になっている空気でした。

(俺とする時は飲んでくれたりはしないのに・・・)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

正確には一度我慢して飲んでくれた事もあったのですが、次の日に、「お腹壊しちゃった・・・」と言われて俺が平謝り。
それからは飲ませるのはもちろん口に出すのも避けてたのに。

(それをこいつが・・・)

嫉妬と、怒りと、吐き気でどうにかなりそうでした。

画面の中のユカはペニスの先を舌で愛撫し続けています。
そして男が、「うっ・・・」と低く呻いた瞬間、ペニスが上下に暴れ勢いよく精子がユカに飛び散りました。
鼻に、頬っぺたに、髪の毛に、おでこに、鎖骨に、胸に、俺があげたネックレスにも。
この時点で、吐き気のせいだけじゃなく少し涙目になっていたかも知れません。
ユカは白い粘液まみれの顔でカメラに向かって微笑み、そこで一回映像が途切れました。

そしてまた画像が戻ると、さっきとは違う場面が映っています。
ユカが夜のマンションの踊り場に立ってる映像。
男は少し離れた所からカメラを構えているようで、さっきとは違う服のユカが映っています。
遠目からでも恥ずかしそうな様子が伝わりました。
スカートを押さえながら緊張した面持ちのユカに釘付けになります。

しばらく経つと、決心したようにゆっくりスカートの裾を上げ始めました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

膝上丈のスカートが持ち上がり、太ももが露わになり、そして恥ずかしそうに腰より上に捲り上げます。
当然パンツが見えると思っていた俺の目に飛び込んできたのは、なんとユカの陰毛でした。
カメラが一瞬動き、男が左手でピンクの下着を摘んでヒラヒラさせる様子を映し、またユカに戻ります。

「ん。後ろ」

男が言うとユカは後ろを向き、スカートを捲ってヒップをカメラの前に丸出しにしました。
恥ずかしいのか少し震えているようにも見えます。
ユカの全身を映していたカメラがゆっくりズームし、ユカのヒップが画面にアップになると、男が、「いいよ、広げて」とまた一言。
するとユカは足を開き、両手で自分のヒップを鷲掴みにすると大きく広げました。
画面にはユカのおまんことお尻の穴がくっきりと映っています。

その映像がしばらく続いた後、また画面が切り替わり今度は再びユカの部屋。
先程とは別の日らしく、外から激しい雨音が聞こえています。
ベッドの上のユカは裸で何も着けずに横たわり、こちらを見ています。
途中からカメラを回したのか、ユカの息は荒く、潤んだ目で男を見つめていました。

男が、「ほら、今度は背中してやるから俯せになって」と告げるとユカは素直に従い、男の愛撫で声を漏らしています。

指の股の間や耳たぶを舐められて感じる事や、背中を爪の先でなぞられると声が出る事、男はユカのツボを把握しているようでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「や・・・」

男の指にビクッと体を震わせて声を漏らし、自分から男の愛撫を欲しがるユカを見ていると無意識に勃起していました。
さらに男はユカに足を広げさせ、まんこに指を入れて中を掻き回しています。
とろんとした目で男の見つめて気持ち良さそうに、「きもちいい・・・あん・・・たっくん、もっとぉ・・・」と繰り返すユカ。
執拗に男の指がユカの中で動き回り、ユカがより苦しそうに喘ぎ始めた時・・・。

ピンポーン・・・。

チャイムが鳴りました。

「ん・・・?お♪」

男が嬉しそうな声を出し、カメラをドアホンの室内モニターに向けると、傘を差した男が映っています。
さらに二、三歩画面に近寄ると男の姿がはっきりと映し出されます。
その画面の中に映っていたのは俺でした。
空がゴロゴロ鳴る中、傘とスーパーの袋を持って。

それを見て理解しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ユカは俺と一緒にテスト勉強するのをキャンセルした日、この男と部屋にいたこと。
俺が差し入れを持って行った時、部屋の中でユカが知らない男とセックスしてたこと。

その事実に呆然としながら画面を見ていると、再びカメラがベッドの上に戻り、ユカが男の命令通りに騎乗位になる様子を映し出しています。
ユカは自分の手でぺニスを宛てがい男に跨がると、ゆっくり腰を動かし、喘ぎ声を上げました。
下から自分の胸を掴む男の指をしゃぶり、時には男の胸に舌を這わせながら。
男もゆっくり下から突き上げながらユカを言葉で責めます。

男「エロいな~。ユカっておちんちん好きなの?」

ユカ「うん、たっくんの・・・おちんちん大・・・好き!」

男「俺は?」

ユカ「好き!・・・大好き・・・」

男「ふ~ん?外に彼氏来てるけど、部屋に上げなくていいのかよ?」

ユカ「いやぁ・・・言わないで・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

男「ほら、携帯鳴ってる。出れば?」

ユカ「やぁ・・・」

男「ユカのエロい声聞かせてやれよ?ああ、それとも彼氏も入れて三人でやる?」

ユカ「いや・・・いじわるしないで・・・おねがい・・・」

男「ほら、ユカが出ないから切れちゃっただろ。つうか俺の上に乗っかりながらイヤとか言っても説得力ねぇんだけどwww」

ユカ「だって・・・」

男「じゃあ俺と彼氏、どっちが好き?」

ユカ「たっくんの方が好き・・・あん、・・・たっくん・・・になら何されてもいいよ・・・好きぃ」

ユカは腰を動かしながら切なげに答えています。
そのままユカは男に下から突き上げられて果て、そこで映像は終わりました。

その日はショックで、ぼーっとしていると夜になって携帯にメールが届きました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

知らないフリーメールで件名が『◯◯ユカ』。

驚きながら内容を確認すると、『ど~も。たっくんだけどDVD見た?』なんてふざけた一文から始まる信じたくない内容のメールでした。

内容を要約すると・・・。
・ユカとは同じバイト先だった。
・口説いたが、彼氏がいると拒否された。
・そのうちユカが彼氏(俺)を連れて店に遊びに来た。その時、彼氏(俺)にやんわり釘を刺された(そのメールを見て思い出しましたが、ユカにバイトの先輩に軽く口説かれたと聞き、店に行って牽制した事がありました)。
・その時、わざわざバイト先まで来て恥をかかせた彼氏(俺)とユカにムカついたんで、二人の仲をグチャグチャにしてやろうと思った。
・バイトの良い先輩として再度ユカと仲良くし、セフレにした(つうかユカの方は本気だったかもww)。
・今では俺の言うこと何でも聞く。
・時々AV見せて教えたらその通りのプレイするようになった。
・今ではケツの穴も足の指も舐める素敵なセフレ。
・ユカがオナニーする時はメールで俺に報告してから(俺の香水をかけたぬいぐるみの匂いを嗅いで、俺を思い出しながらするように教えた)。
・ユカって目隠しとか手錠とか好きだから。バックからハメてる時にケツ叩かれるのも。今度やってみれば?
・映画館でスカートの中触ってやったらすげえ濡らしてた(笑)
・大学卒業してから引越したんでお返しとか考えんなよ?(ユカには引越し先教えてないし携帯も変えたんで探してもムダなんで)
・せいぜい俺のザーメン飲んだ女と仲良くやれよ♪

この後、DVDとメールを見せ、ユカと別れました。
結局この男の狙い通りになったわけですが・・・。
今でも忘れられない寝取られ経験です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 彼女の浮気相手が送りつけてきたハメ撮り動画

美しい若妻の涙と埃を被った原付バイク
画像はイメージです
5年間の超節約生活を続け、やっとの思いで買った外車のバイクをマンションの駐輪場に停めていた。

ある日、同じ階に住んでいた21歳の若い奥さんがいきなり部屋を訪ねてきて、「本当に申し訳ありません!あの大きなバイクをこかしてしまいました」と言うので現場を見に行くと、僕のバイクは右側に倒れ、割れたカウルの破片やサイドミラーが散乱していました。


奥さんの話を聞くと、原付で買い物を済ませて帰ってきた時に僕のバイクの左側に停めようと進入したところ、バランスを崩して右側に倒れ、とっさに僕のバイクに掴まったがその勢いのまま僕のバイクごと倒れてしまったそう。

僕は奥さんを連れて自室に戻りましたが、あんなに苦労して買ったバイクを壊された怒りで冷静に話をすることが出来ませんでした。
テーブルをバンバン叩いて頭ごなしに怒鳴りまくっていました。
何を言ったかもほとんど覚えていません。
奥さんはひたすら正座で俯いて謝罪を繰り返していました。

話が弁償になったところで、バイクを買ったショップの担当に来てもらい、修理の見積もりをしてもらうことになりました。
担当者がざっと見て周り、「細かい金額はまだわからないけれど、ざっと30万近くかかると思うよ?」と言うと、奥さんは「さ・・・さんじゅ!?」と目を大きく見開いていました。

再び僕の部屋に戻ると、「申し訳ありませんが、私に30万ものお金はすぐに用意出来ません。でも必ず払いますので分割にしていただけませんか?」とほぼ土下座のような状態で言ってきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかも、「主人にはどうか内密に・・・」と付け加えてきました。

確かに21歳の専業主婦に30万のお金が用意出来るなんて思っていなかったし、この旦那さんも21歳の同級生で、高校を出て働き始めたのでそんなに稼ぎが良くないのも予想していた。

僕が、「じゃあいくらならすぐに払えるの?いくらなら旦那さんにもバレないの?」と聞くと、「・・・15万円です」と言うので、とりあえずその15万円を取りに帰ってもらった。

しばらくして現金の入ったボロボロの封筒を持って彼女は部屋にやってきた。
そして僕が現金を受け取ると彼女はこう言った。

「残りのお金も必ずお返しします。なので、どうか主人にだけは内密にお願いします・・・」

よっぽど旦那さんにバレるのが恐ろしいのだろう。
しかし彼女が何回も何回も念を押してくるので僕は苛立っていた。

「足りない分は身体で払ってもらってもいいんだぞ・・・」

僕は考えてもいなかったことを呟いてしまった。

彼女は僕をじっと見つめてきた。
たぶん彼女には僕が悪魔に見えていたんだと思う。
そしてしばらくして彼女がこう呟いた。

「・・・身体で払う、というのはどういうことをすればいいんですか?」

僕はすかさず、「脱げよ」と言った。
彼女は躊躇いながらも一枚一枚身に着けていた服を脱ぎ始めた。

そして一糸まとわぬ裸になって、「本当にこれで残りのお金払わなくていいんですよね?主人にも黙っておいてくれるんですよね?」と言った。

僕は頷くと彼女を寝室に連れて行きベッドに押し倒した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

さすがに21歳の身体は美しかった。
男性経験なんてほとんどないのだろう。
まったく黒ずんでいないピンク色の乳首が印象的だった。
薄い陰毛を指で分けるとこれもまたピンク色の綺麗な女性器だった。

僕が彼女の体を弄んでいる間、彼女はぎゅっと目を瞑り、息を殺して耐えていた。
しかし女性器に舌を這わすと微かな声が漏れ始めた。

僕は彼女の目の前にペニスを突き出すと、「咥えろ、しゃぶれ」と命令した。

彼女は僕を見ないようにしてペニスを口に含んだ。
お世辞にも上手とは言えなかった。
なんとか亀頭の部分まで口に入れたが、そこからは舌で適当に舐めているだけだった。

僕は彼女に仰向けになって寝るように命じると、彼女は仰向けに寝転がり、顔を腕で隠しながらゆっくりと両足を開いた。
彼女の性器は僕の唾液と彼女自身の愛液で光っていた。
そしてペニスの先を彼女の性器に当てるとゆっくり挿入した。

「・・・っ!・・・ん」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女は右腕で目の辺りを隠しながら、左手で自らの口を押さえて声を出すまいと必死に耐えていた。
彼女の中はとても狭く、温かく、そして痛いぐらいに締め付けてくるものだった。

僕が腰を前後に動かし始めると、彼女からはだんだんと大きな声が漏れてくるようになった。
そして彼女の目の辺りから大粒の涙がポトポト落ちてきていた。
僕は込み上げる射精感に逆らうことなく、彼女のお腹めがけて射精した。
そして彼女の横に寝転がり彼女の頭を撫でた。
僕も彼女も一言も話さなかった。

僕は彼女の頭を撫でながら泣き止むのを待った。
しばらくして彼女は起き上がり、ティッシュでお腹の精子を拭き取るとこう言った。

「これで終わりですよね?もうお金払わなくていいんですよね?」

彼女はまだ涙声だった。
僕が静かに頷くと、彼女はさっさと服を着て僕の部屋を出て行った。

その日の夜、部屋が暑かったのでベランダに出てタバコを吸っていると、ちょうど僕の部屋の上の階から彼女の元気そうな声が聞こえてきた。
ちょうど旦那さんも帰っているようで新婚ホヤホヤの幸せそうな声が聞こえている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ズキッと僕の心が痛んだ。
そしてとてつもない罪悪感が襲ってきた。
目の前に泣いている奥さんの映像が浮かび上がった。

(僕はなんてことをしてしまったんだ!)

たかがバイクの修理代のために、新婚で幸せ絶頂な奥さんの心に一生消えない傷を負わせてしまった。
別に彼女は『お金を払わない』なんて言っていないじゃないか。
僕があのバイクをマンションの駐輪場に停めずに、近くの小さなガレージでも借りてそこで保管していればよかったんじゃないか。
そう言えば、彼女が裸になった時に腹や腕に赤く腫れている箇所がいくつかあったように思えるけど、彼女がこけたときにケガはしなかったのだろうか?
なぜ彼女のケガを気にかけなかったのか?

そんなことが一気に僕の頭の中をぐるぐる回っている。

僕は部屋に入ると彼女から渡された封筒を見てみた。
消えかけていて読めないが薄っすらと文字が書いていった。
僕にはそれが『結婚祝』、そして裏面にも消えかけているが『祖母より』と書いてあるように見えた。
後悔の念に苛まれる毎日を送るハメになった。

数週間後、修理が終わってバイクが僕の手元に帰ってきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

近所の貸しガレージを借りたので、そこにバイクを停めてマンションに帰ると、旦那さんと仲良く出掛けていく彼女の姿を見た。
無邪気に笑ってはいるが、その瞳の奥には暗いモノがあるように感じた。

彼女から受け取ったお金には手をつけていない。
受け取った時のまま、僕のベッドサイドのテーブルに置いてあった。
僕はその封筒と、『バイク直りました』と書いたメモを新しい封筒に入れて彼女の名前を書いた。
そして旦那さんの不在を見計らって彼女の部屋に出向き、チャイムを鳴らした。
奥さんが玄関の向こう側に来た音を聞くと、新しい封筒をドアについている新聞受けに入れた。
中から封筒を開ける音が聴こえたので僕はその場を立ち去った。
廊下の角を曲がる時、彼女の部屋の玄関が開いた音が聴こえたが、僕は振り返ることなく角を曲がった。

それから2ヶ月後、僕は転勤のために引っ越しすることになった。
最後に駐輪場に行くと、あの時と同じ状態で埃をかぶった彼女の原付があった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 美しい若妻の涙と埃を被った原付バイク

妹の友達の女子高生たちとエッチなポッキーゲーム
画像はイメージです
俺が一人暮らしの大学4年生の頃。
内定が決まり、単位も申し分ない、割のいいバイトのおかげで金もあるし、友達もいる。
一つ心残りだったのが、女の子と手すら繋いだことがない事だった・・・。

で、ダラダラと実家で夏休みを過ごしていた夜9時ごろ、妹(高2:16歳)から電話がかかってきた。

「あー・・・兄貴?今大丈夫かな?」

「大丈夫よー」

そう答えたが、返事が返ってこない。
なんだか後ろでモゴモゴ話しているようだ。

「あ、お兄さんですかー?実は・・・私Aちゃん(妹)の友達なんですけどー・・・車を駅まで出して欲しいってAちゃんが言ってるんですよー」

「私じゃないしー!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


みたいな声が後ろから聴こえてくるが、まあいい。
送り迎えくらいなら進んで引き受けてやろう。

駅に着いた時、そこにいたのは4人の女子高生。
軽く詳細書くと。

A(妹):一番背が低く140cm台。
バスト?ヒップ?何それ。
シャツ出したりスカート短くしたりボタン開けたりしてるが、俺にとっては昔と変わらないちんちくりん。

B:ブス(四人の中では)。
だけどノリいいし、話しかけやすくはあるか。
悔しいが脚の絶妙な太さと黒ニーソで作られた絶対領域が視線を誘う。

C:Bよりノリがいい。
酔うとタメ語になる。
グラドルの相澤仁美に似てる。
膝上25cmレベルのミニスカとムッチリとした太もも、胸部からフンワリと焼き立ての食パンのように膨らんだ胸。

D:4人の中で一番可愛い。
現在彼氏持ちのスレンダー系。

聞くところによると、4人はカラオケオールする気だったらしい。

「なんで俺が必要なんだ?」

聞くと、高校生はオールできないと店員に言われたからだと・・・。
なるほど、俺は保護者か。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あと・・・お酒も飲みたいんですけど・・・ダメですか?」

イヤイヤイヤ。
ダメだろそれは。
しかし、妹を含めJK4人に頼みこまれるとどうにも断れなかった。
ダメ童貞だな、俺。

「お金は出します」と言うものの、そうはいかないと金も出して、ついでにお菓子まで買った。
そんでもってカラオケの料金まで払うって言ってしまった。
見栄っ張りなダメ童貞だな、俺。
結局、次に運転するのは朝になるだろうから、それまでには酒は抜けるだろうと自分の分まで買ってしまった。
流されやすくて見栄っ張りなダメ童貞である。

部屋に入ってみると、とても5人座れそうにない席。
3人部屋の間違いじゃないか?これ。
とりあえずぎゅうぎゅうに座ったwww

カラオケが一巡したあたりで・・・。

C「それじゃーC!アルコール処女を卒業しまーすwwwww」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


B「なにそれーwww」

一気に1/3くらい飲んでしまったようだ。
今のJKってこんななのか・・・とタジタジしていると・・・。

B「あれやろうよwwwwポキズリゲームwwwww」

妹は、「ちょっとー!兄貴いるんだからやめてよ!」と言った束の間、BとCに全身くすぐりされてあっさり懐柔されてしまった。
そして、「おにいちゃん、変な事したらぶっ殺すよぉ!」を最後の台詞にして寝込んでしまった。
こいつは恐ろしく酒が弱いらしい。

D「ふふっ、ぶっ殺すだって。可愛いw」

そう言いながらあっさり自分の分も飲み終え、妹の残りをクイッと飲み始めるD。
この子も油断ならんね。
ふと見たらCも1本目を飲み切り2本目を開けていた。

で、「ポキズリゲームとは何ぞや?」と問うと、Cがいきなり首にかかってたユルッユルのネクタイを取り、第二ボタンまで外して、前腕で寄せて谷間を強調した(これで伝わるかな?)。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

C「ここに1~3本順番にポッキー入れていって、入れられなくなったり、落としたら負け~!!wwどお?簡単でしょ?ww」

なんというゲームだ。
俺はボッキンボッキンだったが酒で判断能力が鈍っていたんだろう。
たぶん3人にバレバレだったと思う。

まずは俺から。
恐る恐るポッキーを取り出し、谷間の一番奥っ側に挿入する。
ずりゅりゅっと母性溢れる谷底に埋め込まれていったポッキーは、心なしか嬉しそうに見えた。
いや、たぶん俺が羨ましがってただけだけどね。

そんな俺を尻目に、BとDは気にもせずに3本ずつズブリと挿していく。
石取りゲームの要領で、これ以上入れられないような状態で俺の出番が回ってきた。
後一本入れられれば!
グイグイッとポッキーを押しのけて1本挟もうとしたその時、もにゅっと、極上の感覚が掌を伝う。
そう、触ってしまったのである。
不可抗力だが・・・。

俺「うわぁっ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺が手を除けたことにCは驚いて、ポッキーは落ちてしまった。

C「あ~あw俺さん罰ゲ~ム!wwはい、床に落ちたの以外全部食べてくださ~いwwあ、もちろん手は使わずにwwまた触られそうだしww」

そう言ってピラッとブラウスをたくし上げる。
俺は正常な判断能力を失っているのかもしれない。

「いらっしゃ~いw」という言葉にもてなされて、顔をブラウスの中に侵入させた。

このバストとヒップなので、当然スリムとは言い難いが、決してデブなどではないお腹である。
そんなお腹に、Cの体温で溶けたチョコレートが粘着している。
舌を這わせて剥がし取り、胃に収める。
今まで食べたどんなお菓子より美味しかった。
全てのポッキーを平らげると、ヌッとCの指が差し出される。
指先にはチョコレート。

「おっぱいに付いたチョコレートも取ってくださぁ~いwwはい、あーんwww」

もうどうなってもいいやとCの指をふやける程にしゃぶった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

B「じゃあ俺さん罰ゲーム~www今までのコイバナ教えてください!」

俺「今のが罰ゲームじゃないの?!てかコイバナなんて無いぞ!」

B「じゃあ俺さんドーテーですか?ww」

俺「ああ・・・」

B「・・・まぁ私も経験ないですけどw」

C「私はあるよwwww」

B「知ってるわ!www」

そんなこんなで妹は最初から寝てたし、Dは罰ゲームになる前に寝てたし、Bも寝たしで、残りは俺とC。
俺はこれ以上飲むと朝に運転できなくなるからと、Cに残りの酒一本も飲ませた。

C「眠たい・・・横なりたい・・・気持ち悪い・・・」

どうしたもんかと思ったが、ここで名案。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

車に運び込む。

「ここで寝とけ」と話し掛けるも反応がない。

完全に眠ったのか。
車を出ようとしたその瞬間、ある考えが脳裏をよぎる。
車に運んだそのこと自体は、紛れもない善意によるもの。
だが・・・この状況は・・・。

眠っているCに詰め寄る。
異様に短いので、パンツを見ること自体はイージーであった。
薄いパープル。
罰ゲームの時に見たブラの色と同じである。
そしてクロッチ部分が細長い楕円形に湿っている。
間違いない、罰ゲームの時だろう。
Cも興奮していた、ということなのか。

俺は行動に移す。

「寝ゲロすんなよー!」と冗談めかしに胸をパシンと軽く叩く。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


眠りが浅かったら起きてこられる程度の強さで。
起きてしまった時には冗談で済ますために。

・・・起きない。

俺は逡巡する。
小中高、まったく女性に縁が無かった。
大学に行ってもそれは変わらなかった。
そしてこれからの社会人生活も、SEという職種で内定をもらった以上、女性が圧倒的に少ない。
もう、これが最後だ。
女性と、しかも女子高生となど。

もう迷いはしない。
丁寧にパンツを摘まみ、横にずらす。
べっとりと付いた我慢汁で滑りもばっちりだ。
さあ、行こう。

“ずにゅるっ”

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

自分のチンポコだけ、温かい感覚に包まれている。
しっかりと俺のチンポコとCのオマンコがジグソーパズルのようにカッチリ繋がっている。

やった!成功だ!性交だ!
おおおおれは童貞を卒業したんだ!!!

そのあまりの高揚感に、一気に射精しそうになる。
一瞬で抜いて手のひらに射精し、バレないよう車の停めてあるコンビニのトイレで流した。
とりあえず冷静になれた。

車に戻り、Cの様子を観察する。

顔。
気づいてはいなさそうだ。
口の端から一筋の涎が伝い、シートに垂れている。
こうして見ると可愛い。
綺麗、美しいではなく、性欲を刺激する顔つきのような気がする。

胸。
男を狂わせる魔物のような存在。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

おっぱいの感触はこの先数年は忘れられそうにない。

脚。
物欲しげに愛液と我慢汁の合成液を垂らすその様は、発情期の牝のようだ。
まあ、発情期だったのはさっきまでの俺だが・・・。
軽く拭い、パンツをそっと戻した。

後悔が襲ってくる。
早く起きてくれ。
『何も覚えてない』と言ってくれ。
そう願いながら待った。
やがてCが目を覚ます。

C「あれぇ・・・?なんで車・・・?」

俺「横になりたいって言ってたけど、部屋は狭かったから移動したんだよ。寝ゲロでもされると困るから一緒に居させてもらったよ」

C「へぇ~・・・ありがとうございまぁす」

(バレてない・・・か?)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


どうやら酔いは覚めているらしい。

C「ふふ、お礼に何かしてあげますよ?」

俺「え?」

C「だって、コイバナないんですよね?wそれに酒とかお菓子とかカラオケ代まで出してもらってるんですもん」

俺「じゃあ・・・手、握ってくれん?」

Cは驚いたような顔をしたが、あっさりと手を出してくれた。
握手、指を絡めての恋人繋ぎ。

C「うっわぁ・・・これはこれで恥ずかしいですねwでも、もっと過激なの言われるかと思ってたー。エッチとかww」

俺「・・・んなことしねーよ」

それが、ただの偶然で出た言葉か、実は気づいていて俺を動揺させる言葉だったのか、問うことなど出来はしない。

こうして長い夜は終わった。
重くのしかかった童貞という枷を外した俺は、なんだか自信に溢れ、社会人生活を過ごしている。

ちなみに、Cとはあれ以降年に数回会うだけで、特に進展などはない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 妹の友達の女子高生たちとエッチなポッキーゲーム

友達の母親に寝てるふりしてチンポを露出
画像はイメージです
友達と遊んだ朝、友達がバイトに行くからって起こしてきたが、眠かったのでもう少し居させてもらった。

少ししてトイレに行きたくなって部屋を出たら、隣の部屋のドアが少し開いていた。

ちょっと覗いてみたら友達の母(40代。ちょっとケバ目だけどナイスボディ♪)が、白のパンティとノーブラ白T一枚の姿で横になっていた。
テレビを見てて気づかなかったらしく、じっくり観賞させて頂いた。
おしっこ行きたかったのと朝立ちの為、チンポは全開でした。
気づいたらスコスコしていて、友母のスケスケパンティと乳首見てたらもうイキそうでした。
横に寝返った時のお尻は最高で、白のレースのパンティがムチムチヒップにフィットしていて、その時が一番興奮した。

その時イクのを踏み留まり、お返しに見せてあげようと思った。
友達の部屋に戻ってパンツ一枚になり、とりあえず横になった。
友母は洗濯物を部屋で畳んで仕舞うのを知っていたので、友達の部屋に戻りパンツ一枚になりとりあえず横になった。

それから2時間くらいが経ち(その間、半裸姿の友母を何回も見に行きシコシコして興奮度MAX)、友母が動き出した!!
オレはチンポをパンツの横から出して寝息を軽くたて、腕を目の上に乗っけて部屋の下半分くらいが見える状態で待機。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そしたら友母が洗濯物を持って部屋に入ってきた。

「あらH君いたんだ」

独り言を発しながらその場に座り、洗濯物を畳み始めた。
その時、目に飛び込んだのが割れ目くっきりの白パンティ!!

(や、やばぃ勃起しちゃう)

興奮するのを抑えるのに必死だったのを覚えている。
マン毛はモロに透けていて、割れ目の部分もほのかに透けていた。
体育座りやあぐらの体勢を何度もとり、色んな状態の割れ目を観賞。
透け乳首も拝ませてもらい興奮は頂点。

その時、友母の動きがおかしくなった。
少し自分の方に近づいてきた気がする。
そして、顔だけ自分のチンポに接近しているのが分かった!!
何も言わずジーっと見ている模様。
もうそのシチュエーションにチンポは我慢できなくなり、半勃起までいってしまった。

それから友母はオレが寝ているベッドの奥に何枚か畳んだ洗濯物を置き始めた。
友母は座った状態で置いているので肘とかがパンツに当たったりする。

(あ、チンポに軽く手が当たった)

その時気づいた。
友母はオレのチンポをさりげなく触ろうとしている事に!

オレはもうバレてもいいって覚悟で、友母の顔が見えるくらいに腕を動かした。
なんとオレの裏筋を10cmくらいの距離でじっくり見ているではないか!

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その瞬間、オレのチンポはピクンっと完全に反り返った。
びっくりしたのか友母は顔をさっと上にあげた。
しかし、またすぐオレのカリ付近を至近距離で眺めていた。

その間オレは白パンティのお尻を観賞させてもらい、友母の顔も薄目で見させてもらい、我慢汁出たんじゃないかなってくらいフル勃起。
でも友母は寝息のせいか起きてる事に気づいてないらしく、珍しいであろうオレのフル勃起チンポをじっくり観賞している。

(オレの考えは間違いじゃなかった!!)

心の中で思い、お返しをしてあげた事にガッツポーズ。
その時、友母は二の腕をオレの腿にゆっくり乗っけてきた。
オレは少し寝息を大きくした。
その方が友母がもっと大胆な行動に出れるだろうと思ったからだ。

二の腕を乗っけた友母は何をするかと思ったら、ゆっくりとオレのお腹に手を乗っけてきた。
何をするのかと思ったら、そのままスーっとオレのチンポとお腹の間に手を入れてきたのだ!!
オレのカリに友母の手が擦れて最高に気持ちいい!
でも友母はこれ以上はヤバいと思ったのかチンポの下で手を全く動かさない。
そのままスーっと手を退けた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その後も友母はじっくりとオレのチンポを観賞し、オレは友母のパックリ割れ目とムッチリヒップを観賞した。
まじオナニーをしたかったが、その場は出来るわけもなく、この状況を楽しくやり過ごし、後で大量スペをトイレで発射すればいいやって思い、寝息に精を出した。

そして友母が来てから30分強、友母は部屋を後にした。
去り際に1回尿道をかる~~くツンとだけ触ってきた。
友母は見た目よりも大胆じゃないのねって思い、部屋に戻った友母の白パンティ&乳首を見ながらトイレから持ってきたティッシュの上に大量スペを放出した。

それから2時間くらいが経ち、オレは部屋でたばこを吸って漫画を読んでいたら友母が顔を覗かせた。

「あら、H君来てたのね」

その言葉にちょっと興奮。
知ってたでしょってねw
さすがにその時はパンティ姿じゃなかったが、オレの目には半裸姿がずっと浮かんでいた。
なんせ2時間は拝ませてもらったんだからね。

「ゆっくりしていってね。後でご飯持って来るわ」

ご飯持ってくる時にまたやってやろうかと思ったが、さすがに今後の為にやめといた。
友達の姉もいるんだが、この日は居なかったので、今度やろうと思った(今はもうやってますw)。
それから少しして食事を頂き、友母に「ご馳走様でしたほんとに」と言い残し自宅に戻った。

みなさん長々と付き合ってくれてありがとうございます。
初めて投稿の為、稚拙な文章ですんませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 友達の母親に寝てるふりしてチンポを露出

兄に彼氏を寝取られた
画像はイメージです
初めて出来た彼氏を実の“兄”に寝取られた話。

念のため断っておきますが、私は女です。

中学2年の時の話。

私の家は田舎の小さな町で、代々個人商店を営んでいます。
両親と祖母、兄と私の5人家族です。
2つ上の兄は成績優秀で、隣の市にある県内でもトップクラスの高校に通っていましたが、いわゆるオタクでルックスには無頓着。
暇さえあれば部屋に閉じこもり、ゲームばかりしているタイプでした。
当時の私は反抗期真っ盛りだった事もあり、友人に胸を張って紹介出来ない兄の事は正直嫌いで、ロクに会話もしていませんでした。

梅雨入りの頃だったと思います。
兄がクラスメイトの友人を家に連れてきました。
兄がたまに連れてくる友人といえば、大体は兄と同じようなパッとしない人ばかりでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ハイハイ、どうせまたオタク友達でしょ?」

母に促され、嫌々ながら部屋に飲み物を運んで行ったところ、その彼はすらりと背が高く、細身だけど、筋肉質で彫りの深い顔をしたイケメン。
爽やかな笑顔で「こんにちは」と挨拶され、その場で固まり、一目惚れしてしまいました。

彼が帰ってから散々迷いましたが、我慢しきれず兄の部屋に行き、彼について尋ねました。
彼の家は離れた市にあるのですが、近くには学力に合う学校が無かったため、ちょうど兄の高校と私達の家との中ほどの所に下宿しながら通っているそうです。
普段は目を合わせようともしない癖に必死に食いつく私に、兄は戸惑いつつ苦笑していました。

それまでも何となく“格好良いなぁ”と憧れる人はいましたが、本気の初恋は初めてだったので、テンションが上がりまくっていたんだと思います。
彼に興味がある事はもはやバレバレでしたので、開き直って兄に頼みこみ、仲を取り持ってもらう事にしました。

積極的に家に呼んでもらっては同席したり、遊びに行く際に一緒に連れて行ってもらったり、とにかく彼の目に入り意識してもらおうと必死でした。
偶然を装って出食わそうと、休日に彼の下宿の周りを一日中うろついたりといったストーカーじみた事までしていました。
そういった“作戦”の過程で、彼だけでなく兄との距離も縮まり、次第に会話も交わすようになっていきました。

交流を持ち始めてから分かったのですが、彼は外見とは裏腹に兄と同じオタク気質で、頭は非常に良いけれど、微妙にコミュ障気味だったり、女性慣れしていなかったり、運動音痴だったりと、ちょっと変わり者というか意外な面が色々とありました。
ですが、その頃には既にベタ惚れ状態でしたので、乙女脳によって“あばたもえくぼ”に変換され、いわゆるギャップ萌え的にさらに夢中になっていきます。

半年ほど経った冬の時期、私からの露骨すぎるアピールの連打に、奥手な彼もようやく腰を上げ、告白してくれました。
私が3年生に上がる頃にはセックスもするようになり、夏休みには『受験勉強を教えてもらう』という名目で、毎日のように彼の下宿に入り浸って、押しかけ女房気取りでした。

受験を終え、高校(彼や兄とは別のところですが)に入ってからも彼への熱は全く冷めず、「将来はこの人のお嫁さんになって子供も産むんだ」というのは私の中で完全に確定事項。
ピロートークの際には毎回、結婚式の内容やら子供の名前やら将来の相談を彼にあれこれと持ちかけ、少々引かれていました。

私の高校生活1年目も終わろうとする頃、高3だった彼はあっさりと難関大学に合格。
遠距離恋愛になってしまうので寂しくはありましたが、私も誇らしい気持ちでいっぱいでした。

そんなある日の事、友人と出掛ける予定が相手方の都合で急に無くなって、丸一日空いてしまったので、約束はしていませんでしたが彼の部屋を訪ねる事にしました。
会えなくなる前に少しでも多く思い出を作っておきたくて、空いた時間は全て残らず彼に費やすつもりでいたのです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


いつものように、ノックも適当に我が家のごとく部屋に上がったところ、何だかドタバタと騒がしい。

「入るよー」

部屋の引き戸を開けると、そこには彼と兄がいて、驚いた顔で私を見つめます。
ベッドに座る兄は下半身を布団で隠し、部屋の中央に立つ彼の髪はセットが乱れ、上着は前後が逆の状態。
足元には2人の下着と、兄のものであろうズボンが転がっています。
何が起こっているのか理解できず、数瞬頭が真っ白になり呆然と立ち尽くしてしまいました。
いえ、どう見ても“事後”だという事はすぐに理解したのですが、ありえないはずの光景を認めたくありませんでした。

パニックになりそうになるのを深呼吸で抑え、まずは服をきちんと着させ事情を聞く事に。

2人が関係を持ち始めたのは、その年の夏休みの事。
兄が彼の下宿に泊まった際に、2人で酒を飲み、酔った勢いでしてしまったんだとか。
私には隠していましたが、彼はバイで元々男性にも興味があったそうです。
兄の顔立ちは私にそっくりとよく言われるので、酔っていたせいもあり、私と過ごしているときの感覚になって、ムラムラきてしまったとの事。
それからは背徳感にハマり、私の目を盗み本格的に2人でセックスするようになったみたいです。

『最低の人間だ』と思いました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


一通りの話を聞き終えたところで、怒りが遅れて押し寄せてきて、一気に爆発しました。
近くにあったものを泣きながら手当たり次第に投げ付け、そのまま部屋を飛び出し帰宅。

帰ってからすぐにシャワーを浴びました。
下宿の、兄と寝ていたあのベッドの上で、兄に触れた手や舌やペニスで私にも触れていたのかと想像してしまい、おぞましくて吐きそうになりました。
自分の体中にとてつもなく汚らわしいものがこびりついたような気分になって、肌が赤くなり痛みを感じるまで、何度も何度も体を洗いました。

それから春休みの間中、ほとんど部屋から出ず、引きこもり過ごしました。
兄の姿を視界に入れたくなかったので、食事も部屋で1人で取っていました。

家族には心配されましたが、詳しくは話さず、ただ「失恋した」とだけ伝えたら、それ以上追及されずにそっとしておいてもらえました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 兄に彼氏を寝取られた

俺と妹の秘密の場所
画像はイメージです
俺は今年20歳で会社勤めをしていて、3歳下の妹がいます。
俺は16歳でバイクの免許を取り、暇さえあればあちこちドライブへと出掛けていた。
特に夏は近場に穴場な避暑地がないか探し回っていた。

そして一昨年、家から1時間程の所に穴場スポットを発見!
幹線道路から獣道を走る事15分程、雑木林が突然開けて陽射しが照らされている小さな滝壺を発見。
バイクが止められて平らで砂利の場所があり、休憩も出来るスペースがあり、水の流れも穏やかで深さもそこそこあるので、泳いだり水浴びには最高にちょうど良い場所だった。
更に一番気に入ったのは、幹線道路からここまでは歩くには道が悪く・・・って言うか、道がある事すら見落とす様な道で、距離もあり人気が全くなく、オフロードバイクだからこそ来れた場所で、ここなら誰にも邪魔されず、のんびり涼む事が出来ると思った。
実際一日いたが誰一人訪れる事はなかった。

そんな最高の穴場を見つけた俺は夏の間、休みの日には必ず訪れていた。
そして去年の夏も何度か訪れて、また行こうとしていた時だった・・・。

妹「ねぇ!お兄ちゃん、私をバイクで何処か泳ぎに連れて行ってよぉ~」

俺「なに高校生にもなって甘えてるんだよっ!友達と行ってこいよっ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


妹「だって行ってくれる友達いないんだもんっ!」

俺「お前・・・友達いないのか?」

妹「違うよっ!友達はみんな彼氏と出掛けていないのっ!」

俺「な~んだ・・・だったらお前も彼氏と行けばいいじゃん」

妹「彼氏いれば、お兄ちゃんなんかに頼まないよっ!」

俺「そんな可愛くない事言うヤツは何処も連れて行ってやらんっ!」

妹「あっ・・・ウソウソ!お願~い♪頼れるのはお兄ちゃんだけなんだよ~」

甘えて来る妹。
ま、元々妹は可愛いと思っているので、「しょうがねぇーなっ!俺のとっておきの場所に連れて行ってやるよっ」と言うと、「わーい!やったぁ~♪」と分かりやすい反応をした。

妹の分のヘルメットを用意し待っていると「お待たせ~♪」とリュックを背負った妹がやってきた。
妹が中学2年を過ぎたあたりから背中に柔らかい感触を感じる様になって、最近ではその膨らみもかなりのもので、正直バイクに乗せてやるのは嬉しいんだよな。
そんな事を思いながら俺はバイクを走り始めた。

家から30分程走ったところで例の獣道へ反れた。
すると「ちょっと!お兄ちゃん!こんな道走って何処へ行くのっ!?」と騒ぎ始めたので、「いーからいーからっ!振り落とされない様にしっかり掴まってろよっ!」とだけ言って目的地を目指した。

幹線道路から15分程走り、俺のとっておきの場所に着いた。

俺「ほら着いたぞ!」

妹「わぁ~♪滝があるぅ~!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


到着するやヘルメットを脱ぐと滝壺へと走って行った。

妹「わぁー!水チョー綺麗~」

はしゃぐ妹に、「どうだ?いい場所だろ」と言うと・・・。

妹「うんっ!♪最高!涼しくて気持ちイイ~」

俺は早速持って来たレジャーシートを砂利の上に広げ荷物を重り代りに置いた。

妹「でも待って・・・泳ぎ終わって帰る時、何処で着替えるの?」

俺「はぁ?何処も何もここには誰も来ないから大丈夫だよ!」

妹「えっ!マジでっ!」

俺「そーだよ、俺なんか初めこそ海パン履いてたけど今じゃ裸で泳ぐぜ!」

妹「ゲッ!もしかして今日も裸で泳ぐつもり?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺「今日は流石に玲奈がいるから海パン履くけど、でもどうかな途中で脱いじゃうかもな♪」

妹「やだぁ~やめてよねぇ~」

俺「ま、着替える時は俺の背中を見ながら着替えればいいだろ?」

妹「そっか・・・って、絶対!振り向かないでよっ!」

妹も俺も家から水着を着てたから直ぐに泳ぎ始めた。
ビキニ姿の妹を見て成長した身体が眩しかった。

「きゃ~!冷た~い♪」と足先が浸かると妹は悲鳴じみた声を出した。

ここは一番深いところでも2メートル程度で、海水と違って身体が浮き難いので逆に潜りを楽しんだ。
脚の届く場所にいる妹の後ろへ潜って廻り、浮き上がると同時に妹の身体を抱き上げ後ろへバックドロップを繰り出したり、鬼ごっこみたいな事をしたりと久しぶりに妹と童心に帰ってな邪気に遊んだ。

腹が減って来たので、そろそろ昼飯にしようと途中のコンビニで調達してきた弁当を二人シートの上に並んで座り食べ始めた。
妹は嫌いな物を俺に食べてと押し付けたり、自分が緑茶飲むって言って買ったくせに俺の飲んでるウーロン茶のが良かったと言って飲みかけのウーロン茶を奪ったりと、はたから見れば仲の良い兄妹・・・と言うよりも恋人同士っぽく見えたのではないかと・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

食べ終わると疲れからドッと眠くなり、暫く二人で眠ってしまった。
この場所の唯一の難点が昼を過ぎると、休憩場所がカンカン照りになる事・・・。
気持ち良く寝ていたのだが直陽で焼かれて暑くなって目が覚めると、「ちょっとぉ~何これ~」と不満タラタラの妹・・・。

「まぁ、どんなに良い場所でも一つくらいは難点があるものだ・・・」と言っておいた。

暑くなった俺達は再び泳ぎ始めた。
俺は用意しておいたエアーマクラ(首にはめて使うヤツ)を膨らませて装着すると、浮力の少ない真水でも頭は沈む事なく、力を抜くと不思議と身体も浮いて来るので、プカプカと浮かんでリラックスしていた。

「お兄ちゃん良いなぁ~私にも貸してぇ~♪」と言ってくるので仕方なく貸してやった。

プカプカと浮かんでいる妹の横で俺は海パンを脱いで岸へと投げた。

妹「何投げたの?・・・もしかしてっ!?」

俺「そうっ!やっぱ脱いじまった♪」

妹「え~マジでぇ~!」

俺「気持ちイイぞぉ~♪玲奈も脱いでみな!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


冗談だけど希望的観測で言ってみると・・・。

妹「・・・」

首に付けてたエアーマクラを外して俺に投げ寄こすと、水深の浅い所へ移動し何やらモゾモゾとし始めた。
暫くすると手には黄色い布っぽい物を持っているのが見えた。
それが直ぐに水着だと分かった。
その布をやはり岸へ投げて俺の方を向くとニヤニヤとしながら平泳ぎで近付いて来た。
俺の傍まで来ると・・・。

妹「へへっ♪気持ちイイね♪」

俺は首からマクラを外すと妹に渡した。
それを再び付けてまたプカプカと浮かび始めた。

するとさっきまではビキニのブラが水面から浮き出た格好だったのが、もろにオッパイが浮き出ていて、目を閉じて浮かんでいる。
妹は気付いていないのか気付いててわざとなのか暫くそのままの格好でいた。
それを見た俺は我慢できなくなり、ザパッと妹に抱きつく様にオッパイ目掛けて「こんなところにプリンが浮かんでるっ!♪」と言ってムシャブリついた。
すると「きゃー!何してんのっ!」と言う割には俺を引き剥がそうとする訳でもない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺「何って、こんな所に美味しそうなオッパイプリンが浮かんでたから、つい・・・」

妹「プリンじゃないよっ!」

俺「そうかっプリンの様なオッパイかっ!♪」

そう言って俺はまたオッパイを味わった。

妹「あ~ん・・・だから、もう・・・あんっ♪」

妹は抵抗するどころか俺の愛撫を堪能していた。
身体が沈まない様に左腕で身体を支えながらオッパイをしゃぶり、右手で片方のオッパイを揉んでいた。
暫く揉んでいた手を股間へと持って行きワレメを触ってみた。
クリトリスに触れたのか身体がビクッと反応した。
構わずワレメをなぞると、そこは滑りのある液体が溢れているのが分かった。

俺「なんだ玲奈、感じてるのか♪」

妹「ちっ!違うよっ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


慌てて否定するのと同時位に俺のビンビンのチンポを掴んで・・・。

妹「お兄ちゃんだって興奮してるじゃん!」

俺「こ、これは真っ裸で泳いで気持ちイイからだよっ!」

妹「わ、私だって同じだよ・・・」

無理な言い訳をする自分たちが何故か急にバカバカしくなって、どちらからともなく笑いだしていた。

妹「あ~あ・・・何やってんだろ私達・・・」

俺「だな・・・」

見つめ合っていた顔が自然と近付き口付けをしていた。

舌を絡ませ口の周りが唾液でベトベトになるほどキスをしながら、俺は再び妹の身体を愛撫し始めた。
乳房を揉んだり、乳首を摘まんだり、クリトリスを擦ったり、膣口へ指を入れたりと、同時に妹も俺のチンポを扱いて刺激を与えてくれていた。
クンニをしたくなった俺は岸に上がり、シートの上に妹を仰向けに寝かせ脚をM字に開かせた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


妹「あ~ん・・・こんな所でこんな格好して恥ずかしい~」

そう言いつつ、自分から脚を掴んで広げているところは、実のところ舐めて欲しくて堪らないのだろうと思った。
妹の膣口からは愛液が溢れ出していた。
それを音を立ててジュルジュルと吸い、舌先でクリトリスを刺激し、膣口にも舌を入れアナルまでも舐めて刺激すると・・・。

妹「あ~ん!そこは慣れてないからダメ~変になっちゃう~」

妹が可愛い声で喘ぐので、俺のチンポははち切れんばかりに膨れあがっていた。
俺は身体の向きを変えて69の体勢になり、お互いのを舐め合った。
どの位舐め合ったか分からないが、一旦離れて正常位の格好で覆い被さると再びキスを始めた。
キスをしながらチンポの先でクリトリスを突いたり、ワレメをなぞったりして刺激を与え自分も感じていた。

そこまでされても妹は拒む事はなかったので、これは最後までいけると思った俺は狙いを定めて腰を前に押し出した。
充分に濡れていた膣口は、これまた充分に愛液で塗されたチンポの先端を吸い込む様にニュルンと入っていった。
先端が入ると膣はチンポの挿入を歓迎するかの如く奥深くまで招き入れてくれた。
最深部に到達した時点で、「玲奈、入っちゃった・・・分かる?」わざとらしく聞くと、「うん・・・お兄ちゃんの全部入ってる・・・あんっ♪」と素直に受け入れてくれた。

妹の膣(なか)は最高に気持ちが良い!

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

締め付けは程良く、まるで口で吸われている様な感覚があり、腰を引いた時はヤバイ位気持ちが良い♪
そんな妹のを感じながらも、感じさせて何度かイカせてやった。

久しぶりのセックスで俺もそろそろ限界が近付いていたので・・・。

俺「玲奈、そろそろイキそうなんだけど、このまま出してイイ?」

妹が「えっ!中で!?」

俺「だって生で入れてるんだぜ!大丈夫なんだろ?」

妹「まぁ大丈夫だけど・・・」

俺「玲奈の事が好きなんだ!本当の意味で一つになりたいんだっ!」

今思えば歯が浮きそうな台詞を言って説得したところ・・・。

妹「玲奈もお兄ちゃん好きだょ♪」

キスを求めて来たので素直にキスをして、それが答えだと思った俺はフィニッシュに向けて腰を振った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ものの1分と経たずに果てた・・・玲奈の膣奥深くに・・・。
全て出し切ると余韻に浸りながらキスをしていたが、スッと離れると「あ~あ、出しちゃった・・・」と妹の口からは残念そうな台詞が・・・。

俺「何だよっ!ダメなのか!?」

妹「良いも悪いも言ってないのに、お兄ちゃんって酷いなぁ~」

俺はマジで悪い事したと思い「ご、ごめん・・・」と謝ると、「プッ!あはははっ!♪」と突然笑い出した!

妹「あ~可笑しい~♪腹痛い~!」

俺「な、何だよっ!真面目に謝ってんのにっ!」

妹「だってぇ~お兄ちゃんココへ来る事ちゃんと教えてくれなかったじゃん!そのお返しぃ~♪」

笑いながらそう言うと、腕を俺の首に廻し顔を寄せると再びキスをしてきた。

妹「これでオアイコ♪っていうか、チンポ突っこんだまま真面目に謝っても説得力ないんですけどっ!♪」

とにかく妹の機嫌は悪くない事が分かり、「だよなっ!ってか、このまま2回戦行くぞっ!」と言って俺は妹の身体を抱え、駅弁スタイルになるとそのまま滝壺へ向かった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


水の中では浮力を利用して突いた。

妹「あっん!あっん!気持ちイイ♪」

俺「何か変な感じだよな?身体は水で冷たくてチンポは玲奈の膣で温かくて♪」

そんな事を言いながらも2回目の射精が近付いてきた。

俺「あ~出そう・・・また中に出すよ♪」

妹「うん♪イッパイ出してぇ」

この言葉に射精感が一気に高ぶり発射!

水中でチンポを抜くと精液がフワフワと漂い始め流れに乗って下流へと流れて行った。
そのまま水中で妹の膣内に残った精液を指で掻き出し洗い、チンポも玲奈が手で扱いて洗ってくれた。
流石に二連続発射の後はチンポも元気をなくし、体力的にもちょっと疲労を感じたので一旦岸へと上がる事にした。

シートで横になっていたら、尿意を感じたので「ちょっと小便してくるわ」と言い残して立ち上がると何故か妹もニコニコしながら付いて来た。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺「な、なんだよ・・・」

妹「見せて!オシッコするところ見てみたい♪」

滝壺に少し入ったところで小便をし始めた。
すっかり元気をなくしたチンポは下を向き先端からジョーっと小便を垂れ流していた。
それをマジマジと見いる妹。

妹「オシッコが出る所と精子が出る所って同じなんだよね?」

俺「ああ、そうだよ・・・他に穴はないからな」

妹「でもオシッコは膀胱から出て来るでしょ?精子はタマタマから出て来るんだよね?不思議~」

高校生にもなって中学生みたいな事を疑問視するところが何とも可愛く思えてしまった。
出し終えると俺はチンポを軽く上下にブンブンと振り尿切れしたら「あ~!やっぱり終わった後って、そうするんだぁ♪」と嬉しそうに言うので、俺としては当たり前の行為だったので、そんなに喜ばれると変な気持ちになった。

すると妹は、「なんか私もオシッコしたくなっちゃった」と言って、その場にしゃがむと尻が水面に触らない程度腰を落とした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(おっ!こんなチャンス滅多にないぞ!♪)

俺は妹の正面に座り、小便の出て来る所をじっくり観察してやろうとした。

妹「やだぁ~♪そんなに見たいの?」

俺「ああっ!」

妹「じゃあ、よ~く見える様にしてあげるぅ♪」

そう言って立ち上がると、脚を広げガニ股になりワレメを両手で広げて見せた。
するとチョロチョロと小便が出始め次第に勢いを増してきた。
興奮した俺はその小便を身体に浴びた。

妹「ちょっ!なにやってんのっ!汚いよー!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


その時は不思議と汚いなんて微塵にも思えず・・・。

俺「温かくて気持ちイイ~♪」

尿の温かさに混じってツンと鼻を突くアンモニア臭が刺激的だった。
全て出し終わったとみるや俺は尿道口にしゃぶりつきペロペロと舐めて綺麗にしてやった。
妹は「え~!」と驚いた声を出すが、決して嫌がっている訳ではない事が声質から分かってた。

「そこまでするなら私もお兄ちゃんのペロペロしてあげれば良かったなぁ・・・」と嬉しい事も言ってくる。

それから再び水に浸かり、妹の足が届かない所まで抱きながら移動し、まったりとキスをして時間の許す限り楽しんだ。

家では普通の兄妹・・・(まあ以前よりは親密な関係になったから、周りから見れば凄く仲の良い感じに見えただろう)として接して、二人だけの時間が出来ると恋人同士の様になり、夏の間は暇さえあれば二人の秘密の場所で楽しんでいた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 俺と妹の秘密の場所

風俗嬢顔負けの痴女のくせにバックは恥ずかしがる奥さん
画像はイメージです
ある家に営業に行った時の話です。

「せっかくだから、ゆっくりお茶でも飲んでいって。あら、それとも、お茶よりビールの方がいいかしら~」

何が「せっかく」なのかは知らないけれど、ビールまで勧めてくれた綺麗な奥さん!

ボクもせっかくだから、旦那が突然に帰宅してこない事をそれとなく、それでいてちゃんと確認して、エッチな奥さんに勧められるまま色々とご馳走になっちゃいました、ハイ。
本当に白昼夢のような体験告白です。

奥さんの鮮やかなピンク色を塗った唇が、ボクの顎から首筋、そして唇を肩口で遊んだ後、敏感な乳首を攻めてきたのです。
上目遣いに、いたずらっぼい瞳をこれまた色っぽく潤ませて、『あなたの敏感なところ、すぐに分かっちゃうの』とでも言わんばかりに微笑みながら。
そして、すぐに舌先でチロチロと弄んだり、時々、軽くチューと吸ったり、軽く歯を立てたりしたのです。
ボク自身、今までの数人の彼女たちとのセックスやフーゾク遊びで、乳首が弱いことを知っているけれど、奥さんのあまりにも巧妙かつ丁寧な熱い舌先攻撃に、思わず「うっ、ううっ~」って声にならならない喘ぎ声を漏らしてしまったのです。
同時に喘ぎが咽頭の奥をくすぐると、自然に腰をもじつかせていたのです。

その瞬間を待っていたかのように、奥さんは、それまで乳首をモミモミしたり転がしたりしていた手を、すでにギンギンに怒張したポコチンに遊ばせてきたのです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そしてからかうように、いえハッキリと・・・。

「アラアラ、元気のいいボクちゃんね。もうこんなに張り切っちゃってるわ」

そしてボクの乳首に遊ばせていた唇と舌を体側線をサーッと愛撫した後、亀頭へと絡みつかせてきたのです。
もちろんその間も奥さんのもう一方の手で弄ばれていたポコチンは、もうこれ以上はギンギラギンになりようがないほどに硬度と赤黒さを増していたのです。
亀頭の鈴口部分をチロチロと舐められたり、パックンコされてチュパチュパしごかれたり、時には裏スジをツツーと舐め舐めされたり、カリの部分を甘噛みさたりするうち、ボクはもうすっかり爆発寸前になったのです。
なのに奥さんは、もっとゆっくり、もっとたっぷりフェラチオを楽しまなくちゃと言わんばかりに、口唇でのポコチン攻撃ばかりか両手指までも駆使して、玉袋から蟻の門渡り、肛門まで愛撫したのです。
そんな奥さんのテクニック抜群の攻撃にポコチンは文字通りギンギラギンにいきり立ち、玉袋は痛いほどにキュッと縮みあがってきたのでした。

そう感じた時には、時すでに遅しでした。
ボクは恥ずかしいことに、奥さんの口内に一発目のザーメンをドビュッドビュッと元気よく発射してしまったのでした。
なのに奥さんたら、ボクの元気のいいスペルマを嫌やな顔ひとつせずにゴクンッと飲み干し・・・。

「あー、やっぱり若い男性のエキスって美味しいわ。でも二度目は、ちゃーんと下のお口に頂戴ね。この若さと元気さだったら、すぐにOKよね」なんて言って。

奥さんの再びのフェラチオにボクのポコチンは、一発目の発射を済ませて五分も経過していないというのに早くも元気を取り戻し、熱いオマンコに包まれて二発目を発射したい思いでピクンピクンと脈動を繰り返していました。
すると奥さんは“ハメ頃”と見て取って、ボクに跨がり、右手をポコチンに添えて、ゆっくりと腰を沈めてきたのです。
ヌメッとした熱い肉ヒダにポコチンがそっくり吸い込まれるような、得も云われぬ心地よさがポクを襲い、全身を脳天から爪先に、次には爪先から脳天にかけて電流が走ったのでした。
ポクはただ、その快感電流にボーッとしているばかりでした。

しかし、それも束の間のことでした。
奥さんが次に、腰というより、その豊かな尻全体をゆっくりと沈めてくると、ポコチンのエラ部分が押しねじられるようで、またまた爆発寸前状態になったのでした。
でも奥さんは、ボクのそんな焦りやたじろぎには無頓着に、「大丈夫よね。さっき暴発したばかりでしょ。いくら若くって、元気もりもりだからって、私が満足する前に爆発しちゃったら承知しませんからね。タダでは帰しませんからね」とでも言わんばかりに、腰をゆっくり上げ下げするのでした。

やがて奥さんの腰の上下運動はリズミカルさを増し、ピッチを上げるにつれて二人が繋がっている部分からピチャピチャとかクチュクチュヌチャヌチャといった卑猥な音が立ち始めたのです。
と思うと、奥さんはその卑猥な音に煽られたのか、右手を絨毯について胸を反らし、前後運動やグラインドを加え、左手では乳房をモミモミし始めたのです。
そして、「あっ、ああっ~。イ、イイわ~。ね、あなたも腰を動かして。突いてぇ、激しく突いてぇ」と、ボクに腰の突き上げとこね回しを求めたのでした。

そして奥さんは、ついには『時計遊び』を始めたのでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

説明するまでもないと思いますが、この時計遊びとは、女性が騎乗のまま、ポコチンを支点にして、時計の針のようにグルリと回転したり、逆回りするプレイのこと。
この遊びを奥さんは、「もっと、もっとォ・・・もっと激しく動いて・・・もっと突き上げてぇ・・・もっとコネコネしてぇ」と甘い声で媚び、オネダリ連発で楽しんだのでした。

それからと言うもの、奥さんと頻繁に会うようになりました。
40歳には見えない美貌と明るい性格、そしてセックスと、どれをとっても最高の人妻です。
今では最初の頃よりも奥さんの濡れ方が凄くなってきています。
1ヶ月くらいすると、キスをするだけで濡れるようになっていたらしい。
でも指を入れられるのは苦手らしく、愛撫は乳首とクリ攻めが多かった。

ボクが奥さんのクリトリスを吸うと、「んぁああっ、はうぅっ、ああん」と喘ぎまくった。
相当気持ちいいみたいだ。
今度は奥さんがボクのチンコをしゃぶる。
ねっとりしたフェラチオ。
竿をしごき、カリを舌で転がす。
そして竿を舐め上げる。
何度か舐め上げると、カポッと咥えてジュルジュルと唇でしごく。
手は玉を揉んでる。
続いて玉を舌で転がす。
転がしては吸い付くように舐める。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しばらくこれらを繰り返すと、玉から下の方を舐めてくる。
(ん?!)と思ったらアナルを舐められてしまった。
気持ちいい~。
しばらくフェラを堪能した後、ヌレヌレの穴にぶち込んだ。
強弱をつけながら突くと、奥さんは堪らない顔をして喘ぐ。

「はぁ~ん、あん、あん、あん、んああぁんっ」

激しくピストンして、ピタッと止める。
奥さんが「???」ってなったら、また激しくピストン!!
そしてまたピタッと止める。
今度はカリで入り口付近を刺激してやる。

「ねぇ、ねぇお願い」と奥さんはせがむ。

しばらく焦らしてやると、足をバタバタさせて懇願してくる。
カワイイ。
そこからスパートを掛けると、あっと言う間に奥さんはイッてしまった。
でもボクはまだ止めない。
そのままズンズン突きまくると、「ああん、もうダメ、止めて、んあっ、はぁあんっ、またイッちゃう、イッちゃう~っ」って1分も経たずに2回目の絶頂に達した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


今度はバックで挿入。
奥さんはバックはほとんど経験がないらしく、恥ずかしそうにしている。
それがそそるのだが。
パンパン突く。
お尻の形が綺麗なんだよなぁ~って思いながらパンパンと突く。
奥さんは恥ずかしいからか、気持ちいいのか、お尻を左右に振るので追いかけて突きまくる!!
腰骨の辺りを掴んでだんだん激しくしていくと、奥さんはまた大きな声で喘ぎだした。
ボクもそろそろイキそうに。
奥さんもイク寸前だ!
もう爆発寸前。

「お願い中に出して、中に出してぇ~」

しっかりお尻を掴んで、中に思いっきり射精した。
同時に奥さんもイッたようだ。
体を仰け反らせながら痙攣していた。
やっぱり人妻にする中出しは気持ちがいいです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 風俗嬢顔負けの痴女のくせにバックは恥ずかしがる奥さん

ダメな妻ですが今とっても幸せです
画像はイメージです
結婚6年目、35歳の専業主婦です。

家には主人の両親がいますので窮屈な毎日を送っていました。
(上手く振舞っていますので評判は良いと思います。)


昨年の9月に姪の結婚式に呼ばれ、久しぶりに実家に2泊の予定で帰った時から私の生活は変わってしまったのです。
翌日結婚式に出席、席も盛り上がってきた頃「ヤッちゃんじゃない」と声を掛けられ、振り返ると結婚前に勤めていた会社の上司。
私を女にしてくれた彼でした。

白髪も混じり、少々肉がついてましたが、彼の転勤で泣く泣く別れた彼と直に判りましたが、オドロキに言葉も出ませんでした。
彼とは不倫で結婚できないと判っていて5年もの間私の大事な人でした。
その後、付き合った彼から(今の主人)結婚の話が出た時、彼のことが忘れられず返事を躊躇した事を思い出しました。
結婚後も時々思い出したりしてましたが、子供ができ、両親の面倒などで最近は思い出すことも無くなってました。

その彼が目の前にいます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

嬉しかった。

一番会いたかった人でしたから、新郎の叔父で親戚になれた喜びもあり思わず泣いてしまいました。
長話もできず、彼は挨拶周りにビール片手に立ち去りましたが、数分後彼から紙切れを手渡され、トイレに行き見ました。

『会えて嬉しかった。綺麗になったね。ゆっくり話したい。良かったらここのホテルの部屋を取ったので宴会が終わって来て欲しい』と書いてあり、私は迷いませんでした。

親や親戚には「友達と待ち合わせているから」と言い、メモにあった部屋へ行きノックをしました。
彼は上着を脱ぎ、ネクタイも外してリラックスしながら待っていた。

「会いたかった」

互いにこの言葉だけ。
7年間の空白に言葉はいりません。
過ぎた時間を取り戻すように長い時間キスを、そのまま服を脱がされベッドになだれ込み、発情した2人は互いの体をむさぼるように1つになるのに時間は掛かりませんでした。
何度も思い出し、自分で慰めた彼のペニスが入って来ました。
涙が止りませんでした。
彼はゴメンネと言い、私は首を横に振るだけ。

「感じたいもっともっと感じたい」と思い、彼に身をあずけ、歓喜の声を上げ、彼の放出を子宮に受け止めました。

安全日ではなかったのですが、中断したくなかったので一緒にイキたかったのです。
それから実家に電話を入れ、友達の家に泊まると伝え、ルームサービスで軽く食事をした以外は何度も何度も1つになり、話を始めたのは9時で5時間も抱かれていました。
その間、何度イッタか不明。
彼も3回、私の膣に放出してました。
彼は私の住む所から電車で1時間くらいの隣の県にすんでました。

「守るものは互いに守って、これからも会いたい」と言うと、彼も同じ気持ちでした。

それから月に1~2回、中間地点で会いホテルに行ってます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼から女を教えられ、その後主人を含め3人と関係しましたが、彼から得られる喜びを感じた事はありませんでした。
なぜこんなに感じるのと思うほどです。
主人とも週に1回は抱かれます。
それなりに歓びはありますが、でも彼に会いたくなります。
主人が出張の時は子供・両親が寝静まってから彼に会います。
車の中や屋外でも彼を受け入れ、彼とするのが楽しくてたまりません。

ここに書き込む気持ちになったのは理由があります生理が止ってます。
昨日離れた場所の病院で検査をしてもらいましたが「オメデタです」と言われたからです。
まだ誰にも話していません。

姑から「もう1人作りなさい、1人っ子は可哀想よ」と言われてました。

でも間違いなく彼の子供です。
覚悟をしてたのですが、今、躊躇してます。
しかし彼の子供を産みたいのです。
主人とは避妊をしてますが、彼とは再会してから生ですから血液型も同じでどこか似たところもあるのです。
本当は以前彼の子供を堕したことがあり、「今度は生ませて」と約束してたのです。
彼は忘れてますけどね。
安全日は主人とも生でしてましから「おかしいな」と言いながらも疑う事はないと思います。

明日彼に会います。
その時話すつもりです。

ダメな妻ですが今とっても幸せです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか ダメな妻ですが今とっても幸せです

【熟女体験談】祖母と一晩で5回も中出しセックス
風呂から上がりテレビを見ながら酒を飲んでると、

飲み過ぎて少し酔ってしまいました。

その夜は親も出掛けていて家におらず、祖母と2人きりでした。

風呂から上がった祖母が来て、

「ばあちゃんも少し頂こうかな」と言うので

酒を注いでやり一緒に飲んでいると、祖母の浴衣の胸元からデカい乳がのぞいてた。

「ばあちゃんの乳意外に萎んで無いね…」

「そうかい!…翔太が小さい頃良くばあちゃんの出ない乳に吸い付いてたんだよ」

と乳を出して見せた。

「嘘だ~全然記憶に無いよ…」

「まだ赤ん坊だったからね~吸って見るかい?(笑)」

と俺の頭を持って乳に押し付けた。

「ばあちゃん…止めろよ‥」

「思い出したかい‥ハハハ」

祖母の乳は大きく柔らかでした。

部屋に行き、いつもはエロ本を見ながらシコるのですが、

その夜は祖母の乳を思い出しシコり始めると!

隣りの襖が開き

「翔太…又センズリしてるのかい…」

と入って来た。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】祖母と一晩で5回も中出しセックス

大好きな彼女のそばで、痴女に強制手コキ射された屈辱
画像はイメージです
僕が高校2年生の夏に受けた屈辱的な体験を書きます。

僕は彼女である裕子ちゃんと一緒に電車で通学していました。

裕子ちゃんとは同じ中学校に通っていましたが、クラスも別で、気にはなっていたけど話す機会もなくて、中学校3年間はほとんど会話を交わす事はありませんでした。
高校で初めて同じクラスとなり、意気投合して高校2年になったと同時に付き合うことになりました。
当時の僕は女性経験はなく、裕子ちゃんとの恋愛を大事に育んでいました。

付き合ってからは家も近いこともあり、駅で待ち合わせをして一緒に通学することになりました。
僕等が乗る駅はちょうど座れるか座れないか程度の乗客が車内にいました。
運が良いと座れるといった感じです。
その次の駅からは一気に人が乗り込んできて、身動きのできない通勤ラッシュの光景となります。

その日は座る事ができなくて、いつものようにドアのところに裕子ちゃんを立たせて、後ろに僕がぴったりとくっつき、痴漢から守るようにしていました。
幸いにもその日は、裕子ちゃんと僕のすぐ横に、見た目20代半ばから後半くらいの女性が立っていたので、ラッシュになっても安全だと思って安心していました。
次の駅ではいつものように大勢の人が乗り込んできて車内はぎっしりと詰まり、身動きのできない状態となりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

裕子ちゃんはドアにくっついてその後ろに僕が立っています。
そして僕と裕子ちゃんの横にぴったりとくっつくように、先程の女性が立っていました。
ここまでは裕子ちゃんを守るという意味では完璧な配置でした。

ところが電車が動き出すと同時に・・・ズボンの上から誰かの手がおちんちんを上下に擦ってきたのです。
最初はカバンか何かが触れているのだと思っていましたが、すぐにそれは誰かの手であることがわかりました。
明らかに意図的に僕のおちんちんを上下に擦っているのです。
まさか男である僕がこんな被害を受けるなんて想像もしていませんでした。
僕の心臓の鼓動は高まりました。

(一体誰が?)

裕子ちゃんは外側を向いて手摺りに掴まっているのでそんなことは出来る筈もなく、そんなことをする意味もありません。
僕は下を向いてその手の伸びている方を見ました。
横に立っていた女性の手でした。
僕はその女性の顔を見ました。
すると女性はニヤリとしながら僕の顔を見つめ返してきたのです。
20センチか30センチくらいの距離に女性の顔があり、僕は慌てて目を逸し俯いてしまいました。
まだ高校生の僕は社会というものを知らず、初めての体験に恐くなってしまったのです。

僕が抵抗しないとわかってか、女性は先程よりも力を入れてズボンの上からおちんちんを上下に擦ってきます。
腰を引いて逃げようにも、僕のすぐ後ろには男性か女性かわかりませんがピタッと人がくっついており、腰を引くことも出来ませんでした。
意識しないようにしても、どうしても神経がおちんちんにいってしまいます。
女性におちんちんを擦られているうちに僕の体はだんだんと反応を示し、徐々に硬くなってきてしまったのです。

すると今度は、僕のおちんちんの亀頭の部分を握り、揉んできたのです。
オナニーは当然していましたが、女性経験もなく、女性に触られたことすらない僕にはキツすぎる刺激でした。
思いっきり歯を食いしばり、声を出さないように耐えていました。
でも、女性がおちんちんを揉み始めてから、すぐさまおちんちんが完全に勃起してしまいました。
今までに味わったことのない強烈な快感に耐えながら、泣きそうな顔をして女性の顔に一瞬目をやると、相変わらずニヤリとしながら僕の顔を見続けています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

僕のおちんちんを揉みながら僕の反応を見て楽しんでいるようでした。

僕は歯を食いしばりながら耐えているのですが、そんな事はお構いなしに容赦なく僕のおちんちんを揉み続けてきます。
初めて味わう強烈な快感に耐えることなど出来るはずもなく、すぐさま射精感が高まってきました。
僕は泣きそうになりながら女性を見て、聞こえるか聞こえないかぐらいの小さな声で、「やめてください・・」と言いました。
すると女性は一旦手を離すと、下向きになっていた僕のおちんちんを巧妙に動かして上向きに変えました。
そして今度は上向きになった僕のおちんちんを指でなぞったり、カリの部分を指で弄ったりと刺激を与えてきます。

裕子ちゃんの肩にかけていた右手で阻止しようと思ったのですが、距離が近すぎて手を下ろすことも出来ませんでした。
女性にとってみれば、まさに思うがままといった感じです。
おちんちんを弄られているうちに呼吸も荒くなってきましたが、何とか音が出ないように呼吸を整えていました。
しかし次から次へと迫りくる快感に呼吸は荒くなるばかりでした。

その女性は、しばらくおちんちんを弄ったかと思うと、今度はおちんちんを握って上下に扱き始めてきたのです。
見ず知らずの女性の手が、ズボンの上から僕のおちんちんを握ってシコシコと扱いているのです。
唇を噛み締めて声が出ないようにすることが最大の抵抗でした。
しかし、この初めて味わう快感に打ち勝つことも出来ず、ものの数秒で射精感が込み上げてきました。
僕は思いっきり歯を食いしばりながら、我慢の限界だからやめて欲しいことを伝える為に女性の顔を見て、首を横に振って許しを乞いながら、「お願いします・・・」と聞こえるか聞こえないかの声で伝えました。
その思いが通じたのか女性は手を離してくれました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ところが次の瞬間、信じられないことに、女性が僕のズボンのポケットの中に手を入れてきたのです。
手がするするっと入ると、そのまま僕のおちんちんを握ってきました。
夏服なのでズボンのポケットの生地は薄く、まるで直接握られているような感じでした。
握られただけで射精感が込み上げてきて、もう我慢の限界でした。
女性はそんな僕の気持ちを無視するかのようにズボンの中で握ったその手を上下に動かし、おちんちんを扱いてきたのです。
とても我慢できるものではありませんでした。
思いっきり唇を噛み締めて堪えようとしましたが、5~6回上下に扱かれただけで・・・。

“ドクン・・・ドクン・・・”

僕は射精してしまいました。
脚がガクガク震え、力が入りませんでした。
女性は射精が終わるまでの間、僕のおちんちんを扱きながら僕のピクンピクンと痙攣している姿を見て楽しんでいるようでした。
パンツの中にも関わらず、容赦なく射精は繰り返されていました。
パンツの中は僕の精液でベトベトになり、気持ち悪い状態になっています。
すると女性は僕のパンツのゴムを引っ張り、パンツを浮かせるようにしてきたのです。
同時にパンツの中に溜まっていた精液が太ももを伝って流れていくのを感じました。
最悪な状態です。

射精が終わり、おちんちんが縮こまると、やっと女性はポケットから手を抜き、駅に着くとそそくさと逃げるように去っていきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

僕のパンツの中は自分の精液でぐちょぐちょとなり、とても学校に行ける状態ではありませんでした。
彼女には、「気分が悪いから今日は帰る」と伝え、トイレに駆け込みました。

トイレでズボンとパンツを脱ぎながら、屈辱と怒りと情けなさと、ズタズタにされた男のプライドに涙がポロポロと出てきました。
自分の大好きな彼女のすぐ真後ろで、見ず知らずの女性の手によって一方的に性器を刺激され、強制的に射精させられた屈辱は今でも忘れることが出来ません。

親に言い訳をするため、家に帰る前にズボンをドロで汚し、クリーニングに出すと言ってクリーニング屋さんに持って行きました。
夜になると彼女が心配して電話してきましたが、本当のことなど言えるはずがありませんでした。
こんな悪夢のような出来事が現実に起きるなんてとても信じられませんでした。

そして、そんな悪夢のような出来事があったにも関わらず、翌日にはさらなる悪夢が待っていたのです。
昨日と同じ位置に彼女と一緒に乗りました。
かなり不安はありましたが、周りを見渡してもその女性の姿はなく、少しほっとしていました。
しかし、人が大勢乗る駅に着く直前、一人の女がこちらに向かって歩いてきて、昨日と同じように僕等の隣に立ったのです。

その顔は、忘れもしない昨日の女性でした。

心臓の鼓動が早くなり、不安と恐怖でいっぱいになりました。
女性の顔を見るとどこか別の方向を向いていて、こちらには関心が無さそうでした。
昨日の女性には間違いないのですが、全然目を合わそうとしないので、今日は大丈夫なのかな?と思わせてくれる雰囲気でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


しかしそれは間違っていました。
何か理由をつけて移動するべきでした。
いつものようにぎゅうぎゅう詰めとなり、電車が動き出すと同時に・・・。
今日はいきなり僕のおちんちんを握って、揉み始めてきたのです。
腰を引くにも引けない状態でなすがままの状態です。
昨日のことで僕が抵抗しないと知ってか、今日はおちんちんの揉み方も大胆で、勃起状態になるまでに1分とかかりませんでした。
歯を食いしばり、他のことを考えようとしても、どうしても神経はおちんちんにいってしまいます。

(やだ・・・やだ・・・勃たないで・・・)

昨日の悪夢を思い出し心の中で強く祈りましたが、女性の手は巧妙に男性器の敏感な部分を刺激し、女性経験のない僕は、あっと言う間に完全な勃起状態となってしまいました。
許しを乞うように女性を見ると、勃起したおちんちんにグリグリと刺激を加えながら勝ち誇ったような顔で僕を見ていました。
当然、僕にとってその刺激は強烈なものであり、早くも射精感が込み上げてきたのです。

そして女性は、とても非現実的で、信じられないことをしてきたのです。
一旦手を離すと女性の手は僕のズボンのファスナーを下ろし始めました。
下ろしたファスナーから女性の手が入り、パンツ越しに女性の手を感じたので、パンツ越しに触られることを予測したのですが、なにやら違うようでした。
女性の手はあろうことかパンツの中に入ってきたのです。
そして直接僕のおちんちんを握ったかと思うと、そのまま扱くのではなく、グイグイ引っ張っているのです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


(そんな・・うそ?・・・うそでしょ?)

動くこともできず、ただ一方的にされるがままの僕のおちんちんは、女性の手によってファスナーから外に引っ張り出されてしまったのです。
あり得ない光景でした。
大勢の人が乗っている電車の中、そして目の前には大好きな彼女がいる。
その状況の中で僕は勃起したおちんちんを出して立っているのです。
ふと女性を見ると、僕のチンポを握ったりしながら僕の反応を見て楽しんでいるようでした。

女性は僕の勃起したおちんちんの形を確かめるように触っています。
ただ触られているだけでも女性経験の無い僕には強すぎる刺激でした。
女性は僕のチンポを握ったまま亀頭やカリの部分を指で弄ったりして僕の反応を見て楽しんでいます。
一瞬女性を睨みつけましたが、おちんちんのカリの部分を指でグリグリ擦り上げられ、再び目を瞑って声が出るのと強烈な快感に耐えることしか出来なくなりました。

触られているだけで徐々に射精感が込み上げてきました。
もうやばいと思った僕は女性と目を合わせ首を振りながら、「お願いします・・・お願いします・・・」と聞こえるか聞こえないかの声で涙目になりながら許しを乞うように言いました。
するとその女性はニヤリとした表情をして、一旦手を離したかと思うと、僕の勃起したチンポを強めに握り、前後にシコシコと扱き始めてきたのです。

昨日味わったのよりもさらに強烈な快感が僕を襲いました。
あまりの快感に声を抑えるのに必死で、唇を噛み締め、目をぎゅっと瞑って堪えようとしたのですが、この快感には打ち勝つことはできず、7~8回扱かれただけで、また・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ピュッ・・・ピュッ・・・ピュッ・・・。

僕は勢いよく射精してしまいました。
脚はガクガク震え、出そうになる声を堪えるのに必死でした。
女性は全て出し終わるまでの間、僕のチンポを扱き続けます。
僕は射精が終わるまで唇を噛み締め、目を瞑って快感に耐えていました。

射精が終わると女性は、おちんちんの先を何やら布のような物で拭き始めてきました。
少し落ち着いて僕が目を開けると、信じられない光景が目に飛び込んできたのです。
裕子ちゃんの制服とスカートは僕の精液でベタベタに濡れていたのです。
そしておちんちんの先は布で拭いていたのではなく、僕のおちんちんを彼女のスカートに擦り付けていたのです。
最後の一滴まで搾り出し、全て裕子ちゃんのスカートに擦り付けていたのです。

頭の中が真っ白になりました。
どうしていいのか分かりませんでした。

その女性は僕が精液を全て出し切ると、僕のおちんちんをズボンの中にしまって、何食わぬ顔をして駅に着くのを待っていました。
僕は、どうしよう?どうしよう?とパニック状態になりながら対策を考えていました。
僕の精液がべっとりついた制服のまま裕子ちゃんを学校に行かせる訳にはいきません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

外を歩かせることすら抵抗があります。

駅に着くと女性はそそくさと逃げるように去って行きました。
僕は駅を出て人気の少ないところまで裕子ちゃんを引っ張って行きました。
言い訳なんか何も思い浮かびません。
僕は本当のことを彼女に話し、何度も謝りました。
見ず知らずの女性に痴漢に遭い、その女性の手で強制的に射精させられてしまい、裕子ちゃんの制服やスカートを汚してしまったことを話しました。
大好きな彼女でしたので、これがきっかけで別れてしまうと思い、泣きながら謝りました。

すると彼女は、「僕君が悪いんじゃないよ」と言いながら泣いていました。

しばらく泣いた後、裕子ちゃんの顔つきが怒りに満ちた表情となり、「その女、絶対に許せない」と言いました。
次の日から、裕子ちゃんはドアに背を向け、僕と向き合う形で電車に乗りました。
近づく女性に睨みをきかせ、僕は裕子ちゃんに守られているような感じです。

その後、僕と裕子ちゃんはどんどん愛し合うようになり、セックスもするようになりました。
僕等の恋愛は果てしなく続くのだと信じていましたが、大学が別々となってお互い忙しくなり、いつしか僕等は別れてしまいました。
でも、あんな状況でも僕を好きでいてくれた裕子ちゃんへの感謝の気持ちは忘れることは出来ません。

そして、あの屈辱的な思いをさせてくれた女性も忘れることが出来ません。
男としてのプライドをズタズタにされ、思い出す度に怒りが込み上げてきます。

今では新しい彼女とうまくやっていますが、あの時の手コキのせいで、手でしてもらうことに異常な快感を覚えるようになってしまいました。
この性癖のせいで、いつ彼女から別れを切り出されるか心配な日々を送っています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 大好きな彼女のそばで、痴女に強制手コキ射された屈辱

【熟女体験談】時々泊まりに来る息子との近親相姦セックスで大きな声であえいでしまう母
息子にいやらしい事をされています。

私は65才になる母親で、40才の息子が時々泊まりに来ます。

二人だけの時、息子のたかよしに裸にされてます。

母親である私のパンツを脱がしてきて自分も裸になるのです。

私はいつも下半身を丸出しにされて足を開き、

恥ずかしいところをタカに見せているのです。

タカは、硬くなったオチンチンを私に触らせて握らせるんです。

今日も先程までタカのオチンチンを握っていました。

とても硬くて大きくなっていて、上下に動かして擦ってあげてました。

タカは何度も私の口にキスをして舌を入れてきます。

「お母さんは口を開けて俺の舌を吸ってよ」と言われていて、

舌を吸ったり唾液を飲み込んだりしてます。

たかよしにせがまれて、

「お母さんのオマンコに入れても良いわよ」と言ったのを録音されています。

「硬くなった孝芳のオチンチンがオマンコに入ってくると

気持ち良いのよ、親子だけどいいわよね」といつも言わされています。

最近は私のことを宣代と呼び捨てにしてきます。

母親なのにタカの前で足を開き、「オマンコを舐めて」と言ったり、

「お母さんにオチンチンを舐めさせてよ」と言わされてます。

大きな声で喘いでしまう私は、孝芳のオチンチンが入ってる時なんて

かなり大声を出してタカにしがみ付いてますね。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】時々泊まりに来る息子との近親相姦セックスで大きな声であえいでしまう母

1番大事なところ見られてたじゃん!
画像はイメージです
あれは忘れもしない・・・。
そう、中3の春休み。
俺含む男2女3の陸上部引退旅行で塩原へ行った時だった。
夜に風呂に入る事になってまず普通に考えた俺ら男2人が先に風呂へ。
(貸切風呂)

「先入ってるね~」

「はーい」

日光連山を見ながら悠々と入浴していると、「ヤッホー!」と声が。


女子三人組。

「へ!?」と思い振り返るとバスタオルをまいている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「どうしたのさ!?」ともう1人の男。

「ハッピーバースデー!」

そう。
その日は俺の誕生日だった。

「体洗ったげるね」

そう言って俺の体を1人の女子に洗ってもらう。
背中に柔らかいものが当たる。
嬉しかった。
そして、他の1人の女子が体を洗っている奴のバスタオルをそーっと緩ませる。
前傾姿勢になっている為俺の目の前ではらりと。
全裸体が。

「きゃっ!ちょっと何すんの!」

俺が│Д゜)ジーっと見るのもお構い無しに加害者のタオルを剥ぎ取る。
2人目の全裸。

「もしかしてそれが俺への誕生日プレゼント!?」

「あ、いや・・・そんなつもりじゃ(;^_^ヾってあんまり見ないでよエッチー」

二人は胸を隠していた。
そのお陰で下が丸見え。
2つのジャングルが茂る。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「普通こーゆー場面って下かくすんじゃ?」

もう1人の男が言う。

「キャァ1番大事なところ見られてたじゃん!」

2人は我に返りうずくまる。

「いい体してんなオイ!」

男がはやし立てる。

「う~(ノ_・。)もういいや!」

覚悟を決めたのか隠すのをやめ、俺の石鹸を洗い流す。
もう1人の女子もバスタオルを取る。

「え~いどうせ死ぬわけじゃないんだし!」とか言ってた。

5人で入浴。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

もちろん全員全裸で。
しかも5人がぎりぎり入れる位の広さの湯船なんでお互い密着。
俺らもう(′Д`)ハアハア状態で・・・。
1人の女子が言う。

「ちょっと硬いもの当たってるんですけど」

「俺とは正反対だな。俺には柔らかいものが・・・!」といい顔を胸にすりつける。

「やめてよ~。もぅ~」

俺はそんな言葉気にせず、今度は乳首舐めてみた。

「ちょっと犬じゃないんだからっ!くすぐったい!」

たぶん感じまくり。
そういった感じで俺は誕生日っつー特権利用して3人の女子と遊びまくり。
もう1人の男が怒るだろうと皆さんお考えだろう。
確かに俺がそいつの立場だったら怒る。

だが実際は「お前が誕生日のお陰で(・∀・)イイもん見せてもらっちゃった~!ありがと!」と喜んでくれてた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 1番大事なところ見られてたじゃん!

【熟女体験談】先輩が酔い潰れて爆睡したあと、先輩の美人な奥さんと中出しセックス
去年の夏、俺は新入社員だったんだが、

先輩(♂)の家で夕食をご馳走になったときの話だ。

家に呼ばれたのは俺ともう1人、同期の女子社員C。

Cはいかにも「ギャル」な可愛い子で、細身の体をくねらせながら

「もう、飲めませぇ~ん」なんてシナを作るタイプだ。

正直、俺の好みじゃないんだが、先輩はお気に入りらしい。

その子だけ招待するのは不自然なんで、

ついでに俺も呼んだんじゃないか…と、今でも思ってる。

まあ、俺は飲めれば満足なんで図々しくお邪魔したが、

初めてお目に掛かった先輩の奥さんを見て、正直びっくりした。

「先輩より9歳下」とは聞いてたが、こんなに美人とは。

奥さんは美由紀さんといって、32~33歳くらい。

茶髪を縦巻きにした「いかにも女の子」なCとは真逆で、

目鼻立ちがきりっとした宝塚男役風の美人。

薄化粧で、きれいにまとめた黒髪がいかにも活動的な雰囲気だ。

結構ガタイが良くて、165cmはありそうな上背に広い肩幅。

聞けば学生時代は水泳選手で、国体候補にも選ばれたそうだ。

もっとも引退して長いせいか、肌は白くてそれなりに肉も付いてる。

といっても弛んでる感じじゃなくて、体育会系というか骨太な印象。

袖なしワンピースだったが、服越しにも胸や尻はかなりのボリュームだと分かる。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】先輩が酔い潰れて爆睡したあと、先輩の美人な奥さんと中出しセックス

友達の彼女のパンツの匂いを嗅ぎながら・・・
画像はイメージです
半年前の話ですが・・・。

友達が彼女の引越しを手伝うので一緒に手伝って欲しいとの事。
暇だったし、まあいいかと自分の車を出したんです。

ちなみに友達は車が無いんです。

一人暮らしだったようで荷物は少なくダンボールが4つぐらいとその他、布団やら食器やら・・・。
そして4~5段引き出しタイプの透明ケースがあり、中は広告などで見えない状態。
引き出しはガムテープで止めてありました。
特に気にもせず、引越し先へ。

荷物を運び入れようとしたとき・・・。

「あれ~鍵が無い?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

なんと、無くしてしまった様で、不動産屋に連絡しましたがあいにく時間外になっていて連絡取れず・・・。
明日にならないと鍵が手に入らないため、今日は彼女は彼氏の家に泊まることに。
明日の朝に現地集合ということで、その日は家に帰りました。

そう、ほとんどの荷物は車の中に入れっぱなしだったんです。
僕の中で、ハッと気づいたんです。

(もしかして・・・あの透明のケースには何か恥ずかしいものが入っているのでは・・・)

家に着いて車の荷台へ・・・。
ガムテープ部分を外し、そっと見てみると女子下着特有のレース系の柄が見えました。
心臓がバクバクしました。
今もまたしています。

やっぱりビンゴでした。

こんなチャンスは二度とないと思い、下着の引き出しごと部屋に持ち込みました。
ここからは、自分だけの世界です。

当然のことをしました。
あそこ部分の色の確認。
少し黄ばみも・・・。
でも比較的きれいに洗っているようで毛玉がありました。
Tバックやらスケスケやらエロいパンティー盛り沢山。
そして、穿きました。
匂いも嗅ぎました。

ちなみにその彼女は身長155~6cmぐらいで細身です。
まあ可愛いです。
確か21歳とか・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


全てのブラ、パンティーを写真に撮りました。
後で、オナネタにする為です。
そして、エスカレートしてしまい、ダンボールの方もチェックしてみると・・・目が点・・・興奮は最高潮へ。

なんと未洗濯物がカゴにぎっしり。
2日分ぐらいでしょうか。

これはすごいと、また部屋へダッシュ。

未洗濯物のシミはすごいです。
まだ少し湿り気があり、ねっとりとした異物も少し付いていました。
すぐさま、オナニーへ。
ちょっと臭かったけどそれがまた興奮しました。
5分ぐらいで出ました。
迷ったんですがパンティーに出しました。
どうせ汚れているなら分からないだろうと思い。
いい日をありがとう。

そして、次の日荷物を部屋に運び入れ終了しました。
その彼女の顔を見ながらあんな匂いなんだと思うと、ずーっと半立ちでした。
友達とも、なにか共有したような気分になりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 友達の彼女のパンツの匂いを嗅ぎながら・・・

【熟女体験談】帰省して嫌がる母と近親相姦セックスしまくった
先日、正月以来の帰省で母に会って来ました。午前9時頃、実家に到着。

玄関で出迎えてくれた母に「オヤジは?」と聞くと「今日は仕事よ」。

もちろん父の勤務日程は知っていましたが、念の為。

これで今日は父が帰宅する夕方4時頃まで、母と2人きりだと確認できました。

今回は、自分の物を取りに来たという口実で帰っただけなので、日帰りです。

リビングルームのソファーに座ると、「紅茶でいい?」と、

母がお菓子と冷たい紅茶を運んで来ました。

まずは紅茶を飲みながら当たり障りのない会話。

母は正月の件については触れず、普段通りの態度なので内心ホッとしました。

紅茶を飲み終え、点いていたテレビをながめながら、

早速、母へのアプローチの方法を検討です。

父の帰宅前に出発するつもりなので、正月の時のような時間もありません。

叔母の時は強引に攻めて攻略しましたが、母に対してそこまではありません。

正直なところ、何が何でも自分のものにしたかった叔母とは違い、

母とのことは遊びです。

母が本気で拒否すれば、いつでもやめるつもりです。叔母がいれば満足ですから。

でも正月の時のお遊びがちょっと面白かったので、

またちょっかい出してみようかな・・・と、その程度です。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】帰省して嫌がる母と近親相姦セックスしまくった

塾帰りの姉妹
画像はイメージです
制服の女の子狩りを今年も何回やりましたが、その中で一番良かった時の話です。



去年の夏のように車を用意し捕まえた女の子を別の人気のない場所でレイプするつもりで何回か待ち続けていたのですが、数日後に最高の獲物がやってきました。



それも2人! 今回はこちらの人数が少し少ない(4人)ため少し迷いましたが、人目もなく絶好の状態だったためそのまま敢行しました。幸いというか、ナイフと脅しの言葉であっさり無力化できたのでそのまま車に連れ込み、安全な場所に移動しつつ目隠しやさるぐつわ、手を縛るなどの無力化をしました。



その間、持ち物や容姿を調べましたが、二人とも塾帰りだったようです。



奈美(14歳、中2)というブレザーの制服を着た女の子と真子(11歳、小5)という白のトレーナーにジャージのズボンという格好の女の子で、二人は姉妹のようでした。



着くまでの間の身体検査をしてみましたが、奈美の方は中2にしてはなかなか胸の発育がよく移動中皆で代わる代わる触りました。妹の真子はさすがに見事なまでのツルペタボディーでしたが、どちらかというとロリコンな自分が中心となりたっぷりなで回していました。



やがて目的の場所に到着。例によってジャンケンで順番(レイプの順番です)を決めましたが、運よく真子の一番乗りの権利をゲット出来ました。



一人を見張りに出し、本格的に愛撫を始めました。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

まず真子の唇をたっぷり味わってから、全身をなで回しつつみみたぶや首筋を舐め回すと怖さの余り震えながら時折ピクッと体を硬直させていました。



トレーナーをたくし上げ、乳首や将来は乳房になるであろう辺り、またお腹やへその辺りを舐めると「やだっ! お姉ちゃん! お姉ちゃん……」



と姉の奈美に助けを求めるのですが、その姉は残りの仲間になで回され、舐め回されそれどころではないようでした。



他の仲間はあまり真子の方には興味が沸かないためか殆ど自分が独り占め出来たのが幸いでした。



しばらく乳首をいじっているとだんだんと乳首が固くなり立ってきたので、それを見計らい舌先で転がしながら手をジャージの中に侵入させていきました。



初めはお尻やアソコをパンティー越しに撫でるだけでしたが、しばらくこれを繰り返しこちらの愛撫に反応(割れ目をなぞった時などにわずかに体をピクッと硬直させるだけですが)するようになってから今度はズボンとパンティーを膝の辺りまで下ろしうつ伏せの彼女の脚を体の方に折るようにして(驚くほど体が柔らかかった!)アソコを舐め初めました。



その時、ひときわ大きな悲鳴があがったので隣を見ると奈美が仲間の一人と一つになっているところでした。



さすがに暴れ方が激しく犯すのも大変そうだったので一旦真子を離れ奈美を押さえ付ける手伝いをしながらその様をビデオに撮り続けました。



当然というか処女だったようです。挿入している間も必死に暴れ続け妹や親の名前を叫び続けていました。なかなか犯しがいのある子のようです。



後で自分が犯すときが楽しみです。



ようやく終わって放心状態になった奈美を離し、外の見張りの交代などをしつつ自分は真子に愛撫を再開しました。



さすがに今までの女子高生などのように濡れはしませんが、しばらく続けると次第に濡れてきました(感じたというより「これから起こる事」に対する体の自己防衛本能と言った程度のものなのでしょう)。



一端はなれ、真子にフェラを無理やりやらせ(この間、奈美は3人目に犯されていました)たっぷりと口内を犯した後、仲間に声をかけ犯す体勢に入ることにしました。  



さすがに入り口の所が狭く入れようとする際泣き叫び抵抗しましたが、苦労の末何とか一つになりました。



一端入ってしまえば何とか動かせはしましたが、その中はヌルヌルの上にひどくきつく、締め付けや中のうねりが最高でした。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

必死に姉の名前を呼ぶ可愛いい真子を激しく貫き続け、ある程度抵抗がなくなったところで今度は抱きかかえた状態で犯し続けました。



やがてこちらの限界が来たのでピストンを高めると真子は泣きながらアッアッと可愛いい声を上げていました。



そして最後は奥深くまで挿入し真子の中に全て発射しました。



その後はもう一発真子を愛してやってから、ビデオ撮影や見張りを交代しつつ奈美の方も犯しました(こちらの具合もかなり最高でした。



それに何より制服姿の中学生を犯しているということが最高でした)。



真子も各自に一度ずつ犯され(あまり興味がないと言いつつも彼らも小学生を犯す機会はあまりないという理由でかちゃんとヤっていました)、その後は自分の専属状態でさらに数回犯しました。



その後後始末(下着の徴収や住所などの聞き出し、そして秘密のお約束など)をして適当な場所まで移動し(その間ずっと二人には各自に代わる代わるフェラをさせ、自分にいたっては真子と奈美の両方に飲ませてやりました。)2人を開放しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 塾帰りの姉妹

【熟女体験談】妻が交通事故で入院中に手伝いに来てくれたロリコン体型の義母とセックスしちゃいました
妻が交通事故で足を骨折し約1ケ月入院する事になり、

小学生の子供がいる為、義母が家の手伝いに来てくれる事になりました。

私は40歳、妻36歳、義母は59歳、義父は68歳。

義父も義母も女房も元教師で、私も小学校の教諭という教育者一家です。

義母は昨年まで中学で数学を教えていましたので、まだまだ元気で、

150cmぐらいの小柄で、自慢は若い時から体形がほとんど変わっていないという事。

女房は165cmの大柄で、胸もDカップというグラマー体形ですが、

義母は150cmの小柄で、Aカップというか

すこし膨らみがあるというロリコン体型なんです。

初めて女房に紹介された時には、

女房の姉といっても通るんじゃないかと思った程です。

女房の入院も2週間ぐらいになった夜、子供は学校のキャンプで家におらず、

義母と二人だけでした。

駅前で拾った風俗の女の子の名刺をわざとポケットに入れたまま義母に渡しました。

何時のように服をハンガーに掛ける時、ポケットに何も入っていない事を確かめる

義母の癖を知ってますので、どんな反応を示すか興味深々でした。

義母は表裏を見てようやく気づいたようで、またポケットに戻していました。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】妻が交通事故で入院中に手伝いに来てくれたロリコン体型の義母とセックスしちゃいました

風俗嬢が一番喜んでくれるプレゼントって手作りケーキ?ティラミス?チョコレート?
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:15:49.492 ID:nHkj3BJRa
プリンとか茶碗蒸しも作れるけど…

引用元: ・風俗嬢が一番喜んでくれるプレゼントって手作りケーキ?ティラミス?チョコレート?

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:20:43.092 ID:Wf0wvRE60
>>1
ネタスレだったらすまんがVIPPERはマジでやりかねないから止めとくわ

異性からバレンタインチョコをもらったとして髪の毛血痕唾液ゲロが入ってたら嫌だろ
入ってるかもしれない得体の知れないものを渡されたら怖いだろ

お世辞とか社交辞令で「料理できる男性って素敵」と褒めてんの
社会一般で褒められるステータスだからとりあえず会話の繋ぎで言ってんの

だからやめとけ

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:24:51.528 ID:nHkj3BJRa
>>17
VIPPERをなんだと思ってんだよw
異物とか入れないから大丈夫だよ
32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:43:32.040 ID:Wf0wvRE60
>>21
さすがにこんなヤバいやついるわけないか
釣りでよかったわ
2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:16:15.363 ID:T/JS0F+U0
きも
3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:16:34.409 ID:nHkj3BJRa
俺が料理好きって言ったら料理できる男性って素敵って言ってた
16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:20:25.485 ID:9rbDvgSna
>>3
それでも食べ物の差し入れはアウト
4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:16:40.761 ID:WA8CSu08a
精液入ってそう
6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:17:00.635 ID:vATe+8Zf0
客が渡してくる食べ物とかキモすぎて食わんだろ
7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:17:07.509 ID:LXWnvkoa0
お腹減るからおにぎり握ってくと喜ばれるぞ
8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:17:33.296 ID:dvjeZc7M0
まあ普通に毒とかのリスクあるからな
食えんでしょ
9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:18:09.582 ID:nHkj3BJRa
おにぎりって料理ってカテゴライズでいいのかな
10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:18:10.758 ID:aAzBixUe0
小切手
11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:18:26.809 ID:nexalxtG0
もの渡す時点でキモイぞ
12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:18:30.974 ID:pwx1TC1m0
現金以外なら金だろ。ゴールド
13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:18:32.257 ID:u7brDw7f0
現金
14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:18:37.399 ID:nHkj3BJRa
料理で頼む
18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:20:46.697 ID:9rbDvgSna
>>14
食べ物は絶対にNG
19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:21:37.185 ID:pwx1TC1m0
>>14
酒にしろ酒
15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:19:14.448 ID:nKMvWNn6d
マジレスするとビッグマック
20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:23:24.857 ID:nHkj3BJRa
そうだ
蒸しパンとかどうかな
結構作るんだけど
28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:42:20.678 ID:qsqAu3oX0
>>20
そうだ!そうだ!
蒸しパンならきっと喜んで食べてくれるぞ!
23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:29:04.717 ID:u7brDw7f0
何入れられてるかわからんから捨てるよ
24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:29:44.093 ID:munm82Ok0
手作りの物は異物混入があるのでゴミ箱行き
27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:41:07.377 ID:gL9Klkbu0
食べ物よりも換金しやすい金目のもの
35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:50:23.882 ID:qsqAu3oX0
みんな歪んでるから金カネ言ってるだけだわ。
あの子ならきっとそんなカネ嬉しくないよ!
蒸しパンを美味しそうにほおばるあの子を想像してみなよ。
きっと好きになってくれるぞ。
37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:56:18.638 ID:u7brDw7f0
何入れられてるかわからんけど食いたい、となると、高級ステーキ肉か高級寿司か。自分が店長なら捨てろって言うけど。
38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 05:57:37.467 ID:DqG0L6M20
Twitterで探せばいいのに
風俗嬢のアカウント
42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 06:50:02.973 ID:JlHMOUSs0
手作りのもの渡してこようとする風俗狂いの弱者男性ワロタ
43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 06:53:15.393 ID:fi5V/Mru0
真面目に金が一番喜ばれるからその金で次回も利用しろ
44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/20(月) 07:27:38.668 ID:iy6Xrxu8p
食い物飲み物は何入ってるかわからんからダメ
ぬいぐるみや家電類も盗聴機GPSの類の危険性あるからダメ
細工しようがなくてそれなりに価値のある貴金属類にしておけ

[紹介元] 風俗まとめ速報 風俗嬢が一番喜んでくれるプレゼントって手作りケーキ?ティラミス?チョコレート?

【画像】ヨル・フォージャーさん、自分のドスケベな身体を自覚してしまうwwwwwww
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:15:38.340 ID:y+X90t+f0

引用元: ・【画像】ヨル・フォージャーさん、自分のドスケベな身体を自覚してしまうwwwwwww

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:16:37.643 ID:6Z/o18zZ0
こんなパンツが透けることある?
4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:16:42.499 ID:TGCro02C0
萌え豚用隔離コンテンツ
5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:16:44.298 ID:bZSN6N2t0
ドスケベ・ザエッチセックスじゃん
6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:17:02.577 ID:gG7v4yZoa
似てねぇ
目の形くらい寄せろや
8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:17:38.304 ID:tjpnXM0b0
体つきの方向性が違うから醒める
12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:20:16.076 ID:aWt6/VSx0
顔も体型も髪型すら違う
13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:21:54.618 ID:rjyZbm9W0
スマホがあるのか?そもそも
15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:23:23.403 ID:+WY3MGkqd
アーニャがいるからヨルだって認識できるくらい
17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:27:34.219 ID:uQqTdWw70
>>15
ずるいよな
18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:28:21.842 ID:PPvD0Sxw0
こういうエロ絵にアーニャも描く奴ってなんなの?
28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:55:28.809 ID:YjL8t0xEa
>>18
保身
29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:59:23.044 ID:OOPm4elyM
>>18
アーニャも描かないと作品を判別して貰えない画力だから
21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:39:56.495 ID:6eDACqSl0
あの世界ってスマホだっけ?
30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 16:59:41.322 ID:b10+RMHid
あの時代スマホねーだろ
32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 17:05:56.150 ID:zOmnIOAQa
27歳でパイパンは結構キツい
41: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 17:12:43.174 ID:Np4Urmck0
全く似てない点をのぞけば上手い
44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/10(金) 17:26:17.095 ID:RP85wB+q0
spy familyのエロ絵ってだいたい驚いてるアーニャいるよな

[紹介元] 風俗まとめ速報 【画像】ヨル・フォージャーさん、自分のドスケベな身体を自覚してしまうwwwwwww

【悲報】風俗5000円OFFの感謝祭に行ってるワイさん、狭い待合室で男8人すし詰めにされてしまうwww
1: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:37:01.12 ID:5s63ZtXGM
カーテン閉まってて換気もされてないしクーラーの風も届かんしくっそ暑い🥵
男8人汗だくで待ってるわ🥵🥵

引用元: ・【悲報】風俗5000円OFFの感謝祭に行ってるワイさん、狭い待合室で男8人すし詰めにされてしまうwww

2: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:37:17.99 ID:5s63ZtXGM
汗やばい🥵🥵
3: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:37:35.32 ID:7K0dkrWQ0
空調聞いてない待合室なんてあるんか…
6: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:38:06.74 ID:5s63ZtXGM
>>3
小さい扇風機は置いてるけど意味ねぇわこんなん🥵
5: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:37:50.60 ID:U9jirb9mM
半分地獄か?
10: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:38:38.18 ID:5s63ZtXGM
>>5
地獄や🥵
20分ほど待ってって言われてる死にそう🥵🥵
8: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:38:25.18 ID:jHNRRtE40
風俗の待合室って惨めにならんの?
11: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:39:01.55 ID:5s63ZtXGM
>>8
ならんわ
同じ目的で来てる者同士やろ
16: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:39:51.76 ID:jHNRRtE40
>>11
そんなダサいやつが群れてるのってキモいやろ
クモの塊みたいな不気味さがある
43: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:43:13.62 ID:nbFR5TWhd
>>16
クモの塊ってどういう意味や
調べても出てこなかったんやが
50: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:44:25.95 ID:jHNRRtE40
>>43
調べたら出てきたんやけどお前何言ってんの?
62: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:45:24.32 ID:Gm2vlEfE0
>>43
多分蜘蛛の糸って言いたかったんやろうけど、ギリ健さんだから出てこなかったか間違えて覚えていたんや
障碍者あんまりイジめたらアカンで。そっとしておくんや
63: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:45:39.57 ID:jHNRRtE40
>>62
蜘蛛の糸なら例にならんやろ…
73: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:47:25.02 ID:Cf9VCySv0
>>43
こういうことやろ
http://imgur.com/0fS6AtX.jpg
9: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:38:33.54 ID:Dl6Oid5n0
早く来すぎやろ
13: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:39:26.17 ID:5s63ZtXGM
>>9
指名被ったんや🥵
15: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:39:47.76 ID:7K0dkrWQ0
ピンサロか?
20: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:40:02.26 ID:5s63ZtXGM
>>15
ピンサロや
17: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:39:53.19 ID:5s63ZtXGM
感謝祭やからって人来すぎやろ
また来たわwしぬ
22: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:40:25.28 ID:U9jirb9mM
ちんぽおっ立ててるおっさん達が密集してると考えるとキツいな…
23: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:40:41.38 ID:5s63ZtXGM
初めて感謝祭来たけどこんなに混むならもうええかな
27: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:41:30.08 ID:3AaNYaqHd
ピンサロで5000引きとかこっちが払うの2000円とかか?
31: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:42:02.16 ID:5s63ZtXGM
>>27
いや元々結構高いピンサロなんや
これでも7000円は払うで
55: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:44:53.51 ID:gHJo+vVrd
>>31
高すぎんか
まあゆっくりはなしてこうや
30: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:41:59.64 ID:mAXVNAGr0
そういう時どこに目線やるん?
35: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:42:19.95 ID:5s63ZtXGM
>>30
スマホしかないやろ
36: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:42:30.68 ID:LX+3SyXN0
実質ホモ
41: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:43:04.47 ID:8qExgfWM0
もう嬢いらないやん
始めろや
44: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:43:28.84 ID:92U4dns80
なんGやる余裕あるくらいなら大して熱くないんやろ
45: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:43:31.16 ID:spXMdnuMa
そいつらでさかりあえや
47: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:44:09.57 ID:HTwJxBfQ0
話しかけろよ
49: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:44:22.28 ID:ddW29YtmM
ケチって客が臭くなって嬢に跳ね返ってくるんやね
51: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:44:32.86 ID:YdbEXt7D0
予約やろ?直前にいけや
58: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:45:06.04 ID:5s63ZtXGM
>>51
予約ちゃうで
65: それでも動く名無し 転載ダメを消してはダメ改変もダメ 2022/06/25(土) 11:46:15.29 ID:1L+Y9MoA0
>>58
12000円ってこと?
どんな感じなんや
一発抜きありで50分とか?挿入以外ありで
54: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:44:52.02 ID:DM2bGRtAa
8人で同じ女に抜いてもらうんか?
68: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:46:36.63 ID:qr1QvgfRd
まあ全員マスクしとるし誰も喋らんからマシちゃう?
78: それでも動く名無し 2022/06/25(土) 11:47:53.10 ID:dC4lHHhEp
考えることは同じやね
チンポは正直

[紹介元] 風俗まとめ速報 【悲報】風俗5000円OFFの感謝祭に行ってるワイさん、狭い待合室で男8人すし詰めにされてしまうwww

あらゆる風俗行きまくった結果、何故か最近ハードめのセクキャバにハマりだしたわ
1: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:36:55.60 ID:zB5MbDWU0
普通のキスとおっぱいだけやなくて乳首舐めてちんこ触ってくれるとこ
おもろ過ぎる

引用元: ・あらゆる風俗行きまくった結果、何故か最近ハードめのセクキャバにハマりだしたわ

2: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:38:50.38 ID:zB5MbDWU0
今日は勢い余ってクンニしてもうたわ
ボックスタイプやなくてベンチシート型で周りめっちゃ見えてるのに床に跪いて舐めた
羞恥心と背徳感まざってヤバいな
めっちゃスリルあるわ
3: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:39:56.44 ID:zB5MbDWU0
先週から2回もいって延長しまくったのに明日も行ってまいそうや
どうしたらええねん
このままやったらババアのクンニして破産や
4: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:42:02.80 ID:h4Z30NIa0
抜きないからなし
5: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:44:59.93 ID:zB5MbDWU0
>>4
いやそれが頑張り次第であるんや
6: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:45:57.24 ID:zB5MbDWU0
抜きなしの チュー適当にペロペロー追浜駅モミモミー みたいな店はおもんないから行かん
ハードめの店や
めっちゃおもろい
7: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:47:39.45 ID:yUKveyfYd
さっきまで別のおっさんが舐めてたんですけどね
9: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:48:49.54 ID:zB5MbDWU0
>>7
だからなんやねん
外食の食器とかわらんねん
そういう陰な発想のやつは向いてないとは思う
11: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:50:28.24 ID:yUKveyfYd
>>9
食器は洗剤で洗うけど
嬢はおしぼりでふいて終わりや
全然違うで
12: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:51:16.00 ID:zB5MbDWU0
>>11
せやな
陰には無理やと思うからやめたほうがええで
綺麗に洗ったオナホ触っとき
8: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:48:22.33 ID:JKpQTHlW0
ピンサロでええやん
10: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:49:35.94 ID:zB5MbDWU0
>>8
ピンサロはもうやってもらって当たり前みたいなとこあるやん?
ちょい前までピンサロで本番するのハマってたんやけど、それと感じ似てる
13: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:52:33.38 ID:aIyYfpdD0
めちゃくちゃセクに金使ったから言うけどやめとけ
ソープ行ったほうがええで
後で後悔する
14: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:54:31.77 ID:zB5MbDWU0
>>13
ソープはもとから好きちゃうねん
デリで本番とか海外でやりまくりとかいろいろやったけど、最近なぜかセクキャバにハマっとるって感じや
まぁセクに使わんでも他で何かしら使っとるやろうとは思う
15: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:55:37.20 ID:zB5MbDWU0
店の女一周したら大体わかった感じなって飽きるとは思うんやがな
たぶんもうこれ探究心だけで行ってるわ
19: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 01:59:26.38 ID:zB5MbDWU0
ソープ好きなやつ多いな
「さあセックスしますよ!」みたいなんがあんま興奮せーへんのやが皆あれええんか
23: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:02:15.61 ID:Xz05JQVe0
>>19
ドリ減るは?🤔
24: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:03:42.46 ID:zB5MbDWU0
>>23
デリヘルか?
今でもたまに使うけど基本普通すぎて呼ばんで
痴女系寸止め手コキ店とかのほうが使う
21: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:00:48.77 ID:zB5MbDWU0
セクキャバハマってるやつ他にもおらんか?
みんなどんな感じでやってるんか教えてほしいんやが
28: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:11:56.58 ID:eFvO/RXu0
ワイも風俗行ってみたいけど勇気でんわ
みんなの初風俗ってどんな感じでいったん?
30: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:13:16.79 ID:mqFByL5K0
>>28
どきどきしてる時が一番楽しいだから最初はピンサロ池
31: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:13:20.95 ID:zB5MbDWU0
>>28
高校のときに行きたすぎて我慢できんようになったから普通にホテヘルいったで
受付では緊張で震えてたかもな
ちんこも震えながらイッてたが
37: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:20:22.45 ID:mqFByL5K0
ちなワイがめちゃくちゃハマったのはロボデリや
おんなじ女2回入れない人間やが5回も指名した
39: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:22:17.18 ID:zB5MbDWU0
>>37
ああ、あれ金渡すときもロボット風なん?
それとも「はい、タイマー押したし今からロボットなりまーす」みたいな感じ?
40: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:24:06.47 ID:KymaxVxtd
>>39
いや、入り口から帰りまでずっとロボットでフェラしろって1時間フェラさせてずっと携帯いじってたりしてた
金は机に置いとく
41: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:25:08.07 ID:zB5MbDWU0
>>40
ほな帰りロボットのまま金回収して帰る感じ?
ずっと口調とかロボットなん?
45: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:28:23.94 ID:mqFByL5K0
>>41
どっちかってとアンドロイドみたいな感じやな、ロボットレベル設定できて一番上のレベルが無口で喋ろって言わないと喋らない
一番低いと雑談できるけど別に楽しくないから一番高レベルや
48: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:31:27.55 ID:zB5MbDWU0
>>45
はえ~あれロボット感のレベルも選べるんか
良心的やな
ワイも行ってみたくなってきたわ
あとクンニのダメ出ししてくれる店いったことある?
51: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:34:30.48 ID:mqFByL5K0
>>48
クンニ塾行ったで85点やったわ
もっとボロカスに言ってくれるかと思ったのに最近は有名になりすぎたのか口コミと違ってがっかりやった
最近はドライオーガズム研究所とエクササイズ風俗行ってきた
53: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:37:35.86 ID:zB5MbDWU0
>>51
めっちゃ高得点やん!
それかなりの達人なんちゃうん?
ドライの店しらべたけど伊勢崎町のとこ?
良かった?
56: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:42:10.83 ID:KymaxVxtd
>>53
画像あったわ、書面の通りなんか微妙な感じでこっちは本気なんだからもっと本気で採点してほしかった
ドライオーガズムはオトラボってとこや、頭が痺れるぐらいには気持ちよかった
https://i.imgur.com/53M9yYG.jpeg
57: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:45:18.44 ID:zB5MbDWU0
>>56
これ日暮里のとこ?そんな感じなんかぁ
ワイも期待してたから実際行ったら肩透かし食らうかもしれんな

ドライ成功してるやん
良かったな
ワイ成功したの一回ぐらいしか記憶ないわ
そもそもアナル全然あかんねんな

63: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:49:30.93 ID:mqFByL5K0
>>57
まぁ嬢もあると思うが普通に楽しい感じでほならデリでええやんって感じではある
謎の木の棒とハンマーみたいなので下腹部叩かれるだけでも価値あるから言ったほうがええでオトラボ
アナルと乳首は半分が才能で半分は開発だと思う、ワイはどっちも死ぬほど好きやったから今から貴方の乳首犯しに行きますとかは最高やった
67: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:52:35.24 ID:zB5MbDWU0
>>63
ワイは乳首敏感選手権で北半球で3本の指に入る自信あるんやがイマチクはあかんかったわ
いつもの乳首舐め寸止め手コキの方が遥かに良かった
まあこればっかりは完全に相性やと思うけど
謎の木の棒とハンマー不穏すぎて気になるわ
行くの楽しみにしとくわ
70: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:57:17.35 ID:mqFByL5K0
>>67
乳首感じるならアナルもきっと才能あるで
まぁ普通に乳首弄りだけで言うとSM的緩急がないからうーんて感じではあるがワイ好みの椎名林檎似で言葉責め上手でケツデカくて本気でガンキしてくれてマンコが程よく臭くて良かったって感じやね
71: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 03:00:06.43 ID:zB5MbDWU0
>>70
いやもうアナルスペシャリスト何十人にも「挑戦させてほしい」って言われてやったけど無理やってん
みんな乳首こんだけ感じるねんからイケるはずやってニコニコで意気込んでくるんやが最後はバチクソテンション低いで
「だから言うたやん…」てなるの嫌やからやりたない言うてるのに
72: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 03:02:45.80 ID:mqFByL5K0
>>71
想像したら草
俺は一時期うんこ我慢してるだけでボッキするぐらいだったからこの快感味わって欲しいわ
楽しかったわおやすみ
73: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 03:03:53.00 ID:zB5MbDWU0
>>72
肛門期の刺激やな
勉強なったわサンガツ
50: それでも動く名無し 2022/06/24(金) 02:34:01.28 ID:ZZZ0z8Hm0
わかるわ
最初から出来るってわかってるとなんか興奮せんのよな

[紹介元] 風俗まとめ速報 あらゆる風俗行きまくった結果、何故か最近ハードめのセクキャバにハマりだしたわ

【悲報】僕くん、ベロチューを堪能し満足するも風俗嬢が涙を堪えていて泣く
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:11:26.599 ID:jw5ilSPBr
そんな嫌なら先に言えや(´・ω・`)
目開けたら涙こぼれる寸前でしたわ

引用元: ・【悲報】僕くん、ベロチューを堪能し満足するも風俗嬢が涙を堪えていて泣く

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:11:46.985 ID:jw5ilSPBr
泣くなや(´・ω・`)
3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:11:55.442 ID:Kle5An3H0
ポジティブに捉えろ
4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:12:04.607 ID:jw5ilSPBr
はあ…(´・ω・`)
5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:12:16.604 ID:dtvDQYPV0
上向かせろ
6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:12:16.647 ID:G2vGW3F9a
興奮してるんだろ
7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:12:21.127 ID:jw5ilSPBr
寝るわ(´・ω・`)
流石にショックすぎる
8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:12:37.364 ID:NRBafcnZ0
俺風俗行ったことないけどどこまで許されるの?
19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:15:04.573 ID:G2vGW3F9a
>>8
顔面ナメナメは多分ダメ
9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:12:39.097 ID:Jndq5TvVd
お前がキモすぎで口が臭かったから泣かれた
10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:12:52.028 ID:OwfI2dZw0
くさかったんかな
11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:12:54.910 ID:+eLoMyDFM
目開けるなや
12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:13:10.894 ID:YyEmIDiL0
逆の立場で考えてみろや
13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:13:10.931 ID:rRLpGTxh0
そりゃ嫌だろ
14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:13:32.218 ID:7h/F+peAM
歯医者には行こうよ
15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:13:41.764 ID:wBQR+5K10
そんな誰も救われない話ある?
16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:14:12.136 ID:EVDTb+950
それ相手お前に惚れてる反応だろ
チャンスあるぞ
18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:14:57.056 ID:Xey4vmJLa
あんたっていつもそう
20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:15:31.602 ID:InhbW0iO0
泣くほど嫌がられたことないんだけどどんだけブサイクなの
21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:15:40.704 ID:aO3FsY5w0
かわいそう…歯医者行って歯磨き毎日しろよ…歯間ブラシも使え…
22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:16:01.447 ID:wvtTW88c0
遊女も好きな男以外とは嫌がったらしいしな
23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:16:05.720 ID:F6aZHWyd0
涙まで舐め尽くせよ
24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:16:22.485 ID:T2Hxojyl0
店名教えて!
26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:16:31.958 ID:i/+p2nRx0
瞳に大粒の涙を湛えつつも、お客様の前で決して涙を流すまいと涙を一所懸命堪える風俗嬢ちゃんかわいい
28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:17:31.535 ID:276pNRsb0
AVでも顔舐められて女優泣いてるし臭いのってヤバいよ
29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:17:56.908 ID:50fknLnA0
常識的な範囲内のベロチューすれば良いのにお前らかぶりついて怖いし臭い
30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:19:05.454 ID:xluAxd7Er
なにしたんだよ…普通にするだろそれくらい…
31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:19:46.426 ID:66QVS11+0
目からも愛液って出るんだね(ニチャア
32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:19:48.401 ID:s/8sg6Oq0
感じると涙が出てくる女いるよ
34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:20:31.819 ID:orv+Ze+rd
気持ちよすぎて感動したんだろ
36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:21:17.607 ID:pFk4zp1R0
ガチかよ
37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:23:17.637 ID:ib/vsdmL0
演出です
38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:23:21.723 ID:sCjZBL7ha
風俗嬢って本当に大変な仕事だよな
風俗に来るのなんてモテないギリ健のキモオタや臭くて汚いおっさんしかいないわけだし波のメンタルじゃ持たんやろ
40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:25:13.514 ID:BShDQX6B0
>>38
俺らが加害者みたいなこと言うなって
41: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:26:22.463 ID:50fknLnA0
>>38
その辺は収入でバランス取れてる
モテないキモいおじさんは他の人が無料で楽しむ行為に金がかかる
44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:28:06.659 ID:l/QmdZKx0
>>38
働いてる女も同じだし分相応だよ
46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:31:56.185 ID:j1fLm6u8a
初風俗で初接客の子にアナル舐め30分以上させたらその日以来出勤なくなってたわ
楽しかったです言ってたのに
52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:46:46.620 ID:F6aZHWyd0
>>46
風俗から足洗わせるなんて聖者じゃないか
47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:33:43.192 ID:dRn7RIoF0
何この地獄みたいなスレ
風俗ってやっぱ嬢も客もクズ過ぎて笑えるわ
51: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:45:24.011 ID:NcD+TNGMa
眼球舐めようとするキチガイもいるんだぞ
そういうのは爆サイで一気に知れ渡るんだぞお前ら
55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 17:52:31.688 ID:2QIXlxDKd
犯罪自慢かよ
57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 18:09:18.443 ID:zsUmpZRua
お前のために泣いてくれる女だぞ
大切にしろ
58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 18:21:23.011 ID:746wHswE0
ディープしながら種付けプレスで「中に出すねっびゅうううってなかにたくさん赤ちゃん種出すねっ」っていってやれよ
60: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 18:33:24.106 ID:5bZjJFrE0
クンニめっちゃした後にキスしたら嫌がられた
タオル渡されてそこに唾吐いてって言われたわ
61: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 18:54:48.912 ID:aO3FsY5w0
>>60
俺も嫌な顔されたことあるわw
お前の臭いだぞ😡
63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/06/26(日) 20:20:31.868 ID:MSxW87GS0
俺なんてキスしたらあからさまに嫌な顔されてベロチューしたら顔そらされて、追いかけてキスしたあとにちょっと目離したら口を手で拭いてその手をタオルに擦り付けてたからな

[紹介元] 風俗まとめ速報 【悲報】僕くん、ベロチューを堪能し満足するも風俗嬢が涙を堪えていて泣く

好きな女の子のおっぱいを逮捕されずに揉む方法
1: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:37:56.95 ID:E9/BUCG+M
なんかある?

引用元: ・好きな女の子のおっぱいを逮捕されずに揉む方法

3: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:38:34.67 ID:9fbw5tbt0
付き合う
4: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:38:34.92 ID:OejRDAKo0
両思いになる
5: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:38:47.53 ID:UvisuKr+d
医者になる
7: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:38:53.26 ID:SgHO1fYUd
5万を用意する
これで揉ませてくれとお願いする

以上

12: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:39:22.99 ID:9fbw5tbt0
>>7
安いよ
9: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:39:03.44 ID:9fbw5tbt0
無理なら納得するだけの金を積む
15: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:40:31.30 ID:FnJEqab60
土下座
17: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:41:19.93 ID:OAneyaWu0
溺れてるところを助ける
21: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:41:48.55 ID:E9/BUCG+M
>>17
心臓マッサージですか?
20: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:41:39.73 ID:g7vRwXWWr
おっぱい揉むくらい普通に仲良くなれば揉ませてくれるよ

生乳はわからんが、服の上からならいいよってなる

知り合いならお金積むとかより仲良くなって頼むのが早い

23: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:42:03.99 ID:gt44bbQV0
サンプル採取してクローン作れ
24: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:42:26.38 ID:/Ci/lSvf0
おっぱい揉んだ後に、ごめんチンコ見せるから許してっていう
25: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:42:35.13 ID:vmhDUb3v0
学生時代に相撲しようぜって誘ったら乗ってきたので上手いこと揉めたわ
31: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:43:42.61 ID:d6g/iOBJ0
示談金を用意する
33: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:43:53.53 ID:Lts8G/5G0
風俗嬢を好きになる
36: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:44:26.74 ID:A2t9GYrk0
>>33
これ
48: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:47:24.11 ID:UUCby4z00
惚れさす
50: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:49:25.25 ID:E9/BUCG+M
>>48
「ワイさんと話してると時間経つの忘れちゃうね…」と照れた感じで一度だけ言われたことがあるのですが既に惚れてますか?
55: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:52:07.05 ID:eIZ4wn4L0
上級国民になる
62: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:56:23.12 ID:RghZulwuM
千載一遇のチャンスを逃したんだから数年はチャンス訪れないんじゃないかな
65: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:57:48.04 ID:E9/BUCG+M
数年経ったらもうオッサンですよ
66: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:58:07.80 ID:gTFhYGgq0
示談に持ち込む
67: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 11:58:54.89 ID:E9/BUCG+M
>>66
逮捕→起訴か示談で不起訴ですよね?
逮捕されます
72: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 12:01:12.93 ID:iwn0RcGz0
リンパマッサージ師になる
73: 風吹けば名無し 2022/06/26(日) 12:01:35.15 ID://qCY0ZA0
いろいろ試した結果土下座が一番だったわ

[紹介元] 風俗まとめ速報 好きな女の子のおっぱいを逮捕されずに揉む方法